ニュース

チリの英雄、パブロ・ネルーダの半生を描いた映画「ネルーダ 大いなる愛の逃亡者」予告編公開

パブロ・ラライン   2017/10/10 13:38掲載
はてなブックマークに追加
チリの英雄、パブロ・ネルーダの半生を描いた映画「ネルーダ 大いなる愛の逃亡者」予告編公開
 1971年にノーベル文学賞を受賞したチリの国民的詩人にして、共産主義の政治家としても活動していたパブロ・ネルーダの半生を描いた映画「ネルーダ 大いなる愛の逃亡者」が、11月11日(土)より東京・新宿シネマカリテ、YEBISU GARDEN CINEMAほかにて全国でロードショー。封切に先駆けて予告編が公開されています。

 本作の監督を務めたのは『ジャッキー / ファーストレディ 最後の使命』で知られるパブロ・ラライン。、Netflixオリジナルドラマ『ナルコス』で知られるチリの俳優、ルイス・ニェッコが演じるネルーダと『ノー・エスケープ 自由への国境』のガエル・ガルシア・ベルナル演じる警官“ペルショノー”の追走劇を、第二次世界大戦後の混乱期の生活を織り交ぜサスペンスフルに描いています。

 公開された予告編は、酒と女性を愛する享楽主義者であり、貧しい人々に寄り添う博愛主義者のネルーダが、政治犯としてペルショノーから追われる様子が映し出されています。



「ネルーダ 大いなる愛の逃亡者」
2017年11月11日より東京 新宿シネマカリテ、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国でロードショー

[あらすじ]
1948年、冷戦の影響はチリにも及び、上院議員で共産党員のパブロ・ネルーダの元にも共産党が非合法の扱いを受けるとの報告がきた。ネルーダは上院議会で政府を非難し、ビデラ大統領から弾劾されてしまう。大統領は警察官ペルショノーにネルーダの逮捕を命じ、ネルーダの危険な逃亡劇が始まる――。

監督: パブロ・ラライン
脚本: ギレルモ・カルデロン
出演: ルイス・ニェッコ / ガエル・ガルシア・ベルナル / メルセデス・モラーン ほか


配給: 東北新社 STAR CHANNEL MOVIES
©Fabula, FunnyBalloons, AZ Films, Setembro Cine, WilliesMovies, A.I.E. Santiago de Chile, 2016
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “全曲シングル”なコンピレーション『SLENDERIE ideal』発売記念!藤井 隆×吉田 豪[特集] アルチザン・筒美京平の魅力 [対論]萩原健太×湯浅 学
[インタビュー] ケイコ・リー、デビュー25周年、“かけがえのない”ジャズ・クラブで録音したライヴ盤を発表[インタビュー] 村治佳織、名だたるアーティストとともに参加した『ディズニー・ゴーズ・クラシカル』を語る
[インタビュー] 荘村清志、新作は、武満徹が愛した「郷愁のショーロ」ほかを収めるバリオスとタレガの作品集[インタビュー] 竹内アンナ、注目の次世代SSW、新作を早くも発表
[インタビュー] まちがいさがし、話題の自己内省音楽的4人組、ついに1stフル・アルバムをリリース[インタビュー] 石丸幹二、デビュー30周年を迎えたミュージカル・スターが、ベスト盤とデュエット・アルバムを同時リリース
[インタビュー] デヴィッド・ブロザ、イスラエルの国民的シンガー・ソングライターが初のインスト・アルバムを発表[インタビュー] ちゃんみな“、堕天使”をテーマに展開するドラマ仕立てのニュー・シングル
[インタビュー] ピアニスト、ラン・ランの新作は満を持して臨んだ『バッハ:ゴルトベルク変奏曲』[インタビュー] 50/50
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015