ニュース

映画「悪女 / AKUJO」、エクストリームなアクションシーンを捉えた予告編公開

キム・オクビン   2017/11/14 14:05掲載
はてなブックマークに追加
映画「悪女 / AKUJO」、エクストリームなアクションシーンを捉えた予告編公開
 第70回〈カンヌ国際映画祭〉公式招待作品として“ミッドナイト・スクリーニング部門”にて上映された韓国発のヒロインアクション映画「悪女 / AKUJO」が、2018年2月10日(土)より東京・角川シネマ新宿ほかにてロードショー。封切に先駆けて、主演のキム・オクビンのアクションシーンを収めた予告編が公開されています。

 「悪女 / AKUJO」は『殺人の告白』を手がけたチョン・ビョンギルが監督を担当。犯罪組織の殺し屋として育てられ、最愛の人を殺されたオクビン演じる女殺し屋“スクヒ”が、国家直属の殺し屋として過酷なミッションに挑む姿を描いています。

 撮影日数のうち、およそ9割がアクションシーンの撮影に費やされたという本作。公開された予告編はFPSゲームを思わせる一人称視点で展開される銃撃戦や疾走する車のボンネットからバスへ飛び移るシーンなど、エクストリームなアクションを捉えています。テコンドーとハプキドーの黒帯を持つというオクビンがほとんどのアクションシーンを自ら演じています。

 なお監督のチョン・ビョンギルは12月に来日。本作のプレミア上映会に登壇予定です。



「悪女 / AKUJO」
2018年2月より東京 角川シネマ新宿ほか全国で公開
akujo-movie.jp

[あらすじ]
犯罪組織の殺し屋として育てられたスクヒは、育ての親ジュンサンにいつしか恋心を抱き、結婚する。甘い新婚生活に胸躍らせていた矢先、ジュンサンは敵対組織に無残に殺害されてしまい、逆上したスクヒは復讐を実行。しかしその後、スクヒは国家組織に拘束されてしまい、ミッションを10年間つとめたのち自由の身になるという条件のもと、国家直属の暗殺者として第2の人生を歩み始める。やがて新たに運命の男性に出会い幸せを誓うが、結婚式の日に新たなミッションが降りかかり――

監督: チョン・ビョンギル
出演: キム・オクビン / シン・ハギュン / ソンジュン / キム・ソヒョン


2017 / 韓国 / カラー / R15+
配給: KADOKAWA
©2017 NEXT ENTERTAINMENT WORLD & APEITDA. All Rights Reserved.
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “バトル・ブーム以降”を踏まえて、大きな場所でやることの意味 輪入道『暴動祭』[インタビュー] 生まれ変わる必要なく、いつでも少年の心に戻れる――KOJOE『2nd Childhood』
[インタビュー] 一言で言うと、青春――DÉ DÉ MOUSEが“アガる”もの『be yourself』[インタビュー] マンチェスターから世界へ羽ばたいた“2010年代UKジャズの先駆者” ゴーゴー・ペンギンのサウンド方法論
[インタビュー] chelmicoのマイペースな“無敵感”が詰まったメジャー・デビュー・アルバム『POWER』[インタビュー] “いつ聴いてもハッピーになれる曲”を目指して 京都在住シンガー・ソングライター、竹内アンナのデビュー作『at ONE』
[インタビュー] 熟成とフレッシュネス BTB改め“BTB特効”初のオリジナル・アルバム『SWEET MACHINE』[インタビュー] 南 佳孝が語る、ショーボート・レーベル第1弾作品『摩天楼のヒロイン』
[インタビュー] 素晴らしい演奏家のみなさんと出会い、サントラを作れたのは本当に幸せ――作曲家、富貴晴美が語る『西郷どん』の音楽[インタビュー] 絶望を掻き消す――“今やりたいこと”を追求してきたLM.Cが導き出す未来とは
[インタビュー] 楽器と理解し合って音楽を作っていく――東儀秀樹、“篳篥で歌う”映画音楽集をリリース[インタビュー] 自分なりの“B面的世界” 大西ユカリによるソウル・カヴァー作『BLACK BOX』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015