ニュース

ワーナーミュージック・ジャパン ワーナークラシックスとピティナが次世代ピアニストを紹介する取り組みを開始

2018/07/13 11:47掲載
はてなブックマークに追加
ワーナーミュージック・ジャパン ワーナークラシックスとピティナが次世代ピアニストを紹介する取り組みを開始
 「ワーナーミュージック・ジャパン ワーナークラシックス」と「ピティナ(全日本ピアノ指導者協会)」の連携により、才能ある若手ピアニストを国内外に見出し、紹介していくプロジェクトがスタート。その第1弾として、“CHANEL Pygmalion Days”のアーティストとしても活躍する18歳の大型新人ピアニスト、太田糸音の演奏する「SHION OTA - My Select Vol.1」が7月13日(金)より配信されています。

 本プロジェクトは、デジタル配信のシェアが拡大を続ける現況を踏まえ、推薦されたアーティストの音源を、「ピティナ」よりライセンスを受けて「ワーナーミュージック・ジャパン ワーナークラシックス」が配信リリースしていくというもの。その第1弾に登場する2000年生まれの太田は、2017年東京音楽大学付属高等学校を2年次で早期修了し、飛び級にて現在東京音楽大学ピアノ演奏家コース・エクセレンス2年、特別特待奨学生として在学中。クラシック・ファンや業界関係者から注目を浴びる逸材です。

 太田本人も選曲に関わった「SHION OTA - My Select Vol.1」は、プロコフィエフの「4つの練習曲」やショパンのエチュード第4番、アルベニスの組曲『イベリア』や『スペイン』からの楽曲、ラヴェルの『夜のガスパール』より「スカルボ」、スカルラッティのソナタK.531 L.430、メンデルスゾーンの幻想曲「スコットランド・ソナタ」などを収録。超絶技巧的な楽曲から豊かな表現力を要する楽曲まで、太田の魅力が最大限に引き出される内容となっています。

■2018年7月13日(金)配信開始
「SHION OTA - My Select Vol.1」
税込800円

[収録曲]
01. プロコフィエフ: 4つの練習曲op.2
02. ショパン: エチュードop.10〜第4番
03. アルベニス: 組曲『イベリア』第1巻〜第1曲「エヴォカシオン」
04. アルベニス / L.ゴドフスキ編: 『スペイン』op.165〜第2曲「タンゴ」
05. ラヴェル: 『夜のガスパール』〜第3曲「スカルボ」
06. スカルラッティ: ソナタ K.531 L.430 ホ長調
07. メンデルスゾーン: 幻想曲嬰ヘ短調「スコットランド・ソナタ」op. 28
オール・ジャンル 最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 消費者だったら消費者らしく盛り上がれ “侵食する”ARKHAM[インタビュー] “歌がうたえればそれでいい”って思えるわたしでありたい 山崎あおい『FLAT』
[インタビュー] クラシック音楽と人々、作曲家と現代人を“つなげる”清塚信也の最新アルバム『connect』[インタビュー] “HIP HOPミーツallグッド何か”の現在地点――サイプレス上野とロベルト吉野『ドリーム銀座』
[インタビュー] また一歩“最終形態”へと近づいた――KOYAN MUSIC『No Border』[インタビュー] 元キャロル内海利勝 10年ぶりのソロ・フル・アルバム完成!
[インタビュー] NHK大河ドラマ『西郷どん』の劇中歌で話題 奄美生まれのシンガー、城 南海が全国ツアーを開催[インタビュー] 挾間美帆がm_unitと描く三部作完結編『ダンサー・イン・ノーホエア』
[インタビュー] 自分には音楽がある KID FRESINO『ài qíng』全曲解説[インタビュー] 人間として、自分に何が出来るか 5lack『KESHIKI』
[インタビュー] 結成20周年を迎えたサックス・アンサンブルの先駆者 ――サキソフォビア『ノクターン』[インタビュー] 主人公の輪郭を求めているのかもしれない 中村雅俊、通算55枚目のシングル「だろう!!」
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015