ニュース

ワーナーミュージック・ジャパン ワーナークラシックスとピティナが次世代ピアニストを紹介する取り組みを開始

2018/07/13 11:47掲載
はてなブックマークに追加
ワーナーミュージック・ジャパン ワーナークラシックスとピティナが次世代ピアニストを紹介する取り組みを開始
 「ワーナーミュージック・ジャパン ワーナークラシックス」と「ピティナ(全日本ピアノ指導者協会)」の連携により、才能ある若手ピアニストを国内外に見出し、紹介していくプロジェクトがスタート。その第1弾として、“CHANEL Pygmalion Days”のアーティストとしても活躍する18歳の大型新人ピアニスト、太田糸音の演奏する「SHION OTA - My Select Vol.1」が7月13日(金)より配信されています。

 本プロジェクトは、デジタル配信のシェアが拡大を続ける現況を踏まえ、推薦されたアーティストの音源を、「ピティナ」よりライセンスを受けて「ワーナーミュージック・ジャパン ワーナークラシックス」が配信リリースしていくというもの。その第1弾に登場する2000年生まれの太田は、2017年東京音楽大学付属高等学校を2年次で早期修了し、飛び級にて現在東京音楽大学ピアノ演奏家コース・エクセレンス2年、特別特待奨学生として在学中。クラシック・ファンや業界関係者から注目を浴びる逸材です。

 太田本人も選曲に関わった「SHION OTA - My Select Vol.1」は、プロコフィエフの「4つの練習曲」やショパンのエチュード第4番、アルベニスの組曲『イベリア』や『スペイン』からの楽曲、ラヴェルの『夜のガスパール』より「スカルボ」、スカルラッティのソナタK.531 L.430、メンデルスゾーンの幻想曲「スコットランド・ソナタ」などを収録。超絶技巧的な楽曲から豊かな表現力を要する楽曲まで、太田の魅力が最大限に引き出される内容となっています。

■2018年7月13日(金)配信開始
「SHION OTA - My Select Vol.1」
税込800円

[収録曲]
01. プロコフィエフ: 4つの練習曲op.2
02. ショパン: エチュードop.10〜第4番
03. アルベニス: 組曲『イベリア』第1巻〜第1曲「エヴォカシオン」
04. アルベニス / L.ゴドフスキ編: 『スペイン』op.165〜第2曲「タンゴ」
05. ラヴェル: 『夜のガスパール』〜第3曲「スカルボ」
06. スカルラッティ: ソナタ K.531 L.430 ホ長調
07. メンデルスゾーン: 幻想曲嬰ヘ短調「スコットランド・ソナタ」op. 28
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 音楽で“アガっていける”瞬間を求めて ERA『Culture Influences』[インタビュー] 明るい未来が待っている――新生・風男塾の“熱い”魅力とは
[インタビュー] いい加減みんな気づいてるんじゃないの?――“違和感”と対峙する、GEZAN『Silence Will Speak』[インタビュー] デビュー10周年を迎えた藤澤ノリマサ 歌とピアノだけで挑んだ『ポップオペラ名曲アルバム』
[インタビュー] 史上初のクラシカルDJ / 指揮者、Aoi Mizunoが開く“ミレニアル世代のためのクラシックの入り口”[インタビュー] ポップ・マエストロ、松尾清憲 新章の幕開けを飾る『All the World is Made of Stories』
[インタビュー] まず“自分という人”がいて、そのなかに“音楽家、ギタリスト”の自分がいる――“いま”の村治佳織を投影させた『シネマ』[インタビュー] 俺らなりのヒップホップを提示するだけ―― BULL CAMP×MIKRIS
[インタビュー] 歌い継がれることで更新されていくポップ・ミュージック ザ・なつやすみバンド『映像』[インタビュー] kamui&なかむらみなみ TENG GANG STARRは“夢”に生きる
[インタビュー] 音楽に滲む風景 mabanua『Blurred』[インタビュー] 変わりゆく同じグルーヴ――BUDAMUNK『Movin’ Scent』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015