ニュース

和物ラヴァーズ・ロック・シリーズ『RELAXIN’ WITH JAPANESE LOVERS』第7弾発売決定

2018/10/30掲載(Last Update:18/10/31 13:43)
はてなブックマークに追加
 和物ラヴァーズ・ロック・コレクション・シリーズ「RELAXIN' WITH JAPANESE LOVERS」の第7弾『RELAXIN' WITH JAPANESE LOVERS VOLUME 7〜IN THE MOOD FOR JAPANESE LOVERS COLLCTIONS〜』(AICL-3596 2,400円 + 税)が11月28日(水)に発売されます。

 「RELAXIN' WITH JAPANESE LOVERS」は、2000年代初頭を席巻した雑誌「relax」(マガジンハウス刊)の特集から誕生した、70年代のロンドンで流行したスウィート&メロウなレゲエ、ラヴァーズ・ロックを集め人気を博した名物コンピレーション「RELAXIN' WITH LOVERS」シリーズのスピンオフ作品。

 前作『RELAXIN' WITH JAPANESE LOVERS VOLUME 6〜WE LOVE JAPANESE LOVERS MORE THAN EVER COLLECTIONS〜』から約8ヶ月ぶりのシリーズ第7弾となる本作には、満島ひかりをゲスト・ヴォーカルに迎えたMONDO GROSSOの「ラビリンス (DUBFORCE Mix)」のほか、レゲエ・シーンでDJとしても活躍するトラック・メイカー、高宮紀徹率いる日本を代表するラヴァーズ・ロック・バンド、レゲエ・ディスコ・ロッカーズが新たにリミックスを施した中島美嘉の「雪の華 (Reggae Disco Rockers 2018 Relaxin' mix)」、女性シンガー・ソングライター、大比良瑞希の新たな解釈によるフィッシュマンズの名曲「いかれたBABY」のカヴァーなど、全14曲が収録されています。

 なおジャケット・デザインは、これまで既発同シリーズのすべてを手掛けているNANA小野英作が担当。写真は、ジャマイカ移民によるUKカリビアン・カルチャーを美しく活写した写真家・石田昌隆が撮影。少女のキュートで瑞々しい笑顔が印象的な、スタイリッシュなジャケットとなっています。

■2018年11月28日(水)発売
RELAXIN' WITH JAPANESE LOVERS VOLUME 7〜IN THE MOOD FOR JAPANESE LOVERS COLLCTIONS〜
AICL-3596 2,400円 + 税

[収録曲]
01. Fiction Romance / VIDEOTAPEMUSIC
02. ラビリンス(DUBFORCE Mix) / MONDO GROSSO(Vocal: 満島ひかり)
03. THANK YOU FOR THE MUSIC / bonobos
04. RUNNIN' AWAY / FRISCO feat. CHEE
05. いかれたBABY / 大比良瑞希
06. I DON'T WANT THIS LOVE TO END(Full Version Mix) / KODAMA & GOTA featuring JANET KAY
07. 雪の華(Reggae Disco Rockers 2018 Relaxin' mix) / 中島美嘉
08. Christmas Time In Blue(Original Version) / 佐野元春
09. DRIP DRY EYES / SANDII
10. スカートの砂 / UA
11. ウォーリー・ビーズ / 細野晴臣&イエロー・マジック・バンド
12. おてもやん / 民謡クルセイダーズ
13. なんてキミドリだ今日 feat. 小玉和文 / キミドリ
14. 回想 / 高橋幸宏
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ[インタビュー] 新作アルバムは、ずっと愛奏している作品で構成したオール・ショパン・プログラム、小林愛実
[特集] 「Sony Park展」第3弾「ファイナンスは、詩だ。」 東京スカパラダイスオーケストラインタビュー[インタビュー] 活動10周年にして集大成さくら学院ラスト・インタビュー
[インタビュー] チャレンジ精神に歌とダンスでエールを送る 新曲は『新幹線変形ロボ シンカリオンZ』主題歌、BOYS AND MEN[特集] Sony Park展「音楽は旅だ」「カンタビレIN THE PARK」レポート 奥田民生
[特集] クラウン時代のラスト・アルバム(鈴木茂コスモス’51リミックス発売記念ライブ)白熱のライヴ・レポート、鈴木茂[インタビュー] 千住真理子、音楽は時空を超えて旅をする 新作はヴァイオリンで歌う世界のメロディ
[インタビュー] ユーミン、じゃがたら、『みんなのうた』…、新作は原曲と違う風景が見えるカヴァー集 KERA[インタビュー] 宮本笑里×DAITA 恐竜科学博の壮大なテーマ曲で実現した、異なる弦楽器のコラボレーション
[インタビュー] 架空の映画のサウンドトラックというコンセプト・アルバムを発表したKaede[インタビュー] 大井 健 コロナ被害からの再起 / みずからの新たな挑戦から生まれたクラシック・アルバム
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015