ニュース

純純「望春風」ほか、日本統治時代の台湾大衆音楽をまとめた『蓄音臺灣』が発売に

2020/03/31 12:07掲載
はてなブックマークに追加
 1895年から1945年まで日本の統治下にあった台湾で生まれた大衆音楽をまとめたコンピレーション・アルバム『蓄音臺灣〜日本統治下の台湾音楽1917-1943』(CD DISCOLOGIA-020 2,700円 + 税)が3月29日(日)に発売されました。今も台湾でスタンダード・ナンバーとして愛されている純純の「望春風」をはじめ、貴重な音源を23曲収録。

 当時人気だった女性歌手、純純が歌う楽曲を9曲収めるほか、台湾初のポピュラー・ソングといわれる「烏●行進曲」(●はむじなへんに苗)、先住民族のひとつである高砂族の合唱 / 合奏など、バラエティあふれる内容。詳しい解説・データと貴重な写真を掲載したブックレットが付いています。

 日本のレーベルは台湾に支社を置き、台湾国内で新たなレーベルが生まれたものの、当時の台湾にはレコーディングに適したスタジオも、プレス工場もなかったため、ミュージシャンはレコーディングのために海を渡り、プレスしたSP盤は海を渡って台湾の店頭に並ぶなど、日本の設備や技術が大きな役割を果たしました。楽曲制作でも台湾人と日本人はさまざまな形でコラボレーションしており、ここではその成果を聴くことができます。
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] カミーユ・トマ、“暗闇から光に向かう旅”という物語の曲が集まった新作で、チェロが奏でる希望の声[インタビュー] plane、普遍的な魅力を持った7年ぶりのニュー・アルバム
[インタビュー] TOKU、ジョヴァンニ・ミラバッシとの出会いから生まれたフランスでのデビュー・アルバム[インタビュー] 太田貴子、“クリィミーマミがいたから今の私がいる”徳間ジャパン時代の全音源を収める作品集を発表
[インタビュー] ジャンル、世代、国境を越えるOSAMU SATOの最新作[インタビュー] GADORO、SUNART MUSICにカムバックにしての4作目。ファーストのヒップホップ感とちょっと進化した自分
[インタビュー] 寺井尚子、“ジャズ・ヴァイオリンの女王”による多彩なナンバーで、新たな世界が花開く[インタビュー] 宮本笑里、初の自作オリジナル楽曲中心のミニ・アルバム『Life』を発表
[インタビュー] 石川さゆり “日本”を綴る三部作最終章[インタビュー] Blan( 成田忍と横川理彦からなるダークウェイヴ・ユニットが待望の1stアルバムを発表
[インタビュー] ロンドン、LA、NY、サンパウロ、世界各地で現地のミュージシャンと制作したニュー・アルバム[インタビュー] ホセ・ジェイムズ レーベルの設立・結婚を経て発表する、代表作のパート2は新たな旅の始まり
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015