ニュース

ドラマ『君と世界が終わる日に』出演のキム・ジェヒョン(N.Flying)、ドラマ主題歌のバンドカヴァー動画公開

キム・ジェヒョン   2021/03/01 15:17掲載
はてなブックマークに追加
ドラマ『君と世界が終わる日に』出演のキム・ジェヒョン(N.Flying)、ドラマ主題歌のバンドカヴァー動画公開
 竹内涼真主演の日曜ドラマ『君と世界が終わる日に』(日本テレビ系)に、韓国人の引っ越し屋アルバイト青年ユン・ミンジュン役で出演して話題になっているキム・ジェヒョン。2月28日(日)に放送された7話で衝撃の死を迎えると、放送直後から早くも「ミンジュンロス」が相次いでいます。

 ドラマ『君と世界が終わる日に』は、嚙まれたらゾンビ化してしまうゴーレムウイルスがはびこる終末世界を生き抜くサバイバー間宮響(竹内涼真)と、離れ離れになってしまった恋人・小笠原来美(中条あやみ)を中心に展開する極限のサバイバル・ラヴ・ストーリー。キム・ジェヒョン演じるユン・ミンジュンは、響と行動を共にするサバイバーの一人。言葉は少なく無口ですが、心優しく姉想いで、特技はテコンドーという役柄。キム・ジェヒョンは日本ドラマ初出演ということもあり、1話の放送直後からTwitterのトレンド入りをするなど注目を集めていましたが、劇中で見せるテコンドーの廻し蹴りや日本語での演技が話題を呼び、回を追うごとに人気が上昇。5話では「#ヌナー」、6話では「#ミンジュン」と、彼に関わるハッシュタグが連続でトレンド入りを果たしました。

 28日に放送された7話では、来美に刃物で足を刺され、弱ったところをゾンビ化した響の母親に噛まれるという衝撃の展開を迎えます。最後は響の胸の中で仲間たちに囲まれながら息を引き取り、直後にゾンビ化。響が泣く泣くとどめを刺すシーンが印象に残りました。これまで幾度となく描かれてきた人間のゾンビ化を振り返ると、ここまで温かい最期を迎えたキャラクターはいません。そのため、「ミンジュンの最後、切なすぎる」「生きていて欲しかった」「来週からミンジュンがいないなんて考えられない」と惜しむ声がSNSで殺到。放送直後から「ミンジュンロス」現象がおきました。

 キム・ジェヒョンといえば、2月23日に『スッキリ』(日本テレビ)、『バゲット』(日本テレビ)に生出演。28日には「東京ガールズコレクション」に出演。4日間で30本以上の媒体取材を受けるなど、注目度抜群の26歳。韓国ではN.Flyingというバンドのドラムを担当しています。N.Flyingは、イ・スンヒョプ(ヴォーカル&ラップ)、ユ・フェスン(ヴォーカル)、チャ・フン(ギター)、キム・ジェヒョン(ドラム)、ソ・ドンソン(ベース)の5人組で活動。歌唱力に定評のあるユ・フェスンは、X JAPANの「Tears」を韓国語ヴァージョンで披露すると、動画を観たYOSHIKI本人がSNSで反応。「心に響く。いつか共演しましょう!」とラヴコールを受けるなど、音楽面でも高い評価を得ています。俳優そしてアーティストとして日韓でどのような活躍を見せるのか、今後の活動に期待が高まります。

 さらに、ドラマを応援してくれた視聴者へのサプライズプレゼントとして、菅田将暉が歌うドラマ主題歌「星を仰ぐ」をN.Flyingがバンドアレンジしたカヴァー映像を公開。N.Flying Japan Official Instagramにて視聴可能となっているので、“ミンジュンロス”で寂しい夜は、ぜひこちらもチェックしてみてはいかがでしょうか。キム・ジェヒョンの最新情報はN.Flyingオフィシャル・サイトおよびSNSにてご覧ください。

©NTV/HJホールディングス

拡大表示


拡大表示


拡大表示



『君と世界が終わる日に』(日本テレビ)
Season1(全10話): 毎週日曜よる10時30分放送中
Season2(全6話): 2021年3月スタート Hulu オリジナル配信

■2021年6月30日(水)発売
N.Flying
『Amnesia』

通常盤 FNCD-10015 1,200円 + 税
初回限定盤A CD + DVD FNCD-10016/7 2,500円 + 税
初回限定盤B CD + DVD FNCD-10018/9 3,000円 + 税

[収録曲]
01. Amnesia
02. Let Me Know
03. Amnesia (INSTRUMENTAL)
04. Let Me Know (INSTRUMENTAL)
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 原点回帰のカラフル・ポップ・アルバム 青木慶則[インタビュー] 女の情念を描いた艶唄。真木柚布子
[インタビュー] コモリタミノルを迎えた新境地 丘みどり[インタビュー] Yellow Studs、現在の社会に抗う意思とバンドマンのリアルな生き様
[インタビュー] 児玉 桃、ECMからの3作目は、小澤征爾指揮水戸室内管との細川俊夫とモーツァルト[インタビュー] ジョン・グラム、みずから手がけた大河ドラマ『麒麟がくる』の音楽を語る
[インタビュー] ナミヒラアユコ、ライヴ感&グルーヴィなサウンドとジャンルを横断するパワフルな歌声[インタビュー] 梅井美咲、16歳でブルーノート東京に出演したジャズ・ピアニストが鮮烈デビュー
[インタビュー] ジェイコブ・コーラーが語る、よみぃとの共演作と全面バックアップしたMAiSAのデビュー盤[インタビュー] noonが聴く軽量・高音質イヤフォンNUARL“N6 mini”
[インタビュー] kiki vivi lily、スウィート&グルーヴィな新世代シンガー・ソングライター[インタビュー] アンドレア・ボチェッリ、ロックダウン中の心境を反映した、安らぎの新作『Believe〜愛だけを信じて』
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015