ニュース

1,470円でライヴの名盤が買える“Super Live 1470”に注目!

2005/06/06掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 解散から30年以上もたったのちについに実現した、クリームの再結成ライヴ。この出来事に多くのロック・ファンが涙した訳ですが、音楽においてライヴ演奏を聴くことこそが、本来のあるべき楽しみ方なんだよな、と思いませんか? スタジオでのオーバーダブ一切なし、緊張感あふれるミュージシャンの生の演奏を実際の会場のみならず、盤でも楽しむ、それは夏にふさわしいひとコマともいえそうです。

 ユニバーサル ミュージックから、そんなロック伝説のライヴ盤12タイトルが1枚もので\1,470(税込)、2枚組で\2,300(税込)という低価格、初回生産限定にて7月21日にリリースされます!

 気になるラインナップとその簡単な説明を……

ニルヴァーナ『フロム・ザ・マディ・バンクス・オブ・ザ・ウィッシュカー』(UICY-9846)
インディ時代からラスト・ツアーまでの全16曲。伝説となったニルヴァーナの軌跡をたどれる1枚としても。

クリーム『ライヴ・クリーム』(UICY-9847)
1968年2〜6月のアメリカ・ツアーより。ヘヴィな音、アドリブ演奏でロックの可能性を広げたクリームのライヴ。

クリーム『ライヴ・クリームVOL.2』(UICY-9848)
1968年2〜6月、さらに10月最後のアメリカ・ツアーより。「ホワイト・ルーム」「サンシャイン・ラヴ」といったヒット曲も収録。

ザ・フー『ライヴ・アット・ザ・リーズ〜25周年エディション』(UICY-9849)
未発表曲を加えた25周年エディション。ヘヴィな音、激しいパフォーマンスでライヴ・バンドとして脂がのっていた時期の名盤。

フリー『フリー・ライヴ+7』(UICY-9850)
スタジオよりもテンポをグッとおとして、じっくりと熱くレイドバックした演奏を聴かせるフリーのライヴ名盤。1971年発表。

レインボー『レインボー・オン・ステージ』(UICY-9851)
1976年の初来日公演を中心に編まれたリッチー・ブラックモア率いるレインボーのライヴ。リッチーのクラシカルかつハードなギター・プレイを生で。

シン・リジィ『ライヴ・アンド・デンジャラス』(写真・UICY-9852)
ロック・ライヴ盤屈指の名ジャケットがイカす1枚。スコット、ブライアン時代のベスト選曲によるもの。

エリック・クラプトン『ジャスト・ワン・ナイト〜エリック・クラプトン・ライヴ』(UICY-9853〜4/2枚組)
1979年日本武道館でのライヴを収録。グッとオトナになったクラプトンのレイドバックしたライヴ名盤といえばこれ。

エアロスミス『ア・リトル・サウス・オブ・サ二ティ』(UICY-9855〜6/2枚組)
長いキャリアを誇るエアロスミス25年の歴史を総括した究極のライヴ盤。屈指のライヴ・バンドらしいエアロのコクのある演奏。

ポリス『ポリス・ライヴ』(UICY-9857〜8/2枚組)
1979年のボストン、1983年のアトランタでのライヴを収録。初期の奔放な演奏、後期のエスニカルで先進的だったポリスの姿を収める。

マリリン・マンソン『ザ・ラスト・ツアー・オン・アース』(UICY-9859)
カリスマティックなマンソンの初ライヴ・アルバム。おなじみの曲を満載したベスト・ライヴに、スタジオ録音曲を1曲追加。
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 柴田聡子、新しい試みとニューEP[インタビュー] PIZZICATO ONE、5年ぶりのニュー・アルバムはワンマンライヴの実況録音盤
[インタビュー] 緊急超会議!アップアップガールズ(仮)×アップアップガールズ(2)×アップアップガールズ(プロレス)[インタビュー] シバノソウ、独創的なサウンドに少女のリアルをこめた1stアルバム
[インタビュー] 久保田麻琴、最新マスタリングで復刻される、70年代の名盤3枚を語る[インタビュー] 加藤和樹、デビュー15年目のエモーショナルなミニ・アルバム
[インタビュー] カミーユ・トマ、“暗闇から光に向かう旅”という物語の曲が集まった新作で、チェロが奏でる希望の声[インタビュー] plane、普遍的な魅力を持った7年ぶりのニュー・アルバム
[インタビュー] TOKU、ジョヴァンニ・ミラバッシとの出会いから生まれたフランスでのデビュー・アルバム[インタビュー] 太田貴子、“クリィミーマミがいたから今の私がいる”徳間ジャパン時代の全音源を収める作品集を発表
[インタビュー] GADORO、SUNART MUSICにカムバックにしての4作目。ファーストのヒップホップ感とちょっと進化した自分[インタビュー] ジャンル、世代、国境を越えるOSAMU SATOの最新作
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015