ニュース

『交響曲 宇宙戦艦ヤマト』の幻のライヴ映像がDVD化!

2005/06/07掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 SFアニメ史上に残る傑作アニメ『宇宙戦艦ヤマト』に携わった音楽家のひとりである羽田健太郎が、最初のTVシリーズから完結編までに流れた数々の名曲を交響曲に仕上げてコンサートで披露した、1984年5月4日の五反田簡易保険ホールの模様を収録したDVD作品『交響曲 宇宙戦艦ヤマト ライブ』(COBC-4425 \2,940(税込))が発売される予定です。(写真はCD版『交響組曲 宇宙戦艦ヤマト』
 本作は1985年にLDとして発売されてヒットしたものの、マスターテープの所在が不明であったため、これまでDVD化されていなかったファン待望の作品。大友直人の指揮によるNHK交響楽団の演奏によってヤマトの世界を壮大に描いており、また『ウルトラマン』や『帝都物語』で知られる実相寺昭雄監督によって、コンサート場面とアニメの映像を巧みに融合させた斬新な映像が展開されています。スカイパーフェクTV!110のファミリー劇場でも、今月に4回にわたって放映される予定となっていますが、ヤマト・ファンならやはりパッケージ作品として持っておきたいはず。発売は6月22日に予定されていますので、ファンはお楽しみに!

●DVD作品『交響曲 宇宙戦艦ヤマト ライブ』(COBC-4425 \2,940(税込))
≪収録曲≫
・第一楽章「誕生」
・第二楽章「戦い」(スケルツォ)
・第三楽章「祈り」(アダージョ)
・第四楽章「明日への希望」(ドッペルコンチェルト)

≪演奏者など≫
・作曲:羽田健太郎
・音楽モティーフ:宮川泰
・演奏:NHK交響楽団
・指揮:大友直人
・ヴァイオリン:徳永ニ男
・ピアノ:羽田健太郎
・スキャット:川島和子
・ナレーター:羽佐間道夫
・音楽監督:渋谷森久
・監督:実相寺昭雄

*1984年5月4日五反田簡易保険ホールにて収録。
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ピアノ演奏の基礎の部分をショパンで構築してきた――牛田智大、10代最後に取り組んだショパン・アルバム[インタビュー] ホセ・ジェイムズが新レーベル「レインボー・ブロンド」を始動――第一弾アーティスト・ターリがデビュー・アルバムをリリース
[インタビュー] もうひとつのシティ・ポップ――Dos Monos『Dos City』[インタビュー] 音楽は、生き方そのもの BUPPON『enDroll』
[インタビュー] トリオ・レコードが遺したミュージカル作品 発売当時のディレクター徳光英和が『上海バンスキング』などについて語る[インタビュー] 想像を形にする“宇宙”を舞台とした、Shing02とSauce81の共作アルバム『S8102』
[インタビュー] 音ゲーは“音楽の楽しさを伝えるツール” モリモリあつし『タイムカプセル』[インタビュー] ブルッフの協奏曲は、人生のステージの中でいつも傍にあった曲──アラベラ・美歩・シュタインバッハー、〈東芝グランドコンサート2019〉に出演
[インタビュー] 新しいセッションだから“シーズン2” Mari & Bux Bunny シーズン2始動[インタビュー] いまだからこそ作れたコレクション 鈴木惣一朗が細野晴臣プロデュース・レーベル「ノンスタンダード」について語る
[インタビュー] 仏教と音楽が私の楽しみであり、人生のともしび――三浦明利『いのちのともしび』[インタビュー] THREE1989が挑んだ“愛のアルバム”『Kiss』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015