ニュース

『交響曲 宇宙戦艦ヤマト』の幻のライヴ映像がDVD化!

2005/06/07掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 SFアニメ史上に残る傑作アニメ『宇宙戦艦ヤマト』に携わった音楽家のひとりである羽田健太郎が、最初のTVシリーズから完結編までに流れた数々の名曲を交響曲に仕上げてコンサートで披露した、1984年5月4日の五反田簡易保険ホールの模様を収録したDVD作品『交響曲 宇宙戦艦ヤマト ライブ』(COBC-4425 \2,940(税込))が発売される予定です。(写真はCD版『交響組曲 宇宙戦艦ヤマト』
 本作は1985年にLDとして発売されてヒットしたものの、マスターテープの所在が不明であったため、これまでDVD化されていなかったファン待望の作品。大友直人の指揮によるNHK交響楽団の演奏によってヤマトの世界を壮大に描いており、また『ウルトラマン』や『帝都物語』で知られる実相寺昭雄監督によって、コンサート場面とアニメの映像を巧みに融合させた斬新な映像が展開されています。スカイパーフェクTV!110のファミリー劇場でも、今月に4回にわたって放映される予定となっていますが、ヤマト・ファンならやはりパッケージ作品として持っておきたいはず。発売は6月22日に予定されていますので、ファンはお楽しみに!

●DVD作品『交響曲 宇宙戦艦ヤマト ライブ』(COBC-4425 \2,940(税込))
≪収録曲≫
・第一楽章「誕生」
・第二楽章「戦い」(スケルツォ)
・第三楽章「祈り」(アダージョ)
・第四楽章「明日への希望」(ドッペルコンチェルト)

≪演奏者など≫
・作曲:羽田健太郎
・音楽モティーフ:宮川泰
・演奏:NHK交響楽団
・指揮:大友直人
・ヴァイオリン:徳永ニ男
・ピアノ:羽田健太郎
・スキャット:川島和子
・ナレーター:羽佐間道夫
・音楽監督:渋谷森久
・監督:実相寺昭雄

*1984年5月4日五反田簡易保険ホールにて収録。
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 不安や焦りや苦しみをポジティヴに変換していく 杏沙子、初のシングルを発表[インタビュー] 赤頬思春期 アコースティックでファッショナブル 噂の2人組が日本デビュー
[インタビュー] 聴く人を架空のリゾートにご案内――Pictured Resortの新作が誘う日常からのエスケープ[インタビュー] THA BLUE HERB、全30曲入り2枚組の大作でたどり着いた孤高の境地
[インタビュー] Moonの待望の新作『Tenderly』は、スタンダードからグリーン・デイまで歌うカヴァー集[インタビュー] 小坂忠、再発された70年代のアルバム『CHEW KOSAKA SINGS』と『モーニング』を語る
[インタビュー] Suchmos、WONKなどのコーラスを手がけてきた大坂朋子がSolmana名義でデビュー[インタビュー] 話題の公演“100チェロ”を東京で行なうジョヴァンニ・ソッリマが代表作を語る
[インタビュー] 山中千尋、ブルーノートとペトルチアーニへの思いを胸に、新作でジャズのキラキラした魅力を伝える[インタビュー] ハロプロ スッペシャ〜ル特別版 卒業直前! 宮崎由加(Juice=Juice)ロング・インタビュー
[インタビュー] “シティ”から“タウン”へ “けもの”のユニークな創作のひみつ[インタビュー] 音楽史上初めて登場した“ミニマル・ネイティヴ”のヴァイオリニスト、マリ・サムエルセンのDG専属契約第1弾ソロ・アルバム『マリ』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015