ニュース

Z世代のクィア・アイコン“ガール・イン・レッド”がデビュー・アルバムをリリース

2021/04/20 12:55掲載
はてなブックマークに追加
Z世代のクィア・アイコン“ガール・イン・レッド”がデビュー・アルバムをリリース
 Z世代のクィア・アイコン“ガール・イン・レッド”(girl in red)が、デビュー・アルバム『if i could make it go quiet』を4月30日(金)リリース。

 陶酔感のあるベッドルーム・ポップサウンドで注目を集め、Instagramは198万人、Spotifyはすでに10億回以上の再生回数を記録するZ世代のクィア・アイコン“ガール・イン・レッド”が待望のデビュー・アルバムをリリース。

 ガール・イン・レッドは、1999年ノルウェー生まれのシンガー・ソングライター、マリー・ウルヴェン(Marie Ulven)のソロ・プロジェクト。本作がデビュー・アルバムとなります。

 ポップ界の巨匠、ビリー・アイリッシュの兄フィニアスを共同プロデューサーに迎えたリード曲「Serotonin」は、彼女のメンタルヘルスとの闘いが残酷なまでに正直に綴られた、叙情的ポップ・アンセムです。

 このアルバムについてマリーは、「『if i could make it go quiet』は、人間であることがどういうことなのかを学ぼうとする試み。自分自身の最も恐ろしい部分に向き合ったり、自分が結局ただの肉と骨でしかないという痛みを抱えて生きなければならないこと。怒り傷き、許せなくてもなお、自分の心をどうにかつなぎ止めておくということ。自分の心の中の最も暗い部分に光を当てて、みんなを受け入れるということ。わたしはこの作品を通じて、“実際になにが起きているのか”理解しようとしている」とコメントしています。

拡大表示




■2021年4月30日(金)発売
ガール・イン・レッド
『if i could make it go quiet』
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] パット・メセニー 新作はクラシック! 室内楽作曲家デビューを果たした『Road to the Sun』[インタビュー] 小松亮太 アストル・ピアソラ生誕100周年を記念して「バンドネオン協奏曲」のライヴ録音をリリース
[インタビュー] 次世代アーティストの発掘・育成・普及  Eggsプロジェクト[インタビュー] 「勇敢」「希望」「仲間」をテーマに選曲した清塚ならではのディズニー・アルバム
[インタビュー] 大人気ピアノYouTuberが“ノリノリ”と“癒し”の2枚のアルバムでデビュー ヒビキpiano[特集] 2週連続企画 ジョン・レノン『ジョンの魂』 50周年を記念したアルティメット・コレクションの見どころ聴きどころ
[特集] 2週連続企画 ジョン・レノン『ジョンの魂』 ビートルズ解散後に発表された初のソロ・アルバムを徹底解説[インタビュー] 原点回帰のカラフル・ポップ・アルバム 青木慶則
[インタビュー] 女の情念を描いた艶唄。真木柚布子[インタビュー] Yellow Studs、現在の社会に抗う意思とバンドマンのリアルな生き様
[インタビュー] コモリタミノルを迎えた新境地 丘みどり[インタビュー] 児玉 桃、ECMからの3作目は、小澤征爾指揮水戸室内管との細川俊夫とモーツァルト
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015