ニュース

SASAMI、日本の妖怪にインスピレーションを得た新作『SQUEEZE』を発表

2021/10/27 13:35掲載
はてなブックマークに追加
SASAMI、日本の妖怪にインスピレーションを得た新作『SQUEEZE』を発表
 米ロサンゼルスを拠点に活動するシンガー・ソングライターのササミ(SASAMI)が、リリース時に「ロック界の次なる大物」と評された2019年のデビュー・アルバム以来となる新作アルバム『SQUEEZE』を2022年2月25日(金)に発表します。また、このアルバムから、「The Greatest」と「Skin A Rat」の2曲を映像とともに公開しています。

 「The Greatest」についてササミは「この曲は、私たちが誰かに抱く最も偉大で重い感情は、それを実現したり、返したりすることができない場合が多いということを歌っている。ブラックホールから生まれたパワーのように。すべてがファンタジー」、暴力的なファンタジーにインスパイアされたという「Skin A Rat」については「抑圧的なシステムや人間に対する怒りやフラストレーションを、カタルシスによって解放するためのサウンドトラック。ニュー・メタルの影響を大きく受けている。曲全体をiPadで作曲して、MIDIドラムでデモを作り、ドラマーにライブ演奏してもらった」とコメント。「Skin A Rat」では、メガデスのダーク・バーベレンがドラムを担当し、ニューヨークのシンガー・ソングライター、ヴァガボンことレティシア・タムコと女優でコメディアンのパティ・ハリソンがゲスト・ヴォーカルを務めています。

 最新作『SQUEEZE』は本人がプロデュースを行い、一部の楽曲はタイ・セガールとの共同プロデュース。その他、ドリーミーなベッドルーム・ポップで人気のハンド・ハビッツことメグ・ダフィーや、タイ・セガールのバンドでも活躍するキング・タフことカイル・トーマス、フィービー・ブリジャーズのプロデュース作が話題となったクリスチャン・リー・ハトソンら、多くのゲストとともに制作されました。

 本作は頭が女性で体が蛇の日本の妖怪「濡女」からインスピレーションを受け、痛烈な正直さと残酷なまでに妥協のないビジョンが表現されています。母方が在日韓国人の家系であるというSASAMIは、韓国と日本が混ざり合った家族の歴史と文化を深く掘り下げていく中で、濡女に出会い、女性的で高貴でありながら、舌で血を吸い強力で凶暴だというその多面性に惹かれたそうです。

拡大表示





最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] こだわりがつまった完全セルフプロデュースEP、山村 響[特集] ドキュメンタリー作品『ザ・ビートルズ:Get Back』を観た!
[インタビュー] ILL-BOSSTINO(THA BLUE HERB)、dj hondaとのジョイント・フルアルバムを発表[特集] スティング、「僕らには架け橋が必要なんだ」新作『ザ・ブリッジ』を本人のコメントとともに徹底解説
[インタビュー] 藤木大地、日本が世界に誇るカウンターテナーが舞台をもとにした新作アルバムを発表[インタビュー] “ひねくれポップの大団円”がつぽんず、初の全国流通版
[インタビュー] カーネーション、4年ぶり通算18枚目のアルバム[インタビュー] 在ノルウェーのピアニストがECMからの初リーダー作で聞かせる“静寂の美”、田中鮎美
[特集] ストーンズたらしめる音楽を磨き上げた傑作の40周年記念エディションを聴く[インタビュー] ももすももす、ドラマ『どうせもう逃げられない』主題歌「サーモクライン」を発表
[インタビュー] ちゃんみな、集大成ともいえる3rdフル・アルバム その名も『ハレンチ』[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015