ニュース

ラウドネスの高崎晃、1年ぶりのソロ・アルバムをリリース!

2005/07/28掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 日本のヘヴィ・メタル・シーンきっての名ギタリスト、ラウドネス高崎晃が1年ぶり6枚目のソロ・アルバム(タイトル未定:TNCH-14 税込\3,000)をリリースします。

 今作も前作『スプラッシュ・マウンテン』(写真/2004年)と同様、すべての楽器を高崎自身がプレイ。また、前作にはAC/DC(「Back In Black」)、エアロスミス(「Sweet Emotion」)、ボズ・スキャッグス(「We're All Alone」)のカヴァーが収録されていましたが、今回はディープ・パープルグランド・ファンクグラハム・セントラル・ステイションのカヴァーが収められる予定となっています(曲目未定)。ヘヴィな曲から酔わせるナンバーまで、高崎の独創性が光っているというこのアルバム、発売はトライスクルから9月21日の予定です。

 ちなみにラウドネスは去る7月22日、ドイツの“EARTHSHAKER Fest 2005”に出演。ワールド・ツアーも決定しており、世界再進出に意欲を見せています。また、8月17日にはK-1ファイター、武蔵のテーマ曲「The Battleship MUSASHI」(TKCA-72891 税込\1,260)を、高崎のソロ作発売日と同日の9月21日には、セルフ・カヴァー1曲(曲目未定)を含む再結成後のベスト盤『THE BEST OF REUNION』(TKCA-72903 税込\3,000)をリリースします。
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] だれかの「こころのやらかい場所」に。一瞬しかないの最強のデビュー・アルバム[特集] 東京音楽大学附属オーケストラ・アカデミー、オーケストラ奏者養成機関に見た大海原に漕ぎ出す若き才能の萌芽
[インタビュー] 宮本笑里、デビュー15周年を記念してクラシックの小品を弾いた『classique deux』[インタビュー] 初の全国流通盤をリリース 話題の一寸先闇バンド登場
[インタビュー] 室田瑞希、ひとりの表現者としての在り方を示す ニュー・シングル[特集] 鞘師里保、初のファンミーティング開催! 
[インタビュー] 元キマグレン・ISEKIが惚れ込んだ絶景の白馬岩岳で行なわれる山頂音楽フェスの魅力とは?[インタビュー] みやけん、人気ピアノYouTuber 早くも2ndアルバムを発表
[インタビュー] 蔦谷好位置が語る映画『SING/シング:ネクストステージ』日本語吹替えキャストの歌[インタビュー] 岸 裕真、注目のAIアーティスト初の作品集を発表
[インタビュー] 矢川 葵、「昭和歌謡を歌い継ぐ」ソロとして再始動[インタビュー] 踊るヴァイオリニスト×気鋭の歌い手「RiO楽曲制作プロジェクト」
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015