ニュース

米のシンガー・ソングライター“デイグロウ”、新曲「ディープ・エンド」リリース

2022/08/18 12:28掲載
はてなブックマークに追加
米のシンガー・ソングライター“デイグロウ”、新曲「ディープ・エンド」リリース
 米テキサス州出身のシンガー・ソングライター“デイグロウ”(Dayglow)が、新曲「ディープ・エンド」を8月18日(木)にリリース。

 全世界でのストリーミング再生回数が10億回越え。“シンセ片手におもちゃ箱から飛び出してきた”インディー・ポップ界の貴公子“デイグロウ”(Dayglow)の新曲「ディープ・エンド」が完成。

 色とりどりのサウンドを組み合わせ、まるで積み木のお城のようなカラフルな“デイグロウサウンド”は、どんな困難にもユーモアと音楽で乗り越えていけるという希望がたっぷり詰まっています。さらに今秋にはアルバムのリリースも発表。日本のシティ・ポップの影響も受けている軽快なサウンド、抑えきれない躍動感をご堪能ください。

 全世界で人気急上昇中。ライヴミュージックの聖地、米オースティンに突如現れた、シンガー・ソングライター“デイグロウ”。昨年リリースした2ndアルバム『ハーモニー・ハウス』を大ヒットさせた熱とエネルギーをそのままに、2022年10月にコンセプト、作曲、演奏、プロデュース、全てを自身が行うアルバム『People in Motion』のリリースを発表しました。

 アルバムからの第2弾シングルとして「ディープ・エンド」をドロップ。弾むようなファンキーなコーラス、散りばめられたファルセット、思わず身体を揺らしたくなる軽快なポップ・ソングが完成。

 Alfie Templeman、Clairo、メン・アイ・トラストウェット・レッグらに並び、インディー・ポップ界を牽引する存在として、今年も注目度がますます上昇していくこと間違いなしです。

 アルバム『People in Motion 』からの第1弾リリースの「Then It All Goes Away」が、『SixTONESのオールナイトニッポンサタデースペシャル』にて田中樹セレクト楽曲としてオンエア。

拡大表示

©Dana Trippe

■2022年8月18日(木)配信開始
デイグロウ
「ディープ・エンド」

asteri.lnk.to/deepend

「Then It All Goes Away」
asteri.lnk.to/tiaga
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 「あさぴ」はROCKなサウスポー!ピアノYouTuber朝香智子の新作[インタビュー] ヴィユー・ファルカ・トゥーレ×クルアンビン、アフリカ、マリの伝説のギタリストをその息子とクルアンビンがオマージュ
[インタビュー] 沖仁、デビュー20周年、拠点を長野に移し新たな環境のなかでアルバムを制作[インタビュー] 後藤真希 、『ザ・マスクド・シンガー』シーズン2で優勝!
[インタビュー] ピアノの魔術師、ヒビキpiano 待望の新作[インタビュー] TOKU、20年を超えるキャリアを追った全32曲のベスト・アルバムを発表
[インタビュー] 秩父英里、CM・テレビなどにも楽曲を提供、国内外で評価される作曲家がデビュー・アルバムを発表[インタビュー] だれかの「こころのやらかい場所」に。一瞬しかないの最強のデビュー・アルバム
[特集] 東京音楽大学附属オーケストラ・アカデミー、オーケストラ奏者養成機関に見た大海原に漕ぎ出す若き才能の萌芽[インタビュー] 宮本笑里、デビュー15周年を記念してクラシックの小品を弾いた『classique deux』
[インタビュー] 初の全国流通盤をリリース 話題の一寸先闇バンド登場[インタビュー] 室田瑞希、ひとりの表現者としての在り方を示す ニュー・シングル
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015