ニュース

六角精児、初のソロ・アルバム『人は人を救えない』リリース記念ライヴのライヴ配信が決定

六角精児   2022/09/22 12:11掲載
はてなブックマークに追加
六角精児、初のソロ・アルバム『人は人を救えない』リリース記念ライヴのライヴ配信が決定
 六角精児が12月6日(火)に東京・吉祥寺スターパインズカフェにて開催する、初のソロ・アルバム『人は人を救えない』リリース記念ライヴをライヴ配信することが決定。

 同ライヴは、4月20日にCD、9月7日にLPでリリースした、70年代の香り漂う珠玉の純国産楽曲をブルース&カントリーを基調とした芳醇な大人のロックサウンドへと昇華した名曲カヴァー集『人は人を救えない』のリリース記念として、レコーディング・メンバーを中心としたバンド編成により開催される一夜限りのスペシャル・ライヴ。バンド・メンバーは谷口雄(piano)、江上徹(acoustic guitar)、宮下広輔(steel guitar)、渡瀬賢吾(electric guitar)、伊賀航(bass)、増村和彦(drums)を予定しています。



■2022年9月7日(水)発売
六角精児
『人は人を救えない』

LP PLP-7858 4,400円(税込)
p-vine.lnk.to/rAKF8hE8

[収録曲](オリジナル・アーティスト)
A1. やつらの足音のバラード(かまやつひろし)
A2. 告別式(高田渡)
A3. あたしのブギウギ(浅川マキ)
A4. 雪の月光写真師(若林純夫)
A5. 各駅停車(猫)
A6. スカンピン(鈴木慶一)

B1. 追放の歌(休みの国)
B2. サーカスにはピエロが(西岡恭蔵)
B3. 女の証し(加川良)
B4. 風景(中塚正人)
B5. お前の町へ(六角精児オリジナル曲)


六角精児『人は人を救えない』リリース記念ライヴ
2022年12月6日(火)
東京 吉祥寺スターパインズカフェ
開場 19:00 / 開演 19:30
前売 5,000円 / 当日 5,500円※共にドリンク代別
eplus.jp/sf/detail/3708380001-P0030001

配信: 2000円
eplus.jp/sf/detail/3719070001-P0030001
※9月22日(木)24:00以降にご確認いただけます。
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] マーク・ジュリアナ、エレクトロニクスの要素を取り込み新たな方向性を示す新生ジャズ・カルテットの新作[インタビュー] 花*花、パルシステムとのコラボレーションで大ヒット曲「あ〜よかった」を再録音
[インタビュー] 「あさぴ」はROCKなサウスポー!ピアノYouTuber朝香智子の新作[インタビュー] ヴィユー・ファルカ・トゥーレ×クルアンビン、アフリカ、マリの伝説のギタリストをその息子とクルアンビンがオマージュ
[インタビュー] 沖仁、デビュー20周年、拠点を長野に移し新たな環境のなかでアルバムを制作[インタビュー] 後藤真希 、『ザ・マスクド・シンガー』シーズン2で優勝!
[インタビュー] ピアノの魔術師、ヒビキpiano 待望の新作[インタビュー] TOKU、20年を超えるキャリアを追った全32曲のベスト・アルバムを発表
[インタビュー] 秩父英里、CM・テレビなどにも楽曲を提供、国内外で評価される作曲家がデビュー・アルバムを発表[インタビュー] だれかの「こころのやらかい場所」に。一瞬しかないの最強のデビュー・アルバム
[特集] 東京音楽大学附属オーケストラ・アカデミー、オーケストラ奏者養成機関に見た大海原に漕ぎ出す若き才能の萌芽[インタビュー] 宮本笑里、デビュー15周年を記念してクラシックの小品を弾いた『classique deux』
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015