ニュース

アンジュルム、ニュー・シングル発売記念イベントで力強いコメント

アンジュルム   2019/11/20 10:43掲載
はてなブックマークに追加
アンジュルム、ニュー・シングル発売記念イベントで力強いコメント
 11月19日(火)、ハロー!プロジェクト所属のアンジュルムが東京・池袋サンシャインシティ噴水広場にて、11月20日(水)に発売するニュー・シングル「私を創るのは私 / 全然起き上がれないSUNDAY」(初回生産限定盤A CD + DVD HKCN-50621 1,600円 + 税 / 初回生産限定盤B CD + DVD HKCN-50623 1,600円 + 税 / 初回生産限定盤SP CD + DVD HKCN-50625 1,700円 + 税 / 通常盤A CD HKCN-50627 1,000円 + 税 / 通常盤B CD HKCN-50628 1,000円 + 税)の発売記念イベントを開催。「全然起き上がれないSUNDAY」ほか全5曲のミニ・ライヴを行ないました。

 ライヴ後の囲み取材で、グループ卒業を控えた中西香菜が「スマイレージから改名して、今の“アンジュルムが好き!”と言ってもらえるアンジュルムを残せたのを誇りに思っています。なので安心して卒業できます」とコメント。また船木 結は自身の卒業について「今はまだ中西さんの卒業が控えているので実感はしていなくて、ふとした時に感じるぐらいなのですが、私も残された期間を楽しんでいけたらなと思います」と語りました。また、リーダーの竹内朱莉は、メンバー卒業が続くことについて「今の状況にあまりついてこれない方もいらっしゃるとは思うんですけど、アンジュルムは加入と卒業を繰り返してどんどん成長していくグループです。なので、新しい変化を一緒に楽しんでいけたらいいなと思いますし、これからも進化していく私達を見守っていただけたら嬉しいなと思います」と力強く発言。

 なお、シングル発売日の11月20日には全国のデイリーヤマザキで開催中の“ONLY ONE キャンペーン”の一環として東京・デイリーヤマザキ渋谷区神南店にてメンバー4名(川村文乃佐々木莉佳子上國料萌衣、太田遥香)が一日店長を実施する予定。全国コンサート・ツアーも開催中で、12月10日(火)には東京・豊洲PITにて中西香菜の卒業コンサートが行なわれます。

[オフィシャル・レポート]
 アンジュルムが11月19日(火)に、ニュー両A面シングル「私を創るのは私 / 全然起き上がれないSUNDAY」の発売記念イベントを東京・池袋サンシャインシティ噴水広場にて開催した。

 今秋にメンバーである中西香菜、船木 結のグループ卒業が相次いで発表され、激動の第二章へと突入しているアンジュルム。ニュー・シングル「私を創るのは私 / 全然起き上がれないSUNDAY」はそんな彼女たちにとって現11人体制での初シングルとなった。この日、噴水広場には3階まで観客で埋まる1500人ほどを動員。全5曲のミニ・ライヴに現地が大きく沸き返った。

 ミニ・ライヴはニュー・シングルより、アンジュルムとしてはめずらしい“失恋ソング”「全然起き上がれないSUNDAY」からスタート。強がりな中にも傷心を感じさせる歌詞と、ドラマティックな振り付けがあいまって思わず惹きつけられる一曲だ。自己紹介の後には鉄板の盛り上げナンバー「マナーモード」「次々続々」「46億年LOVE」を立て続けに披露。11人でのパワフルなパフォーマンスに会場からも熱い声援が飛ぶ。そしてラストにはニュー・シングルより「私を創るのは私」を披露。太田遥香・伊勢鈴蘭・橋迫 鈴らがしっかりと存在感を見せつつ、全体の層の厚さを感じさせる各人のパフォーマンスと流れるようなフォーメーションで“アンジュルム第二章”を宣言した。

 ミニ・ライヴ後の囲み取材では、グループ卒業を控えた中西香菜が「スマイレージから改名して、今の“アンジュルムが好き!”と言ってもらえるアンジュルムを残せたのを誇りに思っています。なので安心して卒業できます」とコメント。また船木 結は自身の卒業について「今はまだ中西さんの卒業が控えているので実感はしていなくて、ふとした時に感じるぐらいなのですが、私も残された期間を楽しんでいけたらなと思います」と語った。

 リーダーの竹内朱莉は、メンバー卒業が続くことについて「今の状況にあまりついてこれない方もいらっしゃるとは思うんですけど、アンジュルムは加入と卒業を繰り返してどんどん成長していくグループです。なので、新しい変化を一緒に楽しんでいけたらいいなと思いますし、これからも進化していく私達を見守っていただけたら嬉しいなと思います」と言葉を繋げた。

 一方で、新メンバーの橋迫 鈴は今回が初の噴水広場ライヴ。感想を訊かれて「後ろまでお客さんがいるので広く感じます!」と噴水広場をくまなく見渡していた。「私を創るのは私」ミュージック・ビデオでは橋迫に加え太田、伊勢もフィーチャーされており、グループが新しい局面へと向かっていく姿が見どころとなっている。なお太田遥香は竹内のリーダー就任について「リーダーになる前から細かいこともしっかり教えてくださっていて、もともとリーダーっぽかったので、今はすごいいい生活を送っています」と自分の言葉で語っていた。

 アンジュルムは11月20日(水)、ニュー両A面シングル「私を創るのは私 / 全然起き上がれないSUNDAY」の発売日を迎える。さらに同日、全国のデイリーヤマザキで開催中の“ONLY ONE キャンペーン”の一環としてデイリーヤマザキ渋谷区神南店にてメンバー4名(川村文乃、佐々木莉佳子、上國料萌衣、太田遥香)が一日店長を実施する予定だ。全国コンサート・ツアーもあわせて開催中となっており、12月10日(火)には東京・豊洲PITにて中西香菜の卒業コンサートが行なわれる。

拡大表示


拡大表示


拡大表示


アンジュルム ライブツアー 2019 夏秋「Next Page」
www.helloproject.com/angerme/event/detail/bc1169174f3e26de9c354f5c82172afb9cbcf299

アンジュルム ライブツアー 2019 夏秋「Next Page」〜中西香菜卒業スペシャル〜
www.helloproject.com/angerme/event/detail/f89fd4bf050bbbc8bb497c852683dfac251bf97b
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 柴田聡子、新しい試みとニューEP[インタビュー] PIZZICATO ONE、5年ぶりのニュー・アルバムはワンマンライヴの実況録音盤
[インタビュー] 緊急超会議!アップアップガールズ(仮)×アップアップガールズ(2)×アップアップガールズ(プロレス)[インタビュー] シバノソウ、独創的なサウンドに少女のリアルをこめた1stアルバム
[インタビュー] 久保田麻琴、最新マスタリングで復刻される、70年代の名盤3枚を語る[インタビュー] 加藤和樹、デビュー15年目のエモーショナルなミニ・アルバム
[インタビュー] カミーユ・トマ、“暗闇から光に向かう旅”という物語の曲が集まった新作で、チェロが奏でる希望の声[インタビュー] plane、普遍的な魅力を持った7年ぶりのニュー・アルバム
[インタビュー] TOKU、ジョヴァンニ・ミラバッシとの出会いから生まれたフランスでのデビュー・アルバム[インタビュー] 太田貴子、“クリィミーマミがいたから今の私がいる”徳間ジャパン時代の全音源を収める作品集を発表
[インタビュー] GADORO、SUNART MUSICにカムバックにしての4作目。ファーストのヒップホップ感とちょっと進化した自分[インタビュー] ジャンル、世代、国境を越えるOSAMU SATOの最新作
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015