ニュース

Bank Band、ベスト盤『沿志奏逢 4』収録曲決定&アーティスト・ヴィジュアル公開

Bank Band   2021/09/15 13:45掲載
はてなブックマークに追加
Bank Band、ベスト盤『沿志奏逢 4』収録曲決定&アーティスト・ヴィジュアル公開
 ap bankの可能性をさらに広げるため、音楽家・小林武史櫻井和寿Mr.Children)を中心に2004年に結成された“Bank Band”の18年間の集大成として、9月29日(水)に発売が決定しているベスト・アルバム『沿志奏逢 4』の収録楽曲が決定。

 収録曲には、最新楽曲「東京協奏曲」(宮本浩次×櫻井和寿 organized by ap bank)、「forgive」(Bank Band feat. MISIA)含む、全オリジナル楽曲、代表的カヴァー・ソング、歴代フェスより厳選したライヴ音源など全25曲が収録されます。

 Disc1には、2021年3月20日に配信限定でリリースした最新楽曲「forgive」、新曲「東京協奏曲」、「What is Art?」(Reborn-Art Session)のニュー・ミックスを含む、Bank Bandがこれまで制作した全オリジナル楽曲に加え、「糸」「若者のすべて」「カルアミルク」「何の変哲もないLove Song」「トーキョー シティー ヒエラルキー」のカヴァー名曲を、TED JENSEN(STERLING SOUND)の全曲ニュー・マスタリングにて収録。

 Disc2には、ap bank fesの歴史を語る上で外すことのできない名場面・名演奏を歴代フェスの中からセレクトし「LIVE BEST」として初CD音源化。Bank Band With Great Artistsとの共演「言葉にできない」「はじまりはいつも雨」や、「歌うたいのバラッド」「慕情」「HERO」などを、ライヴ盤だからこそ刻み込めたあの〈ap fes〉の感動が鮮明に蘇ります。マスタリングは内田孝弘(FLAIR MASTERING WORKS)が担当しています。

 また、初回仕様CD購入者のみが視聴できるBank Bandスペシャル映像コンテンツ視聴シリアルナンバーが封入。小林と櫻井の『沿志奏逢 4』スペシャル対談に加え、セッションも収録予定。詳細は『沿志奏逢 4』特設サイトをご確認ください。

[コメント]
もっと伝わる、歌うための技術を身に付けたいと、今も強く思っている。
でも、足を運んでくれた人達の笑顔、会場の空気、バンドの息遣い、
その時でしかありえない心の動きと、だからこその歌が、声があるのだと、かつてのap fesの歌を聴いて思う。
きっと一生越えることは出来ない。
あの時の声に感動し、同時に打ちひしがれるような気持ちになるけれど、改めてありがとうap fes。とっても恋しいです。

――櫻井和寿

Bank Bandは成り立ちが不思議なバンドで、いままで楽曲なども制作してきましたが、僕と櫻井くんに関してはap bankを通してのボランティア活動としてやっているわけで、そもそもが自分たちの営利目的ではない、利他的な行動として存在しているバンドなのです。
だけど音楽的には、作品の産みの苦しみも経験するし、あーだこうだと悩んだりもしてきましたが、出来上がったときや、何よりap bank fesのライブにおいて、他のアーティストやお客さんと共にとんでもない豊かな音楽の至福体験を何度も何度も体験してきました。幸せなことです。
自分たちの手から離れ、いろんなことが巡り巡ってまた自分が豊かになると言うのは、1つの真理だと思います。ap bankを通じて経験したことは、それを表してるように個人的に思います。さらにそこに時間の体積がいろんな思いをミルフィーユのように重ねていて、なかなか得難い1つの作品となっていると思っています。
まだCDに収録されてない新曲たちやスタッフの温かい思いが反映された過去楽曲からのセレクションと、ライブ音源からのセレクションで構成されています。
森本千絵さんによる新しい素敵なアルバムジャケットを含め、いろんな特典も用意されてるようです(笑)
よろしければぜひ、お手に取っていただいて。

――小林武史

※本作の収益はap bankが行なっている、ひとり親家庭を食で支援する「spoon」プロジェクトや災害復興支援、そして「リボーンアート・フェスティバル2021-22」などの費用に充当させていただきます。

■2021年9月29日(水)発売
Bank Band
『沿志奏逢 4』

TF.lnk.to/soushisouai4

『沿志奏逢 4』特設サイト
www.toysfactory.co.jp/artist/bankband/soushisouai4
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] 映像配信サービス「dTV」に新ジャンル「ライブ」が誕生、ひと味違うライブ体験ができるその魅力[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ
[インタビュー] 新作アルバムは、ずっと愛奏している作品で構成したオール・ショパン・プログラム、小林愛実[特集] 「Sony Park展」第3弾「ファイナンスは、詩だ。」 東京スカパラダイスオーケストラインタビュー
[インタビュー] 活動10周年にして集大成さくら学院ラスト・インタビュー[インタビュー] チャレンジ精神に歌とダンスでエールを送る 新曲は『新幹線変形ロボ シンカリオンZ』主題歌、BOYS AND MEN
[特集] Sony Park展「音楽は旅だ」「カンタビレIN THE PARK」レポート 奥田民生[特集] クラウン時代のラスト・アルバム(鈴木茂コスモス’51リミックス発売記念ライブ)白熱のライヴ・レポート、鈴木茂
[インタビュー] 千住真理子、音楽は時空を超えて旅をする 新作はヴァイオリンで歌う世界のメロディ[インタビュー] ユーミン、じゃがたら、『みんなのうた』…、新作は原曲と違う風景が見えるカヴァー集 KERA
[インタビュー] 宮本笑里×DAITA 恐竜科学博の壮大なテーマ曲で実現した、異なる弦楽器のコラボレーション[インタビュー] 架空の映画のサウンドトラックというコンセプト・アルバムを発表したKaede
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015