ニュース

ベッカ・スティーヴンス、ニュー・アルバム『ワンダーブルーム』をリリース&来日公演を開催

ベッカ・スティーヴンス(Becca Stevens)   2020/01/16 14:35掲載
はてなブックマークに追加
ベッカ・スティーヴンス、ニュー・アルバム『ワンダーブルーム』をリリース&来日公演を開催
 2019年秋に5曲入りの先行EPをリリースしたヴォーカリストのベッカ・スティーヴンス(Becca Stevens)が、ニュー・アルバム『ワンダーブルーム』(CD RPOZ-10055 2,400円 + 税)を3月4日(水)に発表します。CDのリリースは日本のみ、海外はLPの発売と配信です。アルバムのリリース直後、3月9日(月)と3月10日(火)には東京・南青山 BLUE NOTE TOKYOで来日公演を開催します。

 『ワンダーブルーム』というアルバム・タイトルは、亜熱帯雨林地域に自生する数年に一度、2日程度しか咲かない巨体花タイタン・アルム(Titan Arum)にインスパイアされて付けたもの。大きさゆえの力強さ、開花する時間の短さによる儚さ、強い腐臭など、さまざまな暗喩を感じたスティーヴンスは、そこから新しい音楽世界を生み出しました。

 ほぼ固定メンバーで制作された3年前の前作『レジーナ』から一変、新作は多くのミュージシャンを迎えたものとなっています。参加しているのは、ジェイコブ・コリアー、コリー・ウォン(ヴルフペック)、カーヴェー・ラステガー(ニーボディ)、ジャスティン・バーガー、GrounUpコネクションからはそのほかにデヴイッド・クロスビー、ミシェル・ウィリス、そしてスナーキー・パピーからはマイケル・リーグ、ボブ・ランゼッティ、ジャスティン・スタントン、小川慶太、ネイト・ワースら、さらにアラン・ハンプトン、ブルックリンのギタリスト、ライアン・スコット、ベッカ・スティーヴンス・バンド(リアム・ロビンソン、クリス・トルディーニ、ジョーダン・パールソン)、ブルターニュのケルティック・ハープ奏者 / ヴォーカリストのローラ・ペローディンなど。ここ数年の音楽活動を反映させたラインナップです。プロデュース、アレンジ、録音はスティーヴンスと、スナーキー・パピーボカンテのサウンド・プロダクションに携わるニック・ハードが共同で担当しました。


最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] maco marets 気鋭のラッパーが語る、ひとくぎりの3枚目『Circles』までの道のり[インタビュー] チャクラ 強烈な個性で伝説的存在となっているバンドの未発表ライヴCDを、チリ人のマニアが制作
[インタビュー] 女子のリアルを綴るSSW、コレサワ “すごく前向きな”失恋アルバム[特集] Sound Schedule 鮮度の高い演奏を聞かせる3人組 2020年ライヴ最速レポ
[インタビュー] 眉村ちあき 弾き語りトラックメイカーアイドル あらゆる面で成長した渾身の新作[インタビュー] 湯浅湾 我々は“望まない” 10年ぶりの新作『脈』をバンマスが解説
[インタビュー] SKY-HIからエルメート・パスコアールまで、多彩なゲストを迎えた全曲オリジナルの新作『イン・ザ・キー・オブ・ジョイ』を発表[インタビュー] Soggy Cheerios(ソギー・チェリオス) 新たな局面を迎える手応え
[インタビュー] 神保 彰 NYとLAで録音、“月”と“太陽”をイメージした2枚のアルバムを元旦にリリース[インタビュー] “あーた”から“AATA”へ 注目のシンガー・ソングライターがその音楽人生を振り返る超ロング・インタビュー!
[インタビュー] KAITO もう一回自分を“ここ”に戻してくれた音楽たち[インタビュー] ケイコ・リーが70〜80年代洋楽ヒットなどを歌う
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015