ニュース

ブッゲ・ヴェッセルトフトとプリンス・トーマスがコラボ・アルバムをリリース

ブッゲ・ヴェッセルトフト(Bugge Wesseltoft)   2018/11/20 12:42掲載
はてなブックマークに追加
ブッゲ・ヴェッセルトフトとプリンス・トーマスがコラボ・アルバムをリリース
 自らのレーベル「ジャズランド」を主宰し、新しいジャズを模索してきたノルウェーのピアニスト、ブッゲ・ヴェッセルトフト(Bugge Wesseltoft)と、リンドストロームとともにノルウェーに独自のディスコ・シーンを生み出してきたプリンス・トーマス(Prins Thomas)。ジャンルや世代は異なるものの、ノルウェーの音楽を牽引し、世界に発信してきた両者のコラボレーションCD『ブッゲ・ヴェッセルトフト&プリンス・トーマス』(CLTCD-2076 2,000円 + 税)が12月15日(土)にリリースされます。

 本作は、設立25周年を迎えたノルウェーの人気レーベル「Smalltown Supersound」から今年7月にアナログで発売され、話題を呼んでいたアルバムのCD版。2人の持ち味とアイディアが正面からぶつかり化学反応を起こした全5曲62分の作品となってます。2人のほか、カーリン・クロッグヤン・ガルバレク諸作にも名を連ねるヨン・クリステンセンがパーカッションとドラムスで参加。ミックスは“ECMサウンドの要”とも言われているベテラン・エンジニアのヤン・エリク・コングスハウグが担当しています。

■2018年12月15日(土)発売
ブッゲ・ヴェッセルトフト&プリンス・トーマス
『ブッゲ・ヴェッセルトフト&プリンス・トーマス』

CLTCD-2076 2,000円 + 税

[収録曲]
01. Furuberget
02. Norte Do Brasil
03. Sin Tempo
04. Bar Asfalt
05. Epilog
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ピアノ演奏の基礎の部分をショパンで構築してきた――牛田智大、10代最後に取り組んだショパン・アルバム[インタビュー] ホセ・ジェイムズが新レーベル「レインボー・ブロンド」を始動――第一弾アーティスト・ターリがデビュー・アルバムをリリース
[インタビュー] もうひとつのシティ・ポップ――Dos Monos『Dos City』[インタビュー] 音楽は、生き方そのもの BUPPON『enDroll』
[インタビュー] トリオ・レコードが遺したミュージカル作品 発売当時のディレクター徳光英和が『上海バンスキング』などについて語る[インタビュー] 想像を形にする“宇宙”を舞台とした、Shing02とSauce81の共作アルバム『S8102』
[インタビュー] 音ゲーは“音楽の楽しさを伝えるツール” モリモリあつし『タイムカプセル』[インタビュー] ブルッフの協奏曲は、人生のステージの中でいつも傍にあった曲──アラベラ・美歩・シュタインバッハー、〈東芝グランドコンサート2019〉に出演
[インタビュー] 新しいセッションだから“シーズン2” Mari & Bux Bunny シーズン2始動[インタビュー] いまだからこそ作れたコレクション 鈴木惣一朗が細野晴臣プロデュース・レーベル「ノンスタンダード」について語る
[インタビュー] 仏教と音楽が私の楽しみであり、人生のともしび――三浦明利『いのちのともしび』[インタビュー] THREE1989が挑んだ“愛のアルバム”『Kiss』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015