ニュース

bump.y 3周年記念日の8月25日(日)にワンマンコンサート開催!

bump.y   2013/08/26 15:33掲載
はてなブックマークに追加
bump.y 3周年記念日の8月25日(日)にワンマンコンサート開催!
 2010年8月25日にシングル「voice」でメジャー・デビューしたbump.yが、8月25日にラフォーレミュージアム六本木で3周年記念ワンマンコンサート〈bump.yハッピーバースデーconcert❤〜the 3rd departure〜〉を開催しました。

 小雨が降る中、会場を埋め尽くしたファンの期待感は開演前から最高潮。それもそのはずで純粋にライヴ・パフォーマンスで構成されたワンマンコンサートというのは実はbump.yにとって今回が初。メンバーも3周年記念ということで過去発売した楽曲のすべてを披露すると宣言していました。

 大きな期待の中コンサートはスタート。オープニングの映像がステージ・スクリーンに映し出され、1曲目「Wonderland」のイントロが流れるとメンバーがなんと客席後方から登場。ファンの間を通り抜け、元気いっぱいにステージに駆け上がり初っ端から気合いの入ったパフォーマンスを見せました。「ガラゲッチャ〜 GOTTA GETCHA〜」、「COSMOの瞳」を立て続けにパフォーマンスし、最初のMCでメンバー一人一人が挨拶。MCからはそれぞれの3周年記念ワンマンコンサートに対する意気込みが感じられました。

 続いて、桜庭ななみ主演のドラマ主題歌として7月24日にリリースされたばかりの最新曲「SAVAGE HEAVEN」を披露。bump.yの新境地と言える笑顔無しのシリアスな一面を見せた後は、メンバーのソロ・ダンス・コーナー。3年間の成長がうかがえるキレの良いダンスを次々に披露しました。この間にヘッドセットからマイクに持ち替え、「colors」、「Smileflower」と噛み締めるように熱唱。そのまま「Be Mine〜code of flowers〜」「One Emotion」「赤いマフラー」「サンデー」「2人の星〜離れていても〜」「卒業までに…」をメドレーで披露。そして「ともだち」では、メンバーが歌いながらステージを降り、客席へ。満員のファンとともに同じ目線で3周年記念日というこの日だけの時間を共有しました。

 その思いを振り返るように、続いて長めのMCコーナー。メンバーもデビュー当時の秘蔵写真を披露し思い出話に花を咲かせたり、をそれぞれモノマネなども披露するなど大盛り上がりで進み、トークコーナーの最後にデビューから3年分の軌跡をまとめた映像を上映。そしてここで上映中の画面にサプライズ!の文字が。この日のために用意された宮武美桜高月彩良による特別ユニット“by”の結成が宮武祭からアナウンスされました。

 衣装チェンジした宮武美桜と高月彩良の2人がステージに飛び出し未発表楽曲「ANOTHER SMILE」を2人で披露。歌い終わると他のメンバーも衣装チェンジして登場。夏休みの宿題の話から「エスケープ」のパフォーマンス。

 いよいよコンサートも終盤に突入し、「硝子の MAGIC」、「Kiss!」と続けて人気曲を披露。そして本編ラストは3年前のこの日に発売されたデビュー曲「voice」。盛大なア ンコールを受け衣装をチェンジし再度ステージに登場したbump.y。「ロマンティックMAYBE」でファンと一緒に盛り上がり、会場の笑顔は最高潮に。そしてこの日のクライマックス。メンバーが3年間分のbump.yに対する思いと、集まったファンに対する3年間分の感謝を一人一人自分の言葉で伝える。

 2回目の公演では、9月2日に誕生日を迎える松山メアリの為にファンがbump.y内での彼女のイメージカラーである黄色のペンライトを一斉に振ってお祝いするというサプライズが。感謝の気持ちを伝えようとした矢先のファンからのプレゼントに松山メアリも喜びで声を詰まらせていました。

 続いて桜庭ななみ、宮武美桜、高月彩良、宮武祭が順番にファンへの感謝を伝えながら、感極まり涙を流す場面も。また、1回目の公演では高月彩良が「私には夢があるんです! bump.yで武道館ワンマンをやりたい!」と夢を語り、ファンと一緒 に今後の躍進を誓いました。ラストは高らかに4年目の始まりを宣言し「New Day」を幸福感いっぱいに歌いきって記念すべき3周年ワンマンコンサートは大きな一体感と今後への期待感が溢れる中で終了しました。

 メドレー含めてbump.yの楽曲全19曲と未発表曲1曲の全20曲を披露。この日は15:00からの昼公演、18:00からの夜公演の計2公演で1,500人のファンが駆けつけました。bump.yは、9月1日に山野ホールで開催される〈ぽにきゃん!アイドル倶楽部 感謝祭 〜ライバルのライバルはアイドル!〜〉(出演:アイドリング!!!ウェザーガールズさんみゅ〜ベイビーレイズ)に出演します。

bump.y
ハッピーバースデーconcert❤〜the 3rd departure〜

[セットリスト]
M1.Wonderland
M2.ガラゲッチャ〜GOTTA GETCHA〜
M3.COSMOの瞳
M4.SAVAGE HEAVEN
(※7月24日発売ニューシングル)
ソロダンスコーナー
M5.colors
M6.Smileflower
(メドレー)
M7.Be Mine〜code of flowers〜
M8.One Emotion
M9.赤いマフラー
M10.サンデー
M11.2人の星〜離れていても〜
M12.卒業までに・・・
<※M7〜M12はメドレー>
M13.ともだち
M14.ANOTHER SMILE
(※特別ユニット“by”)
M15.エスケープ
M16.硝子のMAGIC
M17.Kiss!
M18.voice
〜アンコール〜
M19.ロマンチックMAYBE
M20.New Day
オール・ジャンル 最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ピアノ演奏の基礎の部分をショパンで構築してきた――牛田智大、10代最後に取り組んだショパン・アルバム[インタビュー] ホセ・ジェイムズが新レーベル「レインボー・ブロンド」を始動――第一弾アーティスト・ターリがデビュー・アルバムをリリース
[インタビュー] もうひとつのシティ・ポップ――Dos Monos『Dos City』[インタビュー] 音楽は、生き方そのもの BUPPON『enDroll』
[インタビュー] トリオ・レコードが遺したミュージカル作品 発売当時のディレクター徳光英和が『上海バンスキング』などについて語る[インタビュー] 想像を形にする“宇宙”を舞台とした、Shing02とSauce81の共作アルバム『S8102』
[インタビュー] 音ゲーは“音楽の楽しさを伝えるツール” モリモリあつし『タイムカプセル』[インタビュー] ブルッフの協奏曲は、人生のステージの中でいつも傍にあった曲──アラベラ・美歩・シュタインバッハー、〈東芝グランドコンサート2019〉に出演
[インタビュー] 新しいセッションだから“シーズン2” Mari & Bux Bunny シーズン2始動[インタビュー] いまだからこそ作れたコレクション 鈴木惣一朗が細野晴臣プロデュース・レーベル「ノンスタンダード」について語る
[インタビュー] 仏教と音楽が私の楽しみであり、人生のともしび――三浦明利『いのちのともしび』[インタビュー] THREE1989が挑んだ“愛のアルバム”『Kiss』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015