ニュース

CHAKRA、デビュー前の未発表音源集を発表 板倉文「『おとはじめ』は本当の意味で、オリジナルです」

チャクラ   2023/09/19掲載(Last Update:23/09/20 16:40)
はてなブックマークに追加
CHAKRA、デビュー前の未発表音源集を発表 板倉文「『おとはじめ』は本当の意味で、オリジナルです」
 ニューウェーヴ・シーンを代表するバンド、CHAKRAが、デビュー前の1978年〜1980年に遺した未発表スタジオ録音音源集『おとはじめ』を「galabox disx」より10月4日(水)にリリースします。

 ギタリストでありコンポーザーでもある板倉文が中心となって結成され、1978年にヴォーカルの小川美潮が加入してCHAKRAとして始動。1980年7月にリリースされた矢野誠のプロデュースによる1stアルバム『CHAKRA』をはじめ、81年に細野晴臣プロデュースの2ndアルバム『さてこそ』、そして83年発表の『南洋でヨイショ』と、3枚のオリジナル・アルバムをリリースしています。

 今回のアルバムは、小川美潮が加入して1stアルバムのレコーディング直前までに3ヵ所で行なわれたスタジオ録音の貴重な秘蔵音源集。録音メンバーは、小川美潮(vo)、板倉文(g)、南明徳(g)、勝俣伸吾(key)、友貞一正(b)、幸田実(b)、水村敬一(ds)、横沢龍太郎(perc)。マスタリングは、後にCHAKRAメンバーとなる近藤達郎が手掛けています。

 2曲目の「雨」以外は初出の音源で、スタジオ録音音源としては未発表曲も多数。アルバム『CHAKRA』には単曲として収録されている「あこがれ」は元々、組曲「東京スウィート」に含まれており、組曲全曲、作詞も板倉文による原型ヴァージョンでの収録となっています。また、「島の娘」も同様に、原曲の板倉文作詞ヴァージョンを収録されるほか、デビュー曲となった「福の種」も若干違う詞で楽しめます。

 活動期間は短かったものの、今も海外にも根強いファンを持つ伝説のバンドCHAKRA。今回の発掘秘蔵音源集は、世界中のCHAKRAファン騒然の1枚となることでしょう。

 なお、11月3日(金・祝)「レコードの日」には久々に板倉文と小川美潮による書下ろし新曲「転がる水」が7inch vinylでリリースされます。また、10月16(月)に、東京・新宿ロフトプラスワンにて発売記念のトークイベントも決定。詳細は新宿ロフトプラスワンのホームぺージをご確認ください。

[コメント]
ネム音楽院で意気投合した友貞一正と板倉 文は自分達のバンドを組もうと、僕はDrm.の水村敬一と、Voの山際祥子(以下Qちゃん).友貞一正(以下ガンちゃん)はGuit.の南明徳を連れて来て、
key..の勝俣伸吾はオーディションでチャクラの母体が出来たんです。
都立大学駅からそう遠く無い所に学習塾のなかに練習する個人スタジオがあって水村君の知り合いからそこを使えるように手配して貰ったんです。
塾の始まる頃は音を出せないから午前中から練習してました。
6段筋のような体操から始まり瞑想音楽、ブルースのセッション、それからレパートリーの練習。
週3日ほどそれを続けていました。
最初のVo.Qちゃんが瞑想音楽が嫌だったみたいで、脱退しました。
さて、新しいVocalistにオーディションをしますが、そこに小川美潮がやって来て正式メンバーに迎えいれられました。
オリジナル曲を中心にレパートリーが、ライブが出来るくらいになって
ガソリン-アレイをはじめに都内のライブハウスでチャクラと名乗り活動をこなしていきました。
レコード会社も視野に入れるようになって、デモテープを録ったのが今回世に出る事になり、とても感慨深いです。
レコードデビューする際に不本意ながら6人から5人になりオリジナル曲の歌詞も変えることになりましたが。
この『おとはじめ』は本当の意味で、オリジナルです。

――板倉文

以前からいつか出したいと思っていた音源が、ついに世に出ることになった今年。
気がついてみればチャクラ45周年の節目でした。
なんか祝福されてるようで嬉しくて、みなさんにもお分けするので、
一緒に喜んでくれたら大好きよ♪

――小川美潮

世界中のレコード・ディガーによる発見作業が続くチャクラは、実はまだ歴史の一部分が発見されたに過ぎなかった。
デビュー前、スタジオで録音されていた驚愕の秘蔵音源が遂にお披露目。
こんな完成度の高い世界がデビュー前にスタジオで作り上げられていたとは。
無国籍、エスノ、オリエンタル、サウダージ、アヴァンギャルド、ニューウェイヴ。80年代に重要なキーワードとなる種は、既にこの時点でまかれていたのだ。
玉手箱を開けた瞬間、音が現在と未来につながっていく。
これを希望と呼ばずして何と言おう。
こういう時代だからこそ、「福の種」はもっともっと世界中にまかれなければいけないのだ。

――小暮秀夫(音楽ライター)



■2023年10月4日(水)発売
CHAKRA
『おとはじめ』

CD glcx-007 3,300円(税込)
galabox.jp/product/612

[Track List]
01. つゆ
02. 雨
03. Chinom Tabogari(プリアタン村のガムラン)
04. 小舟
05. おにわそと(ぶらぶら・・・らぶ)
06. 音無月
07. はねる
08. 魔法のチーズケーキ
09. 福の種
10. 島の娘
11. 東京スウィート
1)モーニング・トップス
2)オープン・スペース
3)あこがれ
4)グッドナイト東京

発売記念トークイベント
loft-prj.co.jp/schedule/plusone/261064
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 田中彩子  デビュー10周年を迎え「これまでの私のベスト」な選曲のリサイタルを開催[インタビュー] 宮本笑里  “ヴァイオリンで愛を奏でる”11年ぶりのベスト・アルバムを発表
[インタビュー] YOYOKA    世界が注目する14歳のドラマーが語る、アメリカでの音楽活動と「Layfic Tone®」のヘッドフォン[インタビュー] 松尾清憲 ソロ・デビュー40周年 めくるめくポップ・ワールド全開の新作
[インタビュー] AATA  過去と現在の自分を全肯定してあげたい 10年間の集大成となる自信の一枚が完成[インタビュー] ソウル&ファンク・ユニットMen Spyder 初のEPを発表
[インタビュー] KMC 全曲O.N.Oによるビート THA BLUE HERBプロデュースの新作[インタビュー] 魚返明未 日本の新世代ジャズを牽引するピアニストが、新たなトリオでアルバムを発表
[インタビュー] みやけん 人気ピアノYouTuber 『俺のヒットパレード!』第4弾リリース![インタビュー] Billyrrom 注目の新世代バンドに聞く新章突入と〈HEADZ 〜NEW HOT WAVE〜〉出演への思い
[インタビュー] 町あかりの歌謡曲・春夏秋冬 春のテーマは「ディスコ」![インタビュー] Arvin homa aya  実力派シンガーの話題曲 アナログで連続リリース
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015