ニュース

D☆DATE、シングル2ヵ月連続リリースを皮切りにプロジェクト第2章が始動!

D☆DATE   2011/11/28 15:34掲載
はてなブックマークに追加
D☆DATE、シングル2ヵ月連続リリースを皮切りにプロジェクト第2章が始動!
 人気俳優集団「D-BOYS」から生まれた4人組音楽グループ、D☆DATE。2012年1月発売の4thシングル「Love Heaven」に続き、翌2月には5thシングル「JOKER」と、2ヵ月連続でシングル・リリースを行なうことが決定しました。

 デビューから1周年を記念した、2012年のパワーアップ計画の一環として発表されたこのリリース。4thシングルの「Love Heaven」は、内なる強さと愛を表現したD☆DATE初となるラブ・ソング。BEAST「BAD GIRL」などを手がけていることでも知られるLEE SANG HO氏がサウンド・プロデュースを担当し、D☆DATEリーダーの荒木宏文がメンバー初となる作詞を担当しています(荒木は4thシングル収録曲すべての作詞を担当)。

 そして、5thシングルの「JOKER」は、GReeeeN、BACK-ONなどを手がける人気プロデューサー、JIN氏が初参戦した作品。この世界観をもとに、メンバー初主演となるショート・ムービーの制作も決定しています。

 なお、このD☆DATEプロジェクト第2章始動前の12月に、彼らは今夏行なわれた赤坂BLITZでのワンマン・ライヴを収録したDVDをリリース。また東京、大阪、名古屋、福岡での、「Love Heaven」発売記念イベントの開催も決定しており、ファンにとっては嬉しくも待ち遠しい、そんな年末年始になりそうです!


<瀬戸康史からのコメント>
僕らD☆DATEはデビューして間もなく1年を迎えます。
いろいろな事を乗り越え、更に前へ進もうとしています。
そんな中、今回初のLOVESONGやヒットメーカーの方々を迎える事によってクールで力強い、新たなD☆DATEを皆様にお見せします。

<五十嵐隼士からのコメント>
役者としてもアーティストとしても沢山の人に影響を与えるには、スキルをあげなきゃいけない!
その想いから4thシングルに向けて2011年の夏に強化レッスンを行ないました。
これまでよりさらにパワーアップしたダンス、歌に是非、注目してください!!
そして5thシングルにはGReeeeNの「キセキ」を手掛けたJINさんにプロデュースして貰うことになり、ルーキーズに出演していた僕にとってキセキと並ぶ想いで歌いたいと思います。

<堀井新太からのコメント>
新しく進化したD☆DATEを2011年、2ヵ月連続して皆さんにお届けできることを自分自身も今からとても楽しみです!
 僕自身、一番年下のメンバーですが、初めて挑戦するラブ・ソング。精一杯表現したいと思います!

<荒木宏文からのコメント>
D☆DATE、2011年課題を見つけ、クリアにし、また課題を見つけ進んで来ました。
そして、新たに力をつけ新生D☆DATEとして2012年、1月、2月と、2ヵ月連続リリースを皮切りに始動します。
4thシングルは、初のラブソングを俺、荒木宏文が作詞しました。
男性には強くいよう、女性にはいつでも甘えて欲しいというメッセージを込めて書かせてもらいました。
頼りなく見える男子が一生懸命彼女を守る想いを激しいダンスでお届けします。
5thシングルは、プロデューサーのJINさんに作って頂けることになりました。
どちらも、今までとは違う進化したD☆DATEをお届け出来ると思います。是非よろしくお願いします。

<JINからのコメント>
D☆DATEは、可愛らしくて男前なグループ。というのが最初の印象です。
今持っている魅力とはまた違う意味で、セクシーさがでる様な、それでいて皆様に愛されるようなグループとして、新しい一面を演出できればという想いでこの曲を作りました。一人でも多くの人に、エンターテインメントを通じて夢を届けて欲しいです。
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ピアノ演奏の基礎の部分をショパンで構築してきた――牛田智大、10代最後に取り組んだショパン・アルバム[インタビュー] ホセ・ジェイムズが新レーベル「レインボー・ブロンド」を始動――第一弾アーティスト・ターリがデビュー・アルバムをリリース
[インタビュー] もうひとつのシティ・ポップ――Dos Monos『Dos City』[インタビュー] 音楽は、生き方そのもの BUPPON『enDroll』
[インタビュー] トリオ・レコードが遺したミュージカル作品 発売当時のディレクター徳光英和が『上海バンスキング』などについて語る[インタビュー] 想像を形にする“宇宙”を舞台とした、Shing02とSauce81の共作アルバム『S8102』
[インタビュー] 音ゲーは“音楽の楽しさを伝えるツール” モリモリあつし『タイムカプセル』[インタビュー] ブルッフの協奏曲は、人生のステージの中でいつも傍にあった曲──アラベラ・美歩・シュタインバッハー、〈東芝グランドコンサート2019〉に出演
[インタビュー] 新しいセッションだから“シーズン2” Mari & Bux Bunny シーズン2始動[インタビュー] いまだからこそ作れたコレクション 鈴木惣一朗が細野晴臣プロデュース・レーベル「ノンスタンダード」について語る
[インタビュー] 仏教と音楽が私の楽しみであり、人生のともしび――三浦明利『いのちのともしび』[インタビュー] THREE1989が挑んだ“愛のアルバム”『Kiss』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015