ニュース

デヴィッド・バーン、ニュー・アルバム『American Utopia』を発表

デヴィッド・バーン(David Byrne)   2018/01/31 12:33掲載
はてなブックマークに追加
デヴィッド・バーン、ニュー・アルバム『American Utopia』を発表
 デヴィッド・バーンがニュー・アルバム『American Utopia』を3月9日(金)にリリース。セイント・ヴィンセントとの『ラヴ・ディス・ジャイアント』(2012)、ファットボーイ・スリム(ノーマン・クック)との『ヒア・ライズ・ラヴ』(2010)、ブライアン・イーノとの『エヴリシング・ザット・ハプンズ・ウィル・ハプン・トゥデイ』(2008)とコラボレーション・アルバムを立て続けに発表してきたデヴィッド・バーンのソロ名義アルバムは、2004年の『グロウン・バックワーズ』以来14年ぶり。国内盤の発売は未定。アルバムからは収録曲の「Everybody's Coming To My House」が公開されています。

 長年のコラボレーターであるブライアン・イーノや、ザ・エックス・エックスを手がけたロディ・マクドナルドと共に米ニューヨークと英ロンドンで制作されたアルバムには、ワンオートリックス・ポイント・ネヴァーダニエル・ロパティン)、サンファジャム・シティ、ダヴマン(トーマス・バートレット)らが参加。発売後にはワールド・ツアーが予定されています。

 また、今月ニューヨークで開催されたフェスティヴァル〈Under The Radar〉にて、デヴィッド・バーンとカナダの合唱グループ“choir! choir! choir!”が歌ったデヴィッド・ボウイ「ヒーローズ」のカヴァーも併せて公開中。



■2018年3月9日(金)発売
David Byrne
『American Utopia』

税込1,600円

[収録曲]
01. I Dance Like This
02. Gasoline And Dirty Sheets
03. Every Day Is A Miracle
04. Dog's Mind
05. This Is That
06. It's Not Dark Up Here
07. Bullet
08. Doing The Right Thing
09. Everybody's Coming To My House
10. Here
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “バトル・ブーム以降”を踏まえて、大きな場所でやることの意味 輪入道『暴動祭』[インタビュー] 生まれ変わる必要なく、いつでも少年の心に戻れる――KOJOE『2nd Childhood』
[インタビュー] 一言で言うと、青春――DÉ DÉ MOUSEが“アガる”もの『be yourself』[インタビュー] マンチェスターから世界へ羽ばたいた“2010年代UKジャズの先駆者” ゴーゴー・ペンギンのサウンド方法論
[インタビュー] chelmicoのマイペースな“無敵感”が詰まったメジャー・デビュー・アルバム『POWER』[インタビュー] “いつ聴いてもハッピーになれる曲”を目指して 京都在住シンガー・ソングライター、竹内アンナのデビュー作『at ONE』
[インタビュー] 熟成とフレッシュネス BTB改め“BTB特効”初のオリジナル・アルバム『SWEET MACHINE』[インタビュー] 南 佳孝が語る、ショーボート・レーベル第1弾作品『摩天楼のヒロイン』
[インタビュー] 素晴らしい演奏家のみなさんと出会い、サントラを作れたのは本当に幸せ――作曲家、富貴晴美が語る『西郷どん』の音楽[インタビュー] 絶望を掻き消す――“今やりたいこと”を追求してきたLM.Cが導き出す未来とは
[インタビュー] 楽器と理解し合って音楽を作っていく――東儀秀樹、“篳篥で歌う”映画音楽集をリリース[インタビュー] 自分なりの“B面的世界” 大西ユカリによるソウル・カヴァー作『BLACK BOX』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015