ニュース

H ZETTRIO、全国ツアーの追加公演をオーチャードホールにて開催

H ZETTRIO   2019/12/05 13:57掲載
はてなブックマークに追加
H ZETTRIO、全国ツアーの追加公演をオーチャードホールにて開催
 H ZETTRIOが、12月3日に東京・渋谷Bunkamura オーチャードホールにて〈H ZETTRIO TOUR 2019 -気分上々-〉の追加公演を開催しました。

 老若男女、世代を超えて愛されるピアノトリオが「1年を締めくくる集大成としたい」と話していたこの公演は、平日にも関わらず多くのオーディエンスがつめかけ、会場は鮮やかな彩りに満ちました。そして本公演中に、2020年開催の約2年振りのライヴハウス・ツアーおよび、その前哨戦として開催される12月28日(土)東京・恵比寿 リキッドルーム公演も発表されました。

Photo by Yuta Ito & Koharu Kudo

[ライヴ・レポート]
 12月に入り、少しずつクリスマスムードが高まりつつある渋谷の街。

 Bunkamura オーチャードホールのステージに立つ唯一無二のピアノトリオ「H ZETTRIO」の姿を見ようと、平日の公演だからなのか、いつもより少し大人の人々が多く会場を埋めた。この日は今年、12ヶ月連続でリリースされたシングル曲全てが演奏されることになっていた。

 オープニングは、11月にリリースされ、来年元旦発売のアルバムタイトル曲にもなっている「レソラ」。同曲のイントロが会場に響き渡ると同時に客席の照明が落ち、ステージ中央に置かれた巨大な球体のスクリーンにレーザーで文字が描かれる。「FUNNY」「SMILE」「HAPPY 」等、 H ZETTRIOの音楽のキーワードが次々と映し出され最後に「Feel so good!!!」の文字が出るとその球体が浮上、背後からH ZETTRIO3人の姿が現れた。鳴り響く生楽器の演奏に客席からは大きな歓声が上がる。

拡大表示

 大胆斬新な演出に大盛り上がりの客席は「Virtual World (Jazz)」「幻想ノスタルジック」と畳み掛けられるH ZETTRIOの熱い演奏に、序盤から大いに盛り上がりH ZETTRIOの多彩な音色がオーチャードホールを染め上げていく。

拡大表示

 続くMCではH ZETT M(pf/青鼻)から「ようこそ!オーチャードホールへ!」と歓迎の言葉があり、そこから「Lovely」のメロディアスなイントロが始まると、ステージが動き出しH ZETT NIRE(bass/赤鼻)が前方に移動した。

拡大表示

 「NIRE The Bassman」に続いて演奏されたのは、この季節にぴったりのカバー曲「赤鼻のトナカイ」。聞き慣れたメロディーが独自のアンサンブルとグルーヴで、クールで少しアダルトな印象に仕上がっている。

 その後、ファンからの要望に応え、作成された「Z界のテーマ」、そして今年のツアータイトルにもなった「気分上々 - Woo - he!! -」が球体スクリーンに映し出されたMVと共に届けられる。

 「Relax Time」「明日の景色」とミドルテンポからスローテンポな楽曲も披露。緩急を自在に操りながら、確実にグルーヴをキープするリズムセクションのH ZETT NIRE、H ZETT KOU(Drums/銀鼻)の技術が光る。おもむろにH ZETT Mがピアノソロを弾き出し、もはや肉眼では追いきれないほどの指捌きに会場が湧く。

 再び3人を乗せたステージが動き出すと、そのまま「PIANO CRAZE」へ突入し、超高速の指捌きをキープしたまま「Z ディスカバリー」「What’s Next」。雪崩のように押し寄せる音の波は、驚きと感動、様々に観客の感情を揺さぶりながら押し寄せ、観客をH ZETTRIOの世界へと連れ去った。

拡大表示


拡大表示

 「Get Happy!」「パノラマビュー」と初期の楽曲も飛び出し、この3人の進化が感じられる瞬間もありながら、いよいよ本編ラストを迎える。今年の元旦、毎月の連続リリースの皮切りとなった楽曲「Journey」が始まった。まさにタイトル通り本年は大冒険をしてきた彼らを象徴するかのような演奏に客席は大きな感動で包まれた。

 鳴り止まないアンコールの中、再びステージに登場し、大歓声に応えるH ZETTRIO。

 年末まで続くツアーも終盤となり、来年1/1元旦発売のアルバム、それに伴うホールツアー「RE-SO-LA Tour 2020 先駆けトリオピックVol.1」に加え、来年も12ヶ月連続シングル配信をすることも発表し、さらに、なんと来年の2月から4月にかけて約2年ぶりのライヴハウスツアー「先駆けトリオピックVol.2」の開催、しかもその前哨戦として年末12月28日(土)に恵比寿リキッドルームで「先駆けトリオピックVol.0」の開催することも発表された。そのライヴ規模を年々拡大し、ホールでの大規模なライヴが続いていたH ZETTRIOだが、SNSなどでは「もう一度ライヴハウスで見たい!」「スタンディングで彼らの音楽を楽しんでみたい!」という声が多く、ついにそれに応えた形となった。

 歓喜に沸くオーディエンスに12月1日に発売されたばかりの「また会いましょう」。この日の本当の最後にはH ZETT Mの一声で総立ちとなった客席に「Birds Fly」を届けて本公演はその幕を閉じた。

 感動と笑顔に満ちた空間は約2時間はあっという間に過ぎさったが、気分上々ツアーは今後も12月6日(金)、7日(土)の福岡・都久志会館2days、8日(日)の三重・川越町あいあいホール、14日(土)東京 立川市民会館、21日(土)、22日(日)の大阪メルパルクホール2daysと年末までまだまだ続いていく。更に大晦日にはテレビ神奈川にてH ZETTRIOのレギュラーTV番組「SPEED MUSIC -ソクドノオンガク」の5時間ぶっ通し特番も決定し、全部で約60曲ものカバー演奏が披露される。

 H ZETTRIOが公演を重ねるたびに進化していく瞬間をぜひ見逃さぬよう、スケジュールをチェックしていただきたい。


拡大表示


H ZETTRIO 年末大演会2019 先駆け2020トリオピック前哨戦
www.worldapart.co.jp/hzettm/live/#08162019233545

H ZETTRIO〈RE-SO-LA Tour 2020 先駆けトリオピック Vol.1〉
www.worldapart.co.jp/hzettm/live/#11012019150545
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] maco marets 気鋭のラッパーが語る、ひとくぎりの3枚目『Circles』までの道のり[インタビュー] チャクラ 強烈な個性で伝説的存在となっているバンドの未発表ライヴCDを、チリ人のマニアが制作
[インタビュー] 女子のリアルを綴るSSW、コレサワ “すごく前向きな”失恋アルバム[特集] Sound Schedule 鮮度の高い演奏を聞かせる3人組 2020年ライヴ最速レポ
[インタビュー] 眉村ちあき 弾き語りトラックメイカーアイドル あらゆる面で成長した渾身の新作[インタビュー] 湯浅湾 我々は“望まない” 10年ぶりの新作『脈』をバンマスが解説
[インタビュー] SKY-HIからエルメート・パスコアールまで、多彩なゲストを迎えた全曲オリジナルの新作『イン・ザ・キー・オブ・ジョイ』を発表[インタビュー] Soggy Cheerios(ソギー・チェリオス) 新たな局面を迎える手応え
[インタビュー] 神保 彰 NYとLAで録音、“月”と“太陽”をイメージした2枚のアルバムを元旦にリリース[インタビュー] “あーた”から“AATA”へ 注目のシンガー・ソングライターがその音楽人生を振り返る超ロング・インタビュー!
[インタビュー] KAITO もう一回自分を“ここ”に戻してくれた音楽たち[インタビュー] ケイコ・リーが70〜80年代洋楽ヒットなどを歌う
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015