ニュース

ハナレグミ、来年1月26日に新作!

ハナレグミ   2004/11/19掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 スーパーバタードッグのフロントマン、永積タカシによる一人ユニット、ハナレグミリトル・クリーチャーズの鈴木正人とワールド・スタンダードの鈴木惣一郎をプロデュースに迎え、今年1月に発表した『日々のあわ』(写真)以来のオリジナル・アルバム『帰ってから歌いたくなってもいいようにと思ったのだ。』(TOCT-25579 \2,700(税込))が来年1月26日にラインナップ!

 本作は永積の自宅でホーム・レコーディングされた完全宅録アルバムとのこと。その曲目をみると、スーパーバタードッグ(「ティップ ティップ」「踊る人たち」「ボク・モード キミ・モード」)、くるり(「男の子と女の子」)、ロッキングタイム(「ありふれた言葉」)のカヴァーほか、オリジナルの新録曲7曲を含む全13曲を予定しているようです。どこまでも優しい歌声で聴く者をすっかり虜にするハナレグミ。そんな魅力が最大限に生かされた、名作度の高い作品に仕上がった模様。まだ少し先のリリースではありますが、お忘れなきように!

ハナレグミ『帰ってから歌いたくなってもいいようにと思ったのだ。』
1. ティップ ティップ
2. 督促嬢
3. かえる
4. 僕は君じゃないから
5. 男の子と女の子
6. ねむるのまち〜tidur tidur〜
7. ハナレイ ハマベイ
8. 踊る人たち
9. ボク・モード キミ・モード
10. ハナレ ビイト
11. 明日へゆけ
12. ありふれた言葉
13. Happy Birthday To You
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] さらに成長をとげた2nd EPをリリース、鞘師里保[インタビュー] 和田彩花、全作詞とアートワークを手掛けたアルバム完成
[特集] 『マッカートニー 3,2,1』ポール・マッカートニーがこれまでの音楽活動をリック・ルービンと語るドキュメンタリー[インタビュー] デビュー20周年のジャズ・ヴォーカリスト、待望の新曲をリリース Shiho
[インタビュー] BeatleDNA、ビートルズへの思いがあふれる人気シリーズが完結 制作担当者が語る実現までの笑いと涙[インタビュー] 西から上がるロックンロール新時代の狼煙、THE PERRY
[インタビュー] 山中千尋、レコード・デビュー20周年を記念して、新録を含むバラード・ベスト・アルバムを発表[インタビュー] 佐藤浩市、キャリア初のヴォーカル・アルバムは豪華ゲストを迎えた無観客ライヴ
[インタビュー] 連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」のサントラを音楽担当の金子隆博が語る[インタビュー] こだわりがつまった完全セルフプロデュースEP、山村 響
[特集] ドキュメンタリー作品『ザ・ビートルズ:Get Back』を観た![インタビュー] ILL-BOSSTINO(THA BLUE HERB)、dj hondaとのジョイント・フルアルバムを発表
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015