ニュース

東京交響楽団正指揮者に原田慶太楼が就任

原田慶太楼   2020/07/13 16:04掲載
はてなブックマークに追加
東京交響楽団正指揮者に原田慶太楼が就任
 2020年シーズンから、米ジョージア州サヴァンナ・フィルハーモニックの音楽&芸術監督への就任が予定されている指揮者の原田慶太楼が、東京交響楽団の正指揮者に就任します。任期は2021年4月1日(木)から2024年3月末までの3年間です。

 原田と東京交響楽団は、2016年11月のフレッシュ名曲コンサート以来、テレビ番組「題名のない音楽会」、学校での音楽鑑賞会など多岐にわたるプログラムで共演してきました。2020年3月と6月には、無観客動画配信「東京交響楽団Live from Muza!」に出演。その指揮に加え、わかりやすい解説とナビゲートも好評を博しました。2021年4月に開催される就任コンサートでは、ショスタコーヴィチ第10番などを予定しています。

[コメント]
私は主にアメリカを拠点に活動してまいりましたが、この度、日本において初めてポジションを持ち、東京交響楽団とファミリーになれた事をとても嬉しく、また、時間をかけてプロジェクトや将来を作って行けることをとても楽しみにしております。そして、音楽監督ジョナサン・ノット氏のヴィジョンにプラスになる存在でありたいと思っています。クラシックだけではなく、ポップス、ジャズ、映画音楽など、アメリカでの演奏活動で培った音楽をボーダレスに東京交響楽団と一緒に、日本の皆様に紹介して行きたいと思います。私が最も大切にしている教育音楽にも力を入れ、日本の子供たち、学生たちにクラシック音楽の素晴らしさを伝えたいと思います。コンサート会場でお目にかかれますことを楽しみにしております。
――原田慶太楼

この度、当楽団は原田慶太楼さんを正指揮者に迎えることになりました。これは特にアメリカで着実にキャリアを築いている原田さんなれば当楽団に更に新しい風を吹き込んでくれることを期待してお願いしたものです。(音楽監督のジョナサン・)ノット監督による「斬新なプログラムおよびヨーロッパサウンド」と原田さんの「新しいレパートリーおよびアメリカンサウンド」の対比にご期待ください。コロナ禍で先が見えない世の中ですが、新しい仲間を得て、当楽団はより一層結集し演奏をおとどけしたいと思います。
――大野順二(公益財団法人東京交響楽団 専務理事 楽団長)

東京交響楽団
tokyosymphony.jp
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] ドキュメンタリー作品『ザ・ビートルズ:Get Back』を観た![インタビュー] ILL-BOSSTINO(THA BLUE HERB)、dj hondaとのジョイント・フルアルバムを発表
[特集] スティング、「僕らには架け橋が必要なんだ」新作『ザ・ブリッジ』を本人のコメントとともに徹底解説[インタビュー] 藤木大地、日本が世界に誇るカウンターテナーが舞台をもとにした新作アルバムを発表
[インタビュー] “ひねくれポップの大団円”がつぽんず、初の全国流通版[インタビュー] カーネーション、4年ぶり通算18枚目のアルバム
[インタビュー] 在ノルウェーのピアニストがECMからの初リーダー作で聞かせる“静寂の美”、田中鮎美[特集] ストーンズたらしめる音楽を磨き上げた傑作の40周年記念エディションを聴く
[インタビュー] ももすももす、ドラマ『どうせもう逃げられない』主題歌「サーモクライン」を発表[インタビュー] ちゃんみな、集大成ともいえる3rdフル・アルバム その名も『ハレンチ』
[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす[インタビュー] 荘村清志 30〜40年ぶりに弾き、その魅力に引き込まれたアルベニスの作品集に込められた思い
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015