ニュース

「ラジオでの聴き比べはすごく面白かったし嬉しい企画でした」原田知世の特番が文化放送でオンエア

原田知世   2015/04/22 15:17掲載
はてなブックマークに追加
「ラジオでの聴き比べはすごく面白かったし嬉しい企画でした」原田知世の特番が文化放送でオンエア
 4月23日(木)20:00より、文化放送(AM1134)では原田知世の特別番組『原田知世の「恋愛小説」〜あの物語の中で逢いましょう〜』を放送。番組では、原田のカヴァー・アルバム『恋愛小説』の楽曲を、本人による紹介でたっぷりとオンエアします。

 このほど番組の収録が行なわれ、オリジナルと『恋愛小説』との聴き比べ企画を「ラジオでの聴き比べはすごく面白かったし嬉しい企画でした」とコメントした原田。アルバムについては、「これまでは音楽を、等身大の自分を出せる場所として、女優とは切り離して考えてきましたが、今だったら女優としての自分と融合して何か作品ができるのではないかと思って」「脚本をいただいて役を演じたという感じです」とか。

 またゲストとして今回、『恋愛小説』のプロデュースとアレンジを担当した伊藤ゴローが出演。ノラ・ジョーンズ「Don't Know Why」のカヴァーでは、この曲を作曲したジェシー・ハリスとデュエットしていますが、その経緯や、苦労した点など、制作秘話も2人がたっぷり語っています。さらに、原田が思春期に影響を受けた楽曲やミュージシャンなど、本人がその思いと共に次々とオンエア。“原田知世の今”に通じるたくさんの音楽と、彼女の個性や魅力が詰まった1時間半、注目です。

 最後に、ラジオ収録を終えての感想を尋ねると「1時間半、ラジオでたっぷりお話できて良かったです。お話しするのは苦手なのですが、上手に引き出していただいてリラックスして話せました」(原田)と笑顔。「自然発生的に生まれてくるものに、素直に、気負わず作ることができました」(原田)というカヴァー・アルバム『恋愛小説』は絶賛発売中です。

原田知世の「恋愛小説」〜あの物語の中で逢いましょう〜
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表[インタビュー] マックス・リヒター、重要作をほぼ網羅&自身も演奏に参加する15年ぶりの来日公演開催
[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ[インタビュー] ベイ・エリア・ヒップホップへの偏愛――ILL-TEE「STAY TRUE / BOTTLE AFTER BOTTLE」
[特集] セットリストはおなじみの名曲ばかり! 新作完成を記念したトレヴァー・ホーン最新ライヴ・レポート[インタビュー] 20年に愛と感謝を込めて――守屋純子オーケストラの定期公演「20 Years of Gratitude」
[インタビュー] 周りとは違うやり方で、どれだけ存在感を示していけるか 18scottとSUNNOVAの見つめる先とは[インタビュー] ストイックさとグルーヴ感を併せ持つテクノDJ、Sakiko Osawaが初のフル・アルバムをリリース
[インタビュー] アーティストとしての成長が呼んだ“物言わぬ感性の一致” 早見沙織『JUNCTION』[インタビュー] 現代ヒップホップにおける“プロデュース”について考える――Ryohu『Ten Twenty』
[インタビュー] 丸みのある、自然体の音楽 Opus Inn『Time Rolls On』[インタビュー] 消費者だったら消費者らしく盛り上がれ “侵食する”ARKHAM
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015