ニュース

平井 堅、自身初のコラボ・シングル「グロテスク」は安室奈美恵と共演

平井堅   2014/03/10 15:39掲載
はてなブックマークに追加
平井 堅、自身初のコラボ・シングル「グロテスク」は安室奈美恵と共演
 平井 堅が約2年ぶりとなるニュー・シングル「グロテスク」を4月2日(水)にリリースすることを発表しました。タイトル曲は、フィーチャリングに安室奈美恵を迎えたデュエット・ソング。作詞は平井自身が手がけ、人間の表と裏、本音と建前、抱えなければいけない矛盾に対して、真っ向から切り込み、現代を生きる人々に問いかけていく濃厚なエネルギーを放つポップ・チューンとのこと。

 このコラボが実現したきっかけは、2013年初頭に平井から安室に届けられた一通の手紙。ツアーが行なわれる度に会場に足を運び、新作も必ずチェックするほど、安室をリスペクトしている平井が、自身の作品で、音だけに限らず2人が並んだビジュアル含めての共演を熱望したところ、実現! この「グロテスク」の制作には約1年もの月日が費やされることとなり、楽曲デモは国内外問わず100曲以上集められ、厳選に厳選が重ねられました。そして、平井が手がけた歌詞も、様々な角度からのトライと思考錯誤が繰り返された後、ようやくレコーディングと撮影へと進行、遂に完成へ。

 デビューから20年近く経つ平井が自身のシングル曲でコラボレーションをするのは今回が初。「僕のキャリア初のコラボレーション・シングルです。どうせやるなら強いもの、2人並んだ絵がキャッチーな方を想像した時に、真っ先に浮かんだのが安室奈美恵さんでした。常に映像や写真をイメージしながら制作を進めた、言うなれば“ビジュアルシングル”です。多くを語らず、ストイックに歌と踊りを磨き続ける彼女と何を歌うべきかと熟考した結果、この〈グロテスク〉が完成しました。人間の奥底に潜む負の感情、建前に覆われた本音を僕と安室さんがサビで交互にぶつけ合う、まさに1対1の人生尋問。生きることに葛藤し、格闘する全ての人への、僕なりの少々歪んだ応援歌です。今回のコラボレーションを快諾し、最高の歌唱とパフォーマンスで華を添えて下さった安室さんに心から感謝しています」とコメント。

 また、安室も、「平井さんにとって初のコラボレーション・シングルに参加させて頂いたこと、とても光栄です。歌詞の奥深い世界観を女性側から表現することで、より多くの方にその魅力を伝えることが出来れば、嬉しいです」とコメントしています。

 本作はカップリングも充実、初回生産限定盤Bとフルヴォリューム通常盤には「ミサワホーム」TV-CMソングとして話題を呼び、2013年10月に配信された「桔梗が丘」を収録。サウンド・プロデュースに大橋トリオを迎え、緩やかさと温かみを帯びた優しいピアノ・バラード。

 通常盤にはさらに、日本赤十字社「二十歳の献血キャンペーン」TV-CM(2013年)のテーマ・ソング「青空傘下」を収録。演奏、編曲にはアコースティック・ギター・デュオのゴンチチが参加、温かく優しい音色が絶妙にマッチ。

 そんな新作の発表と同時に、昨年開催15周年を迎えたコンセプト・ライヴ〈Ken's Bar〉15周年公演の第4弾として、さいたまスーパーアリーナ公演が開催されることも明らかになっています!
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] 映像配信サービス「dTV」に新ジャンル「ライブ」が誕生、ひと味違うライブ体験ができるその魅力[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ
[インタビュー] 新作アルバムは、ずっと愛奏している作品で構成したオール・ショパン・プログラム、小林愛実[特集] 「Sony Park展」第3弾「ファイナンスは、詩だ。」 東京スカパラダイスオーケストラインタビュー
[インタビュー] 活動10周年にして集大成さくら学院ラスト・インタビュー[インタビュー] チャレンジ精神に歌とダンスでエールを送る 新曲は『新幹線変形ロボ シンカリオンZ』主題歌、BOYS AND MEN
[特集] Sony Park展「音楽は旅だ」「カンタビレIN THE PARK」レポート 奥田民生[特集] クラウン時代のラスト・アルバム(鈴木茂コスモス’51リミックス発売記念ライブ)白熱のライヴ・レポート、鈴木茂
[インタビュー] 千住真理子、音楽は時空を超えて旅をする 新作はヴァイオリンで歌う世界のメロディ[インタビュー] ユーミン、じゃがたら、『みんなのうた』…、新作は原曲と違う風景が見えるカヴァー集 KERA
[インタビュー] 宮本笑里×DAITA 恐竜科学博の壮大なテーマ曲で実現した、異なる弦楽器のコラボレーション[インタビュー] 架空の映画のサウンドトラックというコンセプト・アルバムを発表したKaede
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015