ニュース

平井 堅、安室奈美恵とのコラボ曲「グロテスク」の全貌が明らかに

平井堅   2014/03/17 15:22掲載
はてなブックマークに追加
平井 堅、安室奈美恵とのコラボ曲「グロテスク」の全貌が明らかに
 安室奈美恵とのコラボレーションが実現した、4月2日(水)に発売を控える平井 堅のニュー・シングル「グロテスク」。ラジオでのオンエアと、歌詞の公開(歌詞サイト「Uta-Net」www.uta-net.com)が3月17日(月)からスタートしました。

 「グロテスク」について、「人間の奥底に潜む負の感情、建前に覆われた本音を僕と安室さんがサビで交互にぶつけ合う、まさに1対1の人生尋問。生きることに葛藤し、格闘する全ての人への、僕なりの少々歪んだ応援歌です」と、コメントを寄せている平井 堅。果たしてその全貌はどうなっているのか、ご注目ください。

「グロテスク feat. 安室奈美恵」
オフィシャル・ライナーノーツ
text by 石井恵梨子

タイトルを見て驚く。歌詞を見てギョッとする。なんだ、これ。
平井堅と安室奈美恵。かたや老若男女に愛される国民的「POP STAR」であり、かたや20年以上ずっとトップを走り続ける「Queen of Pop」だ。トップスターの共演というだけでも話題沸騰は必至だが、わぁ、豪華だね素敵だねとはしゃぐ気持ちは、スタートボタンを押した瞬間に凍りついていくだろう。卓越した歌唱力を持っているのは当然だが、両者、常日頃から100%の大声で勝負するタイプではない。囁くように、耳元にフッと伝言を残すように歌うときの、ゾクゾクする気持ちよさ。力の入れ加減ではなく引き加減を熟知した巧さは、シルキーで、どこかウエットな声質と相性が抜群だ。それが平井堅の場合「奥ゆかしく切ないバラードの説得力」になっていたし、安室奈美恵の場合は「クールビューティーだが強すぎないディーヴァ像」になっていた。もっとも、二人の美声がこんなふうに冷たく残酷に響く日が来るとは思ってもいなかったのだが。囁くように始まる歌い出しから、人前で口にするには憚られる、まさに「グロテスク」な本音ばかりが並ぶ。男女それぞれの視点で語られる告白と質問とが、プラス思考とは真逆の心を容赦なく炙り出していく。楽曲の中心を走るのは強いキックのビートだが、だんだんと、これは自分の心臓の鼓動じゃないかと思えてくる。興奮のドキドキじゃない。怖いのだ、この曲は。平井堅にとってずいぶん久々の、そしてキャリア初となるコラボ・シングル。ありがちなテーマではつまらない、どうせなら強いものを作りたいという意志は理解できるが、それにしても突き抜けている。単なる話題作りではないだろう。
そんな小細工はもはや必要がないのだし、むしろ今では何をやっても「さすがですね」と言われる立場。だからこそ作りたかった、だからこそ問いたかったのだと思う。
スペシャルなコラボというだけで中身を知りもせず喜ぶ脳天気は、この歪んだ本音を前に笑顔を失うだろう。
また、J-POPが「自分を信じすぎ」「ありのままを肯定しすぎ」と揶揄したがる連中は、かくも素直でありのままの本音を前に己の心を破壊されるだろう。微笑むトップスターふたりの問いは、結局、あなたの本音はどうですか、あなた自身はどう生きていますか、という人生の根幹に突き刺さるのだ。少々歪んだ応援歌、という平井の言葉に嘘はない。それにしても、ほとんど鋭利なナイフのような一曲である。平井堅と安室奈美恵だから歌いあげられた、かつてないほど強烈な刃。スリルなんてものは、中枢に仕掛けなければ意味がない。
これぞトップスターの面白さだ。
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 消費者だったら消費者らしく盛り上がれ “侵食する”ARKHAM[インタビュー] “歌がうたえればそれでいい”って思えるわたしでありたい 山崎あおい『FLAT』
[インタビュー] クラシック音楽と人々、作曲家と現代人を“つなげる”清塚信也の最新アルバム『connect』[インタビュー] “HIP HOPミーツallグッド何か”の現在地点――サイプレス上野とロベルト吉野『ドリーム銀座』
[インタビュー] また一歩“最終形態”へと近づいた――KOYAN MUSIC『No Border』[インタビュー] 元キャロル内海利勝 10年ぶりのソロ・フル・アルバム完成!
[インタビュー] NHK大河ドラマ『西郷どん』の劇中歌で話題 奄美生まれのシンガー、城 南海が全国ツアーを開催[インタビュー] 挾間美帆がm_unitと描く三部作完結編『ダンサー・イン・ノーホエア』
[インタビュー] 自分には音楽がある KID FRESINO『ài qíng』全曲解説[インタビュー] 人間として、自分に何が出来るか 5lack『KESHIKI』
[インタビュー] 結成20周年を迎えたサックス・アンサンブルの先駆者 ――サキソフォビア『ノクターン』[インタビュー] 主人公の輪郭を求めているのかもしれない 中村雅俊、通算55枚目のシングル「だろう!!」
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015