ニュース

一青 窈、約2年ぶりとなる全国ツアーの開催決定

一青窈   2019/06/14 15:02掲載
はてなブックマークに追加
一青 窈、約2年ぶりとなる全国ツアーの開催決定
 デビュー15周年の2017年にオールタイム・ベスト・アルバム『歌祭文 〜ALL TIME BEST〜』を台湾でもリリース。2019年に入ると、清水ミチコ森山良子の日本武道館公演に参加したのをはじめ、青森県下北半島出身の歌手Sinonへ詞を提供、読売新聞の毎週日曜日の朝刊に不定期で書評を連載するなど幅広い活動を展開している一青 窈が、約2年ぶりとなる全国ツアー〈一青窈 TOUR 2019-2020 窈窕關關(YO-CHO-CAN-CAN)〉を11月2日(土)の愛媛・しこちゅ〜ホール(四国中央市市民文化ホール)を皮切りに開催。

 平成で最も歌われた楽曲にも選ばれ、世代を超えて愛される「ハナミズキ」や鮮烈デビューを果たした「もらい泣き」などの人気曲はもちろんのこと、カヴァー曲を織り交ぜたバラエティに富んだ構成となりそうです。ツアーは、来年1月18日(土)の茨城・神栖市文化センター公演まで全国各地を巡る全16公演。詳細はオフィシャル・サイトをご確認ください。

一青窈 TOUR 2019-2020 窈窕關關
www.hitotoyo.jp
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 赤頬思春期 アコースティックでファッショナブル 噂の2人組が日本デビュー[インタビュー] 聴く人を架空のリゾートにご案内――Pictured Resortの新作が誘う日常からのエスケープ
[インタビュー] THA BLUE HERB、全30曲入り2枚組の大作でたどり着いた孤高の境地[インタビュー] Moonの待望の新作『Tenderly』は、スタンダードからグリーン・デイまで歌うカヴァー集
[インタビュー] 小坂忠、再発された70年代のアルバム『CHEW KOSAKA SINGS』と『モーニング』を語る[インタビュー] Suchmos、WONKなどのコーラスを手がけてきた大坂朋子がSolmana名義でデビュー
[インタビュー] 話題の公演“100チェロ”を東京で行なうジョヴァンニ・ソッリマが代表作を語る[インタビュー] 山中千尋、ブルーノートとペトルチアーニへの思いを胸に、新作でジャズのキラキラした魅力を伝える
[インタビュー] ハロプロ スッペシャ〜ル特別版 卒業直前! 宮崎由加(Juice=Juice)ロング・インタビュー[インタビュー] “シティ”から“タウン”へ “けもの”のユニークな創作のひみつ
[インタビュー] 音楽史上初めて登場した“ミニマル・ネイティヴ”のヴァイオリニスト、マリ・サムエルセンのDG専属契約第1弾ソロ・アルバム『マリ』[インタビュー] “令和最初の傑作”を読み解く 清 竜人 超ロング・インタビュー
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015