ニュース

INI、〈KCON JAPAN 2024〉出演 初のZOZOマリンスタジアムで圧巻のステージを披露

INI(PRODUCE 101 JAPAN)   2024/05/15 12:58掲載
はてなブックマークに追加
INI、〈KCON JAPAN 2024〉出演 初のZOZOマリンスタジアムで圧巻のステージを披露
 グローバル・ボーイズ・グループ“INI”が、5月10日(金)、11日(土)に幕張メッセ・ZOZOマリンスタジアムで開催された〈KCON JAPAN 2024〉に出演しました。

 INIは2日間様々なステージに出演。圧巻のステージを披露し、初のZOZOマリンスタジアムのステージを華々しく締めくくりました。

[ライヴ・レポート]
 INIは2日間様々なステージに出演。10日は、幕張メッセの「KCON STAGE」に登場。メンバーが登場すると、「皆さん楽しんでいきましょう!」と田島将吾の煽りでステージがスタート。1曲目は、西洸人が初の単独作詞を務めた「DROP」でオープニングから熱いパフォーマンスを届け、会場を一気に盛り上げました。

 MCでは木村柾哉が「皆さん盛り上がってますかー!」と呼びかけ、「5月10日、ごとうの日!後藤威尊です!」と公演日の“5月10日”とメンバーの“後藤”をかけた挨拶。池理人が「セクシー低音ボイス。池理人です。」と“セクシー”をつけた自己紹介を始めると、田島は「セクシー高身長」、西は「セクシーピンク頭」、許豊凡は「セクシーピンク妖精フェアリー」、木村は「セクシーリーダー」と池から木村までセクシー縛りの自己紹介を行いました。MCが終わると、「FANFARE」「Let’s Escape」を2曲続けて披露。アップテンポの楽曲からポップな楽曲まで、INIの楽曲のジャンルの幅広さを見せつけました。

 LE SSERAFIM「EASY」とBOYNEXTDOOR「Earth, Wind & Fire」のどちらか、会場に集まった観客が選ぶ「見てみたいチャレンジ」では、「EASY」をカバー。全員横一列でダンスを観客に届けました。その後、佐野雄大が「心の声、ぼく聞こえてますよ!BOYNEXTDOORさんの『Earth, Wind & Fire』も見たいですよね!」とファンからの希望に応え、カバーを披露。速いテンポできめ細かい振り付けの本楽曲に挑戦し、「BOYNEXTDOORさんすごい!」と「Earth, Wind & Fire」のダンスの難しさを伝えました。

 チャレンジコーナー後は、「We Are (READY TO POP! ver.)」を披露。チャレンジでは”エンディング妖精で全員いないいないばあをする”ことになり、会場のスクリーンに映し出されたメンバーの表情にMINI(ファンの呼称)は大歓声をあげました。「KCON STAGE」の最後には「HANA_花」を披露し、INIとして1日目の「KCON JAPAN 2024」が終了しました。

 11日は、ZOZOマリンスタジアムにて開催された「M COUNTDOWN STAGE」に登場。INIのステージは、この日のために用意したイントロでスタートし、一糸乱れぬパフォーマンスを披露しました。メンバーの西がタイトル曲では初の単独作詞を手掛けた「LEGIT(KOR.ver)」でステージが続き、野外での熱いパフォーマンスにZOZOマリンスタジアムに集まった観客は歓声と共に大盛り上がり。MCでは一人一人自己紹介をし、眥預臾瓦蓮屬澆鵑覆念貊錣忘嚢發量襪砲靴泙靴腓Α」と会場に集まったお客さんに呼びかけました。

 MC後の「MORE」では、炎が燃え盛るスクリーンを背に力強くパフォーマンス。圧巻のステージを披露し、初のZOZOマリンスタジアムのステージを華々しく締めくくりました。


拡大表示


拡大表示


拡大表示


拡大表示


拡大表示


拡大表示

©️ CJ ENM Co., Ltd, All Rights Reserved / 提供 : CJ ENM 등

INI〈KCON JAPAN 2024〉
[SETLIST]
KCON STAGE
01. DROP
02. FANFARE
03. Let's Escape
04. We Are (READY TO POP! ver.)
05. HANA_花

M COUNTDOWN STAGE
01. LEGIT (KOR ver.)
02. MORE
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] AATA  過去と現在の自分を全肯定してあげたい 10年間の集大成となる自信の一枚が完成[インタビュー] ソウル&ファンク・ユニットMen Spyder 初のEPを発表
[インタビュー] KMC 全曲O.N.Oによるビート THA BLUE HERBプロデュースの新作[インタビュー] 魚返明未 日本の新世代ジャズを牽引するピアニストが、新たなトリオでアルバムを発表
[インタビュー] みやけん 人気ピアノYouTuber 『俺のヒットパレード!』第4弾リリース![インタビュー] Billyrrom 注目の新世代バンドに聞く新章突入と〈HEADZ 〜NEW HOT WAVE〜〉出演への思い
[インタビュー] 町あかりの歌謡曲・春夏秋冬 春のテーマは「ディスコ」![インタビュー] Arvin homa aya  実力派シンガーの話題曲 アナログで連続リリース
[インタビュー] ジェイコブ・コーラー × kiki ピアノ 凄腕師弟コンビ[インタビュー] 文坂なの \
[インタビュー] 人気ジャズ・ピアニストが立ち上げた新レーベル 第1弾は田中裕梨とのコラボ・シングル[特集] いよいよ完結!? 戦慄怪奇ワールド コワすぎ!
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015