ニュース

ジョン・レジェンド、1日限りのスペシャル・ライヴを東京で開催!

ジョン・レジェンド   2011/04/19 15:19掲載
はてなブックマークに追加
 R&Bシンガー・ソングライター、ジョン・レジェンド(John Legend)が約2年ぶりとなる来日を果たし、4月18日(月)に東京・SHIBUYA-AXにて一夜限りのスペシャル・ライヴを開催! ほぼ満員のオーディエンスを前に、1stアルバムから、最新作『ウェイク・アップ!』までのヒット曲を90分以上にわたって披露しました!

 総勢7名のバンドがステージに登場、イントロを弾きはじめると、ステージ後方からブラック・スタイルで統一したジョンが登場! 大歓声と興奮に包まれる中、オープニングに用意されたのは先日ネットを通じて発表され、大きな話題となったアデルのヒット曲「ローリング・イン・ザ・ディープ」のカヴァー。ここから「ハード・タイムス」「ユースト・トゥ・ラヴ・ユー」とアップテンポで一気に観客を巻きこむあたりは、さすがの巧さ。

 「イッツ・オーヴァー」〜「リメンバー・ザ・タイム」(マイケル・ジャクソンのカヴァー)という粋な選曲で会場を沸かせた後、ジョンが観客に語りかける。「今夜このステージに立てることを本当にうれしく思う。デビュー以来、僕を一貫してサポートしてくれた東京には思い入れがある。“まだ日本に行くのは早すぎる”って言う人もいたけれど、今まで東京が僕をサポートしてくれたのと同じように、僕も東京をサポートしなければと思った」。

 そして、『ウェイク・アップ!』のタイトル曲「ウェイク・アップ・エヴリバディ」へ。言葉をひとつひとつ噛みしめるかのような、誠実なヴォーカルが実に印象的。会場のラッキーな女性をひとり、ステージへ“特別招待”する定番コーナー「スロー・ダンス」からはじまった後半は、「PDA」「ナンバー・ワン」「セイヴ・ルーム」とジョンらしいエレガント&ポップなラブ・ソングを次々披露。

 そして、やはり公演のハイライトはアンコールの「オーディナリー・ピープル」と「ステイ・ウィズ・ユー」。弾き語りになるとさらに際立つその歌声は、会場を魅了しました! なお、この来日公演の模様は7月、WOWOWで独占放送されることが決定しています。


ジョン・レジェンド
Photo By hachi
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] TOKU、ジョヴァンニ・ミラバッシとの出会いから生まれたフランスでのデビュー・アルバム[インタビュー] 太田貴子、“クリィミーマミがいたから今の私がいる”徳間ジャパン時代の全音源を収める作品集を発表
[インタビュー] ジャンル、世代、国境を越えるOSAMU SATOの最新作[インタビュー] GADORO、SUNART MUSICにカムバックにしての4作目。ファーストのヒップホップ感とちょっと進化した自分
[インタビュー] 寺井尚子、“ジャズ・ヴァイオリンの女王”による多彩なナンバーで、新たな世界が花開く[インタビュー] 宮本笑里、初の自作オリジナル楽曲中心のミニ・アルバム『Life』を発表
[インタビュー] 石川さゆり “日本”を綴る三部作最終章[インタビュー] Blan( 成田忍と横川理彦からなるダークウェイヴ・ユニットが待望の1stアルバムを発表
[インタビュー] ロンドン、LA、NY、サンパウロ、世界各地で現地のミュージシャンと制作したニュー・アルバム[インタビュー] ホセ・ジェイムズ レーベルの設立・結婚を経て発表する、代表作のパート2は新たな旅の始まり
[インタビュー] アグネス・オベル 音楽は秘密の日記、デンマークのSSWがひとりで作り上げた新作[インタビュー] The mellows “ヴェイパーウェイヴ”ではなく自分たちらしさを追求した新作
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015