ニュース

加藤ミリヤ初のトリビュート・アルバムより、YOASOBIのikuraこと幾田りら「Aitai」配信開始

加藤ミリヤ   2020/10/21 14:04掲載
はてなブックマークに追加
加藤ミリヤ初のトリビュート・アルバムより、YOASOBIのikuraこと幾田りら「Aitai」配信開始
 加藤ミリヤが、デビュー15周年イヤーを記念して、超豪華なアーティスト達が集結した初のトリビュート・アルバム『INSPIRE』(完全生産限定盤 CD + DVD SRCL-11500〜2 9,300円 + 税 / 初回生産限定盤 CD + DVD SRCL-11503〜4 5,664円 + 税 / 通常盤 CD SRCL-11505 3,300円 + 税)を10月28日(水)にリリース。発売に先駆けて、「夜に駆ける」が異例のヒットを記録し注目を浴びるYOASOBIのヴォーカルikuraこと幾田りらがカヴァーした加藤ミリヤ最大のヒット曲「Aitai」の先行配信を開始しています。

 幾田りらによる「Aitai」は、これまでの加藤ミリヤの同曲とは全く違った印象を受けるアレンジ。アーバンで浮遊感ある斬新なアレンジに、幾田の切なく美しい高音の歌声に胸が締め付けられるような、新鮮で爽やかな息吹が宿った仕上がりとなっています。

 本トリビュート・アルバムには、幾田りらによる「Aitai」のほかにも注目の楽曲が満載。収録曲順に、今でも絶大な人気を誇る清水翔太とのデュエット曲を、ヤマエイこと瑛人×yamaが川谷絵音のプロデュースの新アレンジのもと歌った「Love Forever」、LiSAによるパワフルなヴォーカルで歌い上げる「WHY」、Kizuna AIによるデジタルな「HEART BEAT」、春茶によるロマンティックな「Lonely Hearts」、アイナ・ジ・エンドの歌唱力が絶大な存在感を誇る「20-CRY-」、中島美嘉による情緒的な「リップスティック」、仲宗根泉HY)による壮大な「愛が降る」、阿部真央が切ない歌声を発揮している「Last Love」、AIのパワフルな歌声が讃美歌のような「勇者たち」、青山テルマがオリジナルラップも加えた「UNIQUE」や、清水翔太がライヴでも披露をしていた「愛は変わらず」など、超豪華面々による名曲たちのトリビュート音源が収録されています。

[コメント]
ミリヤー!!!15周年マジでおめでとうございます㊗️❤️
今回はミリヤの「勇者たち」をカバーさせてもらいましたが、私が1番好きな歌詞が「そんなふうに優しくしたら、きっと僕はまた君に甘えてしまうよ」って歌詞がなんか刺さっちゃって、でもまさかミリヤのこの曲をカバーするとは思わなかったのでどういう風にこの歌の良さをそのまま、でも自分らしく歌えるかなーって、、とにかくシンプルだけどこの歌詞や気持ちや私のミリヤへの愛も、、w
伝わるといいなーと心込めて歌いました。皆さん是非聴いてくださいね!そしてミリヤ、これからもずっと応援してますからね!!アイラブユーー✌️🤩

――AI

加藤ミリヤさん。
15周年、心からおめでとうございます。私の学生時代はミリヤさんの歌がなければ成立しませんでした。
放課後、友達とカラオケに行き、お互いミリヤさんの歌だけを歌って仲良くなり、気づけばその友達とは親友になっていたことがありました。
まだ経験したことのない恋愛観をミリヤさんの歌詞から汲み取っては、親友と語り合い、大人の女性になることが待ち遠しかったです。
初めて武道館に立ったミリヤさんの嬉し涙に感動し、幼いながら、底抜けの憧れを抱いたり、Kawi Jameleの服を買うためアルバイトを頑張れた日々もありました。
15年、ミリヤさんがミリヤさんを生き抜いてくださったことは、私にとって永遠の青春です。
ミリヤさんにとって素敵な周年になりますように。

――アイナ・ジ・エンド

ミリヤ、15周年イヤーおめでとうございます!
ミリヤは私のインスピレーションであり、自慢であり、アーティストとしても、一仲間としても本当に大切な存在です。
今回はUNIQUEをカバーさせていただきました。
以前から凄く好きな楽曲だったのと、ミリヤが「テルマに凄く合うと思う」って言ってくれたので、この曲を選ばせて頂きました。
アレンジは、オリジナルが生きる様にシンプルかつ迫力があるトラックをSUNNYBOYに作っていただいたのとラップの部分だけ、オリジナルに変えました!

――青山テルマ

加藤ミリヤさん、デビュー15周年おめでとうございます!!
お話を頂いた時は本当に嬉しくて、しかもしかもご提案頂いた曲は私自身大好きな曲で、心を込めて精一杯歌わせて頂きました。
ご縁を頂き感謝致します。沢山の素晴らしい楽曲とパフォーマンスをありがとうございます!これからもずっと応援しています。
心からのリスペクトと愛を込めて。

――阿部真央

デビュー15周年おめでとうございます。
加藤ミリヤさんの15周年イヤーの記念すべき企画に参加させて頂き、とても光栄です。「Aitai」という曲は加藤ミリヤさんとの出会いの曲です。そして、『THE FIRST TAKE』のパフォーマンスでは、丁寧に優しく、そして溢れ出すように歌われている姿に、改めて心を奪われました。今回歌わせて頂く事が決まった時には、嬉しさと緊張とが入り混じりながらも、ワクワクしたのを覚えています。たとえ傷ついて苦しくとも、好きな人を想う気持ちをどう表現するか、私なりに想いを巡らせながらレコーディングに臨み、言葉の一つ一つに心を込めて歌わせて頂きました。

――幾田りら

デビュー15周年おめでとうございます!
アルバムに参加させていただき、ありがとうございます!
ミリショーの「Love Forever」と、川谷絵音さんプロデュースのヤマエイの「Love Forever」、両方好きになってくれたら嬉しいです!!

――瑛人

デビュー15周年おめでとうございます。
「Love Forever」という名曲のプロデュースを任せて頂けることを素直に喜べれば良いのですが、やはり責任を感じずにはいられませんでした。しかし瑛人くん、yamaさんに快諾してもらえた時点で責任より高揚感が勝っていました。そこからの作業はあっという間。最後は井上ウニさんによるミックスで最高の作品になりました。こんな刺激的な機会を与えてくれた加藤ミリヤさんには感謝しかありません。15周年作品に関われたことを誇りに思います。

――川谷絵音

ミリヤさん!15周年おめでとうございます!
こうして繋がり、お祝いできることがとても嬉しいです!最初はミリヤさんのカッコよく、切なくも甘い歌声で彩られた音楽をどう再調理すれば良いものになるのか...選曲からとても悩んでいましたがこれは色々なものを取り入れて、でもミリヤさんらしく歩んできた15年に通じるものではないか!とおこがましくも嬉しく思い、楽しく制作させていただきました!普段はミリヤさんのセツナチューンな曲を聴いていましたが、自身がEDMをメインに楽曲を展開していることもあり今回は踊りたくなるアップな曲「HEART BEAT」をカバーアレンジさせてもらうことに!オリジナルのかっこよさを活かして、さらに私らしいポップでダンサブルなアレンジになっているので、ぜひ音楽に身を任せて聴いてみて下さいね!

――Kizuna AI

先輩!15周年イヤーおめでとうございます!
もう僕らも随分長いお付き合いになってきましたね。
先輩であり、戦友であり、家族でもあるような
そんな人のトリビュートアルバムに
参加しない訳はありません!
覚えていらっしゃるでしょうか。
随分と前ですがTOKYO STARというアルバムが出た頃で
僕はデビューするかしないかくらいの時期だったと思います。
僕にとって希望とワクワクしかない時期で
そんな気持ちを盛り上げてくれたアルバムでした。
その中の一際静かに、ゆっくりと
マイペースに輝く一曲に惹かれました。
僕は勇気を出して先輩に
あの曲好きです!と伝えました。
今でも大好きな曲です。
失礼のない範囲で(笑)清水翔太節ガッツリにやらせてもらいました!
聴いてもらえるのが楽しみです!

――清水翔太

ミリヤ!15周年おめでとう!
15年間、トップアーティストとして一線で活躍してきたミリヤ。
本当に凄いと思うし、昔からずっと尊敬するアーティストの1人である事は、今も変わりません。
今回そんなミリヤの大切な曲を歌えるという事で、元々素材の良いものを、どうアレンジしたら良いか悩んだけど、
この曲の背景と、私の人生がリンクして見えた事もあり、私らしくアレンジ、歌わせて頂こうと思いました!
大切な人を想う愛の形には様々な感情があると思いますが、
この曲は、その大きな愛を見事に伝え切ってる一曲だと思ったので、私も、大きく大胆に歌ってみました。
ミリヤの愛がまた新しく形を変えて、皆に聴いていただけると思うと、嬉しい気持ちで一杯です。
改めて15周年おめでとう。
これからも、愛の歌を、そして、愛の人であり続けて下さい!

――仲宗根泉(HY)

ミリヤさん、デビュー15周年おめでとうございます!
そしてこのような企画に、
素敵なアーティストの皆様ともご一緒させていただけて
大変光栄に思います。

心に訴えかけてきて、
それでいてどこか寄り添ってくれる、
ミリヤさんの楽曲が大好きです。
曲を通して伝わってくるメッセージに何度も助けられました。

生きていく上で色々な悩み事があって、
常に自分は独りなんじゃないかと孤独を感じることも沢山あって
どこか暗闇に取り残されてしまったようなそんな気持ちになった時、
心から深くつながれる人っていうのは
「手探りで探し続けた希望とか未来を、そっと与えてくれる光のような存在」
なんだなと、この曲を聴いた時に感じました。

私がこの曲を歌うのならどう表現すればいいのか何度も話し合って、
楽曲の持つとても素敵なメッセージとメロディーを新しい視点で見れるような、
原曲よりもよりソウルでダンサブルな雰囲気にアレンジしていただいています。
聴き終わった後、今よりほんの少しでも明るい気持ちになれたらと、
そんな思いでカバーさせていただきました。

――春茶

デビュー15周年おめでとうございます。このような大切な節目にアルバム参加という形でお祝いすることができ光栄に思います。加藤ミリヤさんの歌唱表現には圧倒されることがたくさんあります。柔らかく切ない歌声には溶けるような滑らかさを感じますが時に力強さもあり、聴いていて心の琴線に触れることがしばしばあります。自分だけでなく多くの方が魅了されていることと思います。今後もより一層ご活躍されることを期待いたします。
――yama

私が歌わせていただいた「WHY」。
当時高校生の自分が、素直に言えないけど確かにあるわがままのような気持ちを、代弁して歌ってくれる楽曲でした。
大人になって楽曲をカバーさせていただくにあたり、楽曲に向き合い解読しながら、高校生のミリヤさんのソングライティングの素晴らしさに改めて驚きました。
私たちにまっすぐ寄り添いながら、時に背中を押してくれながら、少し先を走り続けてくれるミリヤさんの15周年イヤーを一緒にお祝いさせていただけてとても嬉しいです。これからもミリヤさんの姿、楽曲、歌声を楽しみにしています。15周年イヤーおめでとうございます。

――LiSA

拡大表示


拡大表示




■2020年10月21日(水)配信開始
幾田りら
「Aitai」

miliyah.lnk.to/Tribute_WN
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 小西真奈美、豪華プロデューサー陣を迎えて描く等身大のポップ・アルバム[特集] 吉澤嘉代子、デビューから5年の集大成『新・魔女図鑑』
[インタビュー] ダーティ・ループス、華々しいデビューから6年、スウェーデンの3人組がひさびさの新曲を収録するEPを発表[インタビュー] 大貫妙子、名門レコーディング・スタジオを描いた映画『音響ハウス Melody-Go-Round』を語る
[インタビュー] DJ KAORI、デビュー20周年を迎えた人気DJが、ディズニーの名曲をノンストップミックス[インタビュー] 何事にも全力!丘みどり、デビュー15周年ベスト・アルバムを発表
[インタビュー] “全曲シングル”なコンピレーション『SLENDERIE ideal』発売記念!藤井 隆×吉田 豪[特集] アルチザン・筒美京平の魅力 [対論]萩原健太×湯浅 学
[インタビュー] ケイコ・リー、デビュー25周年、“かけがえのない”ジャズ・クラブで録音したライヴ盤を発表[インタビュー] 村治佳織、名だたるアーティストとともに参加した『ディズニー・ゴーズ・クラシカル』を語る
[インタビュー] 荘村清志、新作は、武満徹が愛した「郷愁のショーロ」ほかを収めるバリオスとタレガの作品集[インタビュー] 竹内アンナ、注目の次世代SSW、新作を早くも発表
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015