ニュース

木村カエラ〈オンナク祭〉開催!

木村カエラ   2012/12/21 16:06掲載
はてなブックマークに追加
木村カエラ〈オンナク祭〉開催!
 クリスマス・シーズンの恒例、木村カエラ企画・主催によるライヴ・イベント〈オンナク祭オトコク祭2012〉が12月18日(火)、19日(水)にわたり、東京・恵比寿「LIQUID ROOM」で行なわれました。今年は“5th Anniversary”として、大阪での〈ナニワク祭〉(なんばHatchで12月10日に開催)も追加され、計3日間での開催に。18日は“男子禁制”のオンナク祭、ステージにはCharaチャットモンチーも登場し、熱狂かつ濃密な一夜となりました!

 オンナク祭にトップで登場したCharaは、「18」でスウィートかつソウルフルな歌で歓声を集めると、「カエラみたいなかわいいボブの子がいっぱいいるね〜。今日は楽しみにしてたよ」「20年くらい大切に歌っている歌があるの。聴いてくれる?」と、名曲「Swallowtail Butterfly〜あいのうた〜」へ。

 「恋してる? 女の子は笑顔がいいよ!」と、「あたしなんで抱きしめたいんだろう?」や「やさしい気持ち」といった大ヒット・チューンでパワフルに会場を盛り上げると、弾き語りでの新曲「蝶々結び」、「プラネット」と披露し、会場を暖かく包み込みました。


オンナク祭


 2番手に登場したチャットモンチーは、橋本絵莉子と福岡晃子が曲によってパート・チェンジしながらのライヴ。橋本がリフを一発弾き、ループするギター・リフの中でカエラの「リルラ リルハ」の一節“忘れないで 見つめることを”を冒頭で歌い上げて盛り上げると、そのままドラムに移動し「恋愛スピリッツ」で、福岡がグルーヴ感たっぷりのベースを披露。続く「ハテナ」は、福岡がドラムへ移動し、橋本がギターをかき鳴らしてハープを吹く。ベースレスながらも圧倒的な音圧で迫るサウンドで観客たちを一気に惹きつける。

 「女の子ばっかりやね」(福岡)、「空気が澄んでるというか。嬉しいな、呼んでもらってな」(橋本)と、のんびりしたほっこりとするMCとは対照的に、エモーショナルなロック・サウンドと歌を刻みつけました!


オンナク祭


 熱烈な黄色い歓声を浴びてトリで登場したカエラは、「Yeah!! オンナク祭――!!」と、3本の圧巻のギターが迫る「BEAT」で一瞬にしてフロアの雰囲気を掴むと、「喜怒哀楽plus愛」を畳み掛ける。フロアの凄まじさは「すごい元気だね! 大丈夫? 大丈夫じゃないよね? ちょっとだけ下がろうか」と促すほど。

 続く「マミレル」はグルーヴ感たっぷりに。「やっぱり女の子だけのパワーはすごいね! Charaさんもさ、チャットモンチーもさ、素敵だったね。(観ていて)幸せだなって思いました」と語ると、その思いを代弁するように、暖かい最新シングル曲「Sun shower」、ライヴでは久々となる「sweetie」を優しく歌い上げました。

 観客たちとフレンドリーにガールズ・トークしながら、最新アルバム『Sync』収録曲の「HERO」をいち早く披露。ラストは「Yellow」「TREE CLIMBERS」「マスタッシュ」とライヴ鉄板曲を連発し、黄色い掛け声と大合唱にまみれたフェス状態へと突入する濃厚なステージ! さらにアンコールでは「コレやってほしい!(タオルぐるぐる回す)」「聴きたい!!」という声に「え!? やれと!?」と戸惑いながらもバンド内緊急ミーティング。その結果、「じゃ、やりますか!」と、なんと予定になかった「Circle」が急遽演奏される大サプライズ! フロア中ぐるぐる回るタオルに、とてつもない破壊力を持ったグルーヴ感、バンド・メンバーをはじめ、PA、照明チームも含めたライヴ・スタッフのチームワークの素晴らしさを感じた瞬間に。


オンナク祭


 さらに、振り付けもキュートな映画『フランケンウィニー』のインスパイア・ソング「WONDER Volt」、オーラスは「みんなの笑顔が見たい!」と叫んだ「Magic Music」でオンナク祭は幕を下ろしました!
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] ストーンズたらしめる音楽を磨き上げた傑作の40周年記念エディションを聴く[インタビュー] ももすももす、ドラマ『どうせもう逃げられない』主題歌「サーモクライン」を発表
[インタビュー] ちゃんみな、集大成ともいえる3rdフル・アルバム その名も『ハレンチ』[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす
[インタビュー] 荘村清志 30〜40年ぶりに弾き、その魅力に引き込まれたアルベニスの作品集に込められた思い[インタビュー] スウィート&グルーヴィなSSW、待望の新作 kiki vivi lily
[インタビュー] ローリング・ストーンズ、ジャム、レディオヘッド…UKロックの名曲に挑んだ7年ぶりの新作、1966カルテット[インタビュー] みやけん  人気ピアノYouTuberがいよいよCDデビュー!
[インタビュー] NHK「世界ふれあい街歩きコンサート」人気テレビ番組が生演奏とその音楽と公演の見どころを作曲家・村井秀清が語る大画面で楽しむコンサートに[特集] あれもこれも、やつらの仕事。天才クリエイター集団の実態に迫る、DRAWING AND MANUAL
[特集] 映像配信サービス「dTV」に新ジャンル「ライブ」が誕生、ひと味違うライブ体験ができるその魅力[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015