ニュース

木村カエラ、ミニ・アルバム『ZIG ZAG』リリース&浜辺美波主演ドラマ主題歌決定

木村カエラ   2020/01/16 12:52掲載
はてなブックマークに追加
木村カエラ、ミニ・アルバム『ZIG ZAG』リリース&浜辺美波主演ドラマ主題歌決定
 木村カエラが、2020年3月4日(水)にミニ・アルバム『ZIG ZAG』(完全生産限定盤 VIZL-1672 CD + GOODS 5,100円 + 税 / 初回限定盤 VIZL-1642 CD + DVD 2,300円 + 税 / 通常盤 VICL-65336 CD 1,800円 + 税)をリリース。あわせて、新曲「時計の針 〜愛してもあなたが遠くなるの〜」がテレビ朝日系ドラマ「アリバイ崩し承ります」の主題歌に決定しています。

 『ZIG ZAG』には、ドラマ主題歌のほか、TBS系情報番組「グッとラック!」テーマ・ソング「おはようSUN」や、パラ・スポーツの魅力を日本が誇る文化“アニメ”で世界に発信するプロジェクトの第8弾、パラ・スポーツ・アニメ「パラバドミントン編」テーマ曲「Wish upon a star」の収録が決定しています。また、完全生産限定盤には、人気デザイナーで著名アーティストとのコラボ作品で知られる河村康輔とタッグを組み作成した、色違いのトート・バッグがランダム封入されます。なお1月15日(水)から特典付きの予約がスタート。詳細についてはオフィシャル・サイトをご確認ください。

 新曲「時計の針 〜愛してもあなたが遠くなるの〜」は、浜辺美波主演、安田 顕成田 凌出演のテレビ朝日系土曜ナイト・ドラマ「アリバイ崩し承ります」のために書き下ろされた楽曲。ドラマは、祖父から受け継いだ時計店を切り盛りする若き店主・美谷時乃が、時計修理の傍ら、一回5000円で時計や事件に関わる“アリバイ崩しを承る”本格謎解きミステリー。主人公の時乃を浜辺美波、時乃にこっそりアリバイ崩しを依頼する警察キャリア・察時美幸を安田 顕、ボンボン刑事・渡海雄馬を成田 凌がそれぞれ演じます。ドラマ主題歌について、木村と主演の浜辺は次のようにコメントをしています。

[コメント]
いくつかあったデモ楽曲の中から、オルタナティブな曲を選んで頂けたことにまずは驚きました。やるなー、テレ朝。かっこいい。新しい価値観がそこにはある!と感じました。私の根っこにある大好きなジャンルなので、すごく嬉しかったです。ドラマのテーマでもある「時間をもどす」を意識して、時計の音や、逆再生のサウンドを入れました。歌詞は、時計の短針と長針が離れては近づき、すれ違っては合わさる様が、まるで男女の恋愛のようだと感じ、作っていきました。切ない曲ではありますが、ドラマとこの曲がたくさんの人に届くよう願っております。
――木村カエラ

小さい頃から見ていたドラマなどで主題歌を担当されていたので、木村カエラさんの曲はたくさん聴いていました。憧れのアーティストである木村さんが主題歌を担当してくださるということで「アリバイ崩し承ります」がより素敵なドラマになりそうで、本当に嬉しいです。実際に楽曲を聞いてみて、作品の本質を捉えていて、考えさせられるような主題歌だなと思いました。最後の、「もう一度愛し合えた日の二人に時間を戻してよ」というフレーズが特に気に入りました。恋愛感情だけではなく愛する人というのは誰しも存在すると思うので、聞けば聞くほど感動しました。
――浜辺美波

■2020年3月4日(水)発売
木村カエラ
『ZIG ZAG』


完全生産限定盤 VIZL-1672 CD + GOODS 5,100円 + 税
初回限定盤 VIZL-1642 CD + DVD 2,300円 + 税
通常盤 VICL-65336 CD 1,800円 + 税

[CD収録曲]
時計の針 〜愛してもあなたが遠くなるの〜
おはようSUN
Wish upon a star
ほか計5曲収録

[初回限定盤DVD]
15th Anniversary Fes. Movies
※詳細は後日発表

「アリバイ崩し承ります」
2020年2月1日(土)よりテレビ朝日系にて放送開始
毎週土曜 よる11:15〜
www.tv-asahi.co.jp/alibi
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] maco marets 気鋭のラッパーが語る、ひとくぎりの3枚目『Circles』までの道のり[インタビュー] チャクラ 強烈な個性で伝説的存在となっているバンドの未発表ライヴCDを、チリ人のマニアが制作
[インタビュー] 女子のリアルを綴るSSW、コレサワ “すごく前向きな”失恋アルバム[特集] Sound Schedule 鮮度の高い演奏を聞かせる3人組 2020年ライヴ最速レポ
[インタビュー] 眉村ちあき 弾き語りトラックメイカーアイドル あらゆる面で成長した渾身の新作[インタビュー] 湯浅湾 我々は“望まない” 10年ぶりの新作『脈』をバンマスが解説
[インタビュー] SKY-HIからエルメート・パスコアールまで、多彩なゲストを迎えた全曲オリジナルの新作『イン・ザ・キー・オブ・ジョイ』を発表[インタビュー] Soggy Cheerios(ソギー・チェリオス) 新たな局面を迎える手応え
[インタビュー] 神保 彰 NYとLAで録音、“月”と“太陽”をイメージした2枚のアルバムを元旦にリリース[インタビュー] “あーた”から“AATA”へ 注目のシンガー・ソングライターがその音楽人生を振り返る超ロング・インタビュー!
[インタビュー] KAITO もう一回自分を“ここ”に戻してくれた音楽たち[インタビュー] ケイコ・リーが70〜80年代洋楽ヒットなどを歌う
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015