ニュース

木梨憲武、ももいろクローバーZやマツコ・デラックス、中井貴一ら参加の新EPをリリース

木梨憲武   2021/09/27 13:18掲載
はてなブックマークに追加
木梨憲武、ももいろクローバーZやマツコ・デラックス、中井貴一ら参加の新EPをリリース
 木梨憲武が、シリーズ第3弾となるデジタルEP『木梨ミュージック コネクション3』を10月3日(日)にリリース。

 “思い出作り”としてソロ音楽活動を2019年にスタート、その第1弾となったアルバム『木梨ファンク ザ・ベスト』は、オリコン週間デジタルアルバム、iTunes(週間アルバム、総合アルバム、J-Popアルバム)、Billboard Japan(アルバム速報、HotAlbumsダウンロード)、レコチョクハイレゾアルバム、Amazon音楽売れ筋のチャート1位を続々と獲得。

 2020年には、デジタルEP『木梨ミュージック コネクション』を10月4日に配信、iTunes 総合アルバム、J-POPアルバム・ランキング、レコチョク・アルバム・デイリー、レコチョク・ハイレゾ・アルバム・デイリー、dヒッツ・アルバム・デイリー1位と5冠を獲得、続いて10月6日より、このEP『木梨ミュージック コネクション』を携えたツアー〈木梨の音楽会。〉を名古屋、大阪、東京の3ヵ所で行いどの会場も大盛況となりました。

 2021年1月4日・5日に開催された新日本プロレス「バルサン Presents WRESTLE KINGDOM 15 in 東京ドーム」の大会テーマ・ソングとなった「生きてるうちが花なんだぜ feat. 宇崎竜童 & 佐藤浩市」のほか、大人の男を描いたミュージック・ビデオが話題を呼んだ 阿木燿子宇崎竜童作の「不機嫌なモナリザ」、他にも所ジョージ藤井尚之ヒロミ堀内健らが参加した『木梨ミュージック コネクション2』を11月29日に配信。

 このEPリリースを記念して12月26日、豪華なゲスト陣が参加、神奈川・パシフィコ横浜大ホールで開催された〈木梨の大音楽会。フェスってゆー!!〉も大きな注目を集めました。

 そして、シリーズ第3弾も三度(みたび)“木梨のコネクション”炸裂の『木梨ミュージック コネクション3』が、いよいよ満を時してのデジタル・リリースとなります。収録の全5曲のフィーチャリング・アーティストは、ももいろクローバーZマツコデラックスミッツ・マングローブ中井貴一遠藤章造狩野英孝、堀内健とまさに木梨ならでは、木梨しか成し遂げられない豪華なラインナップとなりました。

 M1、M2の「最高な〜」は、レギュラーのGYAO! バラエティー番組『木梨の貝。』から生まれた楽曲で、オリジナルの木梨憲武×ホリケン×ココリコ遠藤×狩野英孝にももいろクローバーZが加わりパフォーマンスしたフジテレビ系音楽特番『2021FNS歌謡祭 夏』でも大きな話題を集めました。

 同じく『木梨の貝。』でレコーディング模様が公開され注目を集めていた、阿木燿子、宇崎竜童書き下ろしとなる「命綱」、宇崎竜童がリーダーを務めたダウン・タウン・ブギウギ・バンドのカヴァーとなる「サクセス」、こちらも阿木燿子、宇崎竜童書き下ろしにして、俳優・中井貴一をフィーチャーした「ジグソーパズル」とどれも“木梨人脈=コネクション”の賜物というトラックリストとなっています。

 なお、iTunesストアでは予約が9月29日(水)からスタートします。

[コメント]
木梨さんに、いつか一緒に音楽を作れたらいいねと言っていただいて大人のお世辞だろうなぁと思っていたらまさかこんなにすぐに素敵な企画に参加させていただけることになるなんて、、、これがスターの懐の深さなんだなと感じました!
芸人のみなさんに仲間に入れてもらえて夢のような時間でとっても楽しくて、私たちもとっても大好きな作品です!
遊び心たっぷり、私たちの想いたっぷりです!ぜひ聞いてください(^^)

――ももいろクローバーZ 佐々木彩夏

又、ノリさんがヤラカシてくれました、事後報告❗️
マツコ、ミッツ、キイッちゃんが見事な歌唱力で新曲に参加してくれました❗️
その人選に舌を巻く❗️
皆さん、ノリさんの催眠術にでも罹ったの如くスイスイとマイクの前に立ち一発OKの出来、テイクONEオーケーで歌っていらしたのを、NET番組“木梨の貝”で拝見、拝聴!!
コレは嬉しい事後報告!!
オマケに“サクセス”COVERまで❗️
ん❓「事後報告」❓
歌のタイトルになるぞ❗️

――宇崎竜童

憲武さんの女装は、いわゆる芸人さんのそれとはちょっと違うんですよね。
昔は、「この人は本当に女装癖なんじゃないか」なんて思っていたほどです。
そんな憲武さんと、粋な女装ごっこをさせて頂きました。
ただ、何気に忙しい身なもので、もうちょっと余裕が出来ましたら、
もっと壮大な女装プレイをさせて下さい。

追伸
阿木燿子先生、宇崎竜童先生、アタシは到底、百恵ちゃんにはなれませんでした。本当にごめんなさい。

――マツコデラックス

私の女装の原点でもある憲武姐さん。
そんな姐さんと同じ音楽に身を浸し、歌声を重ねる。至極の時間です。
そして、私の血肉の一部である宇崎竜童さんの旋律と阿木耀子さんが紡ぐ言葉たち。
長年の戦友でもあるマツコ・デラックスの「肉声」にもご期待ください。
時間ですよ。カモン! ゴージャス!

――ミッツ・マングローブ

ある日、木梨君から留守番電話が。
「中井さん、最高の曲できた!! 物凄く良いバラード。楽しみにしててね。近所にいたら、ちょっと来てくださーい」と。
しばし、相手間違えの電話かとポカーン。でも、中井さんって言ってたなー。舞台公演中であった為、終演後電話をしてみた。最初の質問は、誰かと間違えた?である。すると、間髪を容れず「何言ってんのよ、間違えるわけないじゃん。良い曲できたのよ、宇崎さんと阿木さんで。今から歌入れに来ない?どこにいるの?」である。そして、またポカーン。俺何か曲頼んだかなーー、しかも、宇崎さんと阿木さん指名で。遠くを見つめる目‥3回瞬きをした。でも、深くは考えず、天才木梨憲武の面白いは、間違いないので、舞台が終了してからという事で、今回の運びとなったのであーる。

――中井貴一

中学時代、あまりに憧れ過ぎて、テストの答案用紙の名前の欄に「遠藤章造」ではなく「木梨憲武」と書いていた私が50歳になった今、その「木梨憲武」さんと一緒に歌っている。高校時代はみなさん、ねるとん、生ダラの話でクラスで盛り上がり、サラリーマン時代には同僚と朝までとんねるずヒット集をカラオケで熱唱、29年前、根拠のない自信一つでこの世界に飛び込んだ事は間違いじゃ無かった。全ては縁とタイミング。インスタライブしたら視聴者2名だった私だけどここまでの人生…間違ってない!これからも答え探しの毎日に向かって。
――遠藤章造

あの日雰囲気で作った歌で、FNS歌謡祭に出演出来た事も、今回の配信決定も、思った以上に話が早く行きすぎて僕が流れについていけてない状況ですw音楽的な事はよく分からないですが、大好きな先輩達と、大好きな音楽で遊んで出来た曲。皆で作ってる時も歌ってる時も本当に幸せでした。聞いてくれる方々に、その楽しさは絶対伝わると思いますので、聞いた方々が少しでも笑顔になってくれたら嬉しいです!!
――狩野英孝

エンディーといっしょで中学時代、あまりにあこがれすぎて、ファミレスの順番待ちの名前を書くときに木梨と書いてました。矢吹さんの家でノリさんがいる時、とんねるずのレコードが出てきて、僕が「ノリさん昔のレコードとかとってあるんですか?」と聞いたら「とってない!!事務所にあるかもしれない、わかんない!!」ノリさんは常に今しか見てない。 
すごい!!
こんな人、芸能界でもあんまりいないと思います。
全国いや全世界のとんねるずのワンフー代表として歌わせていただきました。

――堀内健

拡大表示


■2021年10月3日(日)配信開始
木梨憲武
『木梨ミュージック コネクション3』

kinashi.lnk.to/kmc3PR

TBSラジオ『土曜朝6時 木梨の会。』
www.tbsradio.jp/kinashi

動画配信サービスGYAO! オリジナル番組『木梨の貝。』
yahoo.jp/ebbkOA
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] ストーンズたらしめる音楽を磨き上げた傑作の40周年記念エディションを聴く[インタビュー] ももすももす、ドラマ『どうせもう逃げられない』主題歌「サーモクライン」を発表
[インタビュー] ちゃんみな、集大成ともいえる3rdフル・アルバム その名も『ハレンチ』[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす
[インタビュー] 荘村清志 30〜40年ぶりに弾き、その魅力に引き込まれたアルベニスの作品集に込められた思い[インタビュー] スウィート&グルーヴィなSSW、待望の新作 kiki vivi lily
[インタビュー] ローリング・ストーンズ、ジャム、レディオヘッド…UKロックの名曲に挑んだ7年ぶりの新作、1966カルテット[インタビュー] みやけん  人気ピアノYouTuberがいよいよCDデビュー!
[インタビュー] NHK「世界ふれあい街歩きコンサート」人気テレビ番組が生演奏とその音楽と公演の見どころを作曲家・村井秀清が語る大画面で楽しむコンサートに[特集] あれもこれも、やつらの仕事。天才クリエイター集団の実態に迫る、DRAWING AND MANUAL
[特集] 映像配信サービス「dTV」に新ジャンル「ライブ」が誕生、ひと味違うライブ体験ができるその魅力[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015