ニュース

KISS、全国5ヶ所をまわる最後の来日公演を開催

KISS   2019/06/24 12:10掲載
はてなブックマークに追加
KISS、全国5ヶ所をまわる最後の来日公演を開催
 KISSのファイナル・ツアー〈END OF THE ROAD WORLD TOUR〉の日本特設サイトが開設され話題となるなか、特設サイトのカウンターがゼロになった6月24日(月)正午に、ジャパン・ツアーの詳細が発表されました。

 12月8日(日)宮城・仙台 ゼビオアリーナ仙台を皮切りに、12月11日(水)東京・後楽 東京ドーム、12月14日(土)岩手・盛岡タカヤアリーナ(盛岡市総合アリーナ)、12月17日(火)大阪・京セラドーム大阪、12月19日(木)愛知・名古屋 ドルフィンズアリーナ(愛知県体育館)で開催されます。1977年以来、たびたび来日して日本を熱狂させてきたKISSが、全国5ヶ所をまわる12回目にして最後の来日公演です。チケットの詳細は公演のオフィシャル・サイトをご覧ください。

 〈END OF THE ROAD WORLD TOUR〉の開催にあたって、KISSは「このツアーは、すでに我々のショウを観てくれているファンにとっては究極の祭典であり、まだ観たことがない者にとっては最後のチャンスとなる」と“KISSアーミー”に別れを告げ、1月31日のカナダ・バンクーバー公演を皮切りに始まったツアーでは、ド派手な演出とともに数々のヒット曲が披露されています。

過去45年間で我々が築きあげ、達成してきた全ての事は、クラブやアリーナ、スタジアムを埋め尽くしてくれた何百万人もの世界中のファンがいなければ実現し得なかった。このツアーは、すでに我々のショウを観てくれているファンにとっては究極の祭典であり、まだ観たことがない者にとっては最後のチャンスとなる。KISSアーミー達、我々はこのファイナル・ツアーを過去最大規模のスケールで行い、別れを告げる。そして最後はKISS登場の時と同様に去る事としよう。何にも捉われず、誰にも止めることはできない。
――KISS



KISS END OF THE ROAD WORLD TOUR
endoftheroad.udo.jp
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 不安や焦りや苦しみをポジティヴに変換していく 杏沙子、初のシングルを発表[インタビュー] 赤頬思春期 アコースティックでファッショナブル 噂の2人組が日本デビュー
[インタビュー] 聴く人を架空のリゾートにご案内――Pictured Resortの新作が誘う日常からのエスケープ[インタビュー] THA BLUE HERB、全30曲入り2枚組の大作でたどり着いた孤高の境地
[インタビュー] Moonの待望の新作『Tenderly』は、スタンダードからグリーン・デイまで歌うカヴァー集[インタビュー] 小坂忠、再発された70年代のアルバム『CHEW KOSAKA SINGS』と『モーニング』を語る
[インタビュー] Suchmos、WONKなどのコーラスを手がけてきた大坂朋子がSolmana名義でデビュー[インタビュー] 話題の公演“100チェロ”を東京で行なうジョヴァンニ・ソッリマが代表作を語る
[インタビュー] 山中千尋、ブルーノートとペトルチアーニへの思いを胸に、新作でジャズのキラキラした魅力を伝える[インタビュー] ハロプロ スッペシャ〜ル特別版 卒業直前! 宮崎由加(Juice=Juice)ロング・インタビュー
[インタビュー] “シティ”から“タウン”へ “けもの”のユニークな創作のひみつ[インタビュー] 音楽史上初めて登場した“ミニマル・ネイティヴ”のヴァイオリニスト、マリ・サムエルセンのDG専属契約第1弾ソロ・アルバム『マリ』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015