ニュース

ピアニストのラン・ラン、メタリカとグラミー賞で共演

ラン・ラン   2014/01/28 16:05掲載
はてなブックマークに追加
ピアニストのラン・ラン、メタリカとグラミー賞で共演
 映画『のだめカンタービレ最終楽章』サントラで主人公“のだめ”の全演奏を手がけたことでも知られる世界的ピアニスト、ラン・ラン。そのキャリアのスタートが仙台ということもあり2011年には震災チャリティ・コンサートを日本で開催、今年4月には再来日も決定している彼が〈第56回グラミー賞〉にて、メタリカと共演を果たしました!

 ラン・ランとメタリカは、最優秀ハード・ロック / メタル・パフォーマンス賞でグラミー賞の候補にあがっていたメタリカのサウンドトラック・アルバム『メタリカ・スルー・ザ・ネヴァー』に収録されている「ワン」を演奏。メタリカがグラミー賞で演奏するのは生中継が初めて行なわれた1991年以来、ラン・ランがグラミー賞で演奏するのはハービー・ハンコックガーシュインの「ラプソディー・イン・ブルー」を共演した2008年以来となります。

 これまで、ジャズ、ポップス、R&B、ダンス・ミュージック……などなど、あらゆるジャンルとのコラボレーションを実現してきたラン・ランですが、今回は共演前から「バンドという形式の中で、音楽のジャンルの壁を飛び越えていくのは夢のような経験です。音楽は、確かに世界を一つにします!」と興奮をあらわにしていたとか!

 ステージは、ラン・ランによる音楽の粒のようなピアノ・ソロからスタート。そこへメタリカの演奏が加わると、観客も益々ヒートアップ! 終盤にはジェイムズ・ヘットフィールドがラン・ランのもとに近づき、ギター・ソロへ。ラン・ランもこれにの超絶速弾きで応戦、互いに互いを高めあう熱いパフォーマンスを披露しました!

ラン・ラン

(写真提供:Getty Images)
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] こだわりがつまった完全セルフプロデュースEP、山村 響[特集] ドキュメンタリー作品『ザ・ビートルズ:Get Back』を観た!
[インタビュー] ILL-BOSSTINO(THA BLUE HERB)、dj hondaとのジョイント・フルアルバムを発表[特集] スティング、「僕らには架け橋が必要なんだ」新作『ザ・ブリッジ』を本人のコメントとともに徹底解説
[インタビュー] 藤木大地、日本が世界に誇るカウンターテナーが舞台をもとにした新作アルバムを発表[インタビュー] “ひねくれポップの大団円”がつぽんず、初の全国流通版
[インタビュー] カーネーション、4年ぶり通算18枚目のアルバム[インタビュー] 在ノルウェーのピアニストがECMからの初リーダー作で聞かせる“静寂の美”、田中鮎美
[特集] ストーンズたらしめる音楽を磨き上げた傑作の40周年記念エディションを聴く[インタビュー] ももすももす、ドラマ『どうせもう逃げられない』主題歌「サーモクライン」を発表
[インタビュー] ちゃんみな、集大成ともいえる3rdフル・アルバム その名も『ハレンチ』[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015