ニュース

日本のロックを徹底紹介!CDジャーナル新刊ムック「日本のロック名曲徹底ガイド 1967-1985」本日発売

裸のラリーズ   2008/10/02 15:40掲載
はてなブックマークに追加
日本のロックを徹底紹介!CDジャーナル新刊ムック「日本のロック名曲徹底ガイド 1967-1985」本日発売
 CDジャーナル ムックの人気シリーズ“名曲コレクション”に、1967年から1985年までの日本のロックの名曲約300曲、関連盤1000枚を徹底紹介する新刊「日本のロック名曲徹底ガイド 1967-1985」(\1,890(税込))が登場!本日10月2日発売です。

 本書では、日本のロック史を彩る数々の名曲/名作を、各作品紹介はもちろん、カヴァー作品、関連作品に至るまで徹底解説。GSが咲き乱れた60年代後半から、裸のラリーズによる爆音の夜明け、はっぴいえんど/内田裕也の“日本語ロック論争”、YMOの登場、パンク/ニューウェーブの洗礼……を経て、徐々に日本においてロックがポピュラリティを獲得してゆく様が手に取るように分かる1冊。ディスク・ガイドとしてはもちろん、読みどころ満載の“歴史書”としてもぜひ!
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] チャレンジ精神に歌とダンスでエールを送る 新曲は『新幹線変形ロボ シンカリオンZ』主題歌、BOYS AND MEN[特集] Sony Park展「音楽は旅だ」「カンタビレIN THE PARK」レポート 奥田民生
[特集] クラウン時代のラスト・アルバム(鈴木茂コスモス’51リミックス発売記念ライブ)白熱のライヴ・レポート、鈴木茂[インタビュー] 千住真理子、音楽は時空を超えて旅をする 新作はヴァイオリンで歌う世界のメロディ
[インタビュー] ユーミン、じゃがたら、『みんなのうた』…、新作は原曲と違う風景が見えるカヴァー集 KERA[インタビュー] 宮本笑里×DAITA 恐竜科学博の壮大なテーマ曲で実現した、異なる弦楽器のコラボレーション
[インタビュー] 架空の映画のサウンドトラックというコンセプト・アルバムを発表したKaede[インタビュー] 大井 健 コロナ被害からの再起 / みずからの新たな挑戦から生まれたクラシック・アルバム
[インタビュー] マチュー・ボガート  パリからロンドンに拠点を移し、“新しい絵の具”を使って作られた英詞アルバム[インタビュー] 人気女性ピアノYouTuberが“天空”にまつわる楽曲を弾いた煌めきの新作 朝香智子
[インタビュー] デビュー35周年の豪華シングル 西方裕之[インタビュー] パット・メセニー 新作はクラシック! 室内楽作曲家デビューを果たした『Road to the Sun』
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015