ニュース

Manami、映画『武士の家計簿』イメージ・ソングに大抜擢!

Manami   2010/09/21 14:30掲載
はてなブックマークに追加
Manami、映画『武士の家計簿』イメージ・ソングに大抜擢!
 ファレル・ウィリアムスNIGO(R)の主催による<STAR BAPER SEARCH>でグランプリを獲得。ファレルのトータル・プロデュースによる世界23ヵ国同時配信デビューが話題となったManami。12月4日(土)より全国ロードショーされる『武士の家計簿』(出演:堺雅人仲間由紀恵、監督:森田芳光)のイメージ・ソングを歌うことが決定!

 この映画の原作は、2003年4月発売にされ、20万部セールスを記録した、磯田道史『武士の家計簿「加賀藩御算用者」の幕末維新』。新書初の映画化となる話題作です!

 9月22日には、ニュー・シングル「Miss Little Voice」をリリースするManami。この曲は、アーティストとしての本質が現れた作品で、特定のジャンルや時代性を超えたところにある普遍的な歌、普遍的なメッセージである“愛”を歌えるシンガーとして、彼女が本来目指しているものが形になっています。

 なお、Manamiは現在全国ライヴ&キャンペーン中。9月22日は原宿KDDIスタジオ、25日には出身の沖縄・Mihama Streetにてライヴを行ないますので、ぜひこの機会にチェックを。


<映画『武士の家計簿』プロデューサー・元持昌之からのコメント>
Manamiさんの独特の「声」と「詩」には以前から注目していました。
彼女の持つ世界観には「愛」があります。
映画『武士の家計簿』」に必要と考えたのは「絆」をつなげて行くと云う事でした。
親から子に、子からさらに子に…又は、人から人に…
あらゆる「絆」をつなげるのは「愛」であると思ってました。
Manamiさんは、その才能で大島ミチル作曲の劇中曲を見事に活かして下さり、
そのメッセージを想起させてくれる、素晴らしい歌ができたと思っています。
映画と共に、この曲の持つ温かさが、一人でも多くの人に伝わればと願っています。
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ[インタビュー] ベイ・エリア・ヒップホップへの偏愛――ILL-TEE「STAY TRUE / BOTTLE AFTER BOTTLE」
[特集] セットリストはおなじみの名曲ばかり! 新作完成を記念したトレヴァー・ホーン最新ライヴ・レポート[インタビュー] 20年に愛と感謝を込めて――守屋純子オーケストラの定期公演「20 Years of Gratitude」
[インタビュー] 周りとは違うやり方で、どれだけ存在感を示していけるか 18scottとSUNNOVAの見つめる先とは[インタビュー] ストイックさとグルーヴ感を併せ持つテクノDJ、Sakiko Osawaが初のフル・アルバムをリリース
[インタビュー] アーティストとしての成長が呼んだ“物言わぬ感性の一致” 早見沙織『JUNCTION』[インタビュー] 現代ヒップホップにおける“プロデュース”について考える――Ryohu『Ten Twenty』
[インタビュー] 丸みのある、自然体の音楽 Opus Inn『Time Rolls On』[インタビュー] 消費者だったら消費者らしく盛り上がれ “侵食する”ARKHAM
[インタビュー] “歌がうたえればそれでいい”って思えるわたしでありたい 山崎あおい『FLAT』[インタビュー] クラシック音楽と人々、作曲家と現代人を“つなげる”清塚信也の最新アルバム『connect』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015