ニュース

マルタ・アルゲリッチ、セルゲイ・ババヤンとの2台ピアノによるプロコフィエフ作品集を発表

マルタ・アルゲリッチ   2018/04/05 13:00掲載
はてなブックマークに追加
 現在のクラシック音楽界で最高の評価を受けるピアニストのひとりであるマルタ・アルゲリッチ(Martha Argerich)が、アルメニア出身の名手セルゲイ・ババヤン(Sergei Babayan)との2台ピアノによるアルバム『プロコフィエフ・フォー・トゥー』(UCCG-1795 2,800円 + 税)を4月11日(水)にリリース。

 ババヤンは、モスクワでミハイル・プレトニョフ(Mikhail Pletnev)に学び、第1回〈浜松国際ピアノコンクール〉や〈カサドシュ国際ピアノコンクール〉をはじめとする数々のコンクールで優勝を遂げ、現在はアメリカを拠点に活躍するピアニスト。ダニール・トリフォノフ(Daniil Trifonov )の師としても知られています。

 本作は、『ロメオとジュリエット』からの抜粋と、劇音楽、映画音楽、歌劇からのセレクション。ピアノに精通したババヤンが全曲の編曲も手がけており、楽曲のドラマ性がそのまま2台ピアノへと反映されています。なおアルゲリッチは、プロコフィエフの『シンデレラ』を、ババヤンの師であるプレトニョフの編曲で共演しているアルバムを2004年にリリースしています。

■2018年4月11日(水)発売
プロコフィエフ・フォー・トゥー
UCCG-1795 2,800円 + 税

[収録曲]
プロコフィエフ / セルゲイ・ババヤン編
01-12. 『ロメオとジュリエット』op.64からの12章
13. 劇付随音楽『ハムレット』op.77から「ハムレットの父親の亡霊」
14-15. 劇付随音楽『エフゲニー・オネーギン』op.71からマズルカ&ポルカ
16. 映画音楽『スペードの女王』op.70からポロネーズ
17. プーシキン・ワルツ嬰ハ短調op.120-2
18. 歌劇『戦争と平和』op.91から「ナターシャとアンドレイのワルツ」
19. 映画音楽『スペードの女王』op.70から「イデー・フィクス」


[演奏]
マルタ・アルゲリッチ、セルゲイ・ババヤン(p)

[録音]
2017年11月 シュロス・エルマウ
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 石川さゆり “日本”を綴る三部作最終章[インタビュー] Blan( 成田忍と横川理彦からなるダークウェイヴ・ユニットが待望の1stアルバムを発表
[インタビュー] ロンドン、LA、NY、サンパウロ、世界各地で現地のミュージシャンと制作したニュー・アルバム[インタビュー] ホセ・ジェイムズ レーベルの設立・結婚を経て発表する、代表作のパート2は新たな旅の始まり
[インタビュー] アグネス・オベル 音楽は秘密の日記、デンマークのSSWがひとりで作り上げた新作[インタビュー] The mellows “ヴェイパーウェイヴ”ではなく自分たちらしさを追求した新作
[インタビュー] フォトグラファー有賀幹夫が捉えたストーンズの魂(後編)[インタビュー] フォトグラファー有賀幹夫が捉えたストーンズの魂(前編)
[インタビュー] maco marets 気鋭のラッパーが語る、ひとくぎりの3枚目『Circles』までの道のり[インタビュー] チャクラ 強烈な個性で伝説的存在となっているバンドの未発表ライヴCDを、チリ人のマニアが制作
[インタビュー] 女子のリアルを綴るSSW、コレサワ “すごく前向きな”失恋アルバム[特集] Sound Schedule 鮮度の高い演奏を聞かせる3人組 2020年ライヴ最速レポ
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015