ニュース

ノルウェーのヴァイオリン奏者、マリ・サムエルセンがドイツ・グラモフォンと専属契約

マックス・リヒター   2019/01/17 13:52掲載
はてなブックマークに追加
ノルウェーのヴァイオリン奏者、マリ・サムエルセンがドイツ・グラモフォンと専属契約
 ノルウェーのヴァイオリン奏者、マリ・サムエルセン(Mari Samuelsen)が、世界最古のクラシック音楽レーベルであるドイツ・グラモフォン(DG)と専属契約を結ぶことを発表。DGからのデビュー・シングルとなるマックス・リヒター(Max Richter)作曲「ノヴェンバー」を1月11日(金)に世界同時リリースしたほか、昨年10月に中国・北京の故宮(紫禁城)で開催された〈ドイツ・グラモフォン創立120周年記念コンサート〉での演奏が独 / 仏のテレビ局ARTEで放送されます。

 サムエルセンは、フィリップ・グラス(Philip Glass)やスティーヴ・ライヒ(Steve Reich)、ペトリス・ヴァスクス(Pēteris Vasks)といった現代作曲家のレパートリーや、リヒターとのライヴ共演により新たな聴衆を獲得するなど、オリジナリティあふれるプログラミングと演奏で知られるヴァイオリニスト。ソリストとして、カーネギー・ホールやハリウッドボウル、バービカン・センター、ベルリン・コンツェルトハウス、パリ・フィルハーモニー、シャンゼリゼ劇場など、世界一流の演奏会場に出演を重ねています。 

 今年の初夏にリリース予定のサムエルセンのDGデビュー・アルバムは、ジョナサン・ストックハンマー(Jonathan Stockhammer)指揮ベルリン・コンツェルトハウス管弦楽団との共演で録音されました。収録曲は、J.S.バッハ「シャコンヌ ニ短調」のほか、リヒターやブライアン・イーノ(Brian Eno)、ヨハン・ヨハンソン(Jóhann Jóhannsson)、ピーター・グレッグソン(Peter Gregson)ら、現代をリードする作曲家の管弦楽曲です。

 サムエルセンは、3月に東京・錦糸町 すみだトリフォニーホールで行なわれる“すみだ平和祈念音楽祭2019 マックス・リヒター・プロジェクト”の公演〈クリスチャン・ヤルヴィ サウンド・エクスペリエンス2019《メモリーハウス》〉に出演。公演では、リヒターの「メモリーハウス」が日本で初演されます。



すみだ平和祈念音楽祭2019
マックス・リヒター・プロジェクト

クリスチャン・ヤルヴィ サウンド・エクスペリエンス2019
《メモリーハウス》

www.triphony.com/concert/detail/2017-12-003021.html

2019年3月5日(火)
東京 錦糸町 すみだトリフォニーホール 大ホール
開演 19:00

[曲目]
R.シュトラウス: 交響詩「ツァラトゥストラはかく語りき」op.30
リヒター: メモリーハウス(日本初演)


[出演]
マックス・リヒター(p, エレクトロニクス) / マリ・サムエルセン(vn) / グレイス・デヴィッドソン(S) / クリスチャン・ヤルヴィ指揮新日本フィルハーモニー交響楽団
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “グレート・アメリカン・ソングブック + スパイス・ガールズ” ローレン・デスバーグの普遍的魅力[インタビュー] “豊かさ”を思い出させる音楽 児玉奈央『IN YOUR BOX』
[インタビュー] ジャズ・ギタリスト小沼ようすけが追求する、生き方とマッチした音楽“Jam Ka”[インタビュー] どんどん上がっていくイメージをキープしていたい――ラフィンノーズが“ニュー・アルバム”『NEGATIVE』を2作同時リリース
[インタビュー] 最新の挑発――Ramza『sabo』[インタビュー] “知らない土地でノーバディになれた” 解き放たれたインプロヴィゼーション――ハクエイ・キム『カンヴァセーションズ・イン・パリ』
[インタビュー] フレッシュな気持ちとユーモアをもって音楽に接する 高田 漣『FRESH』[特集] 働く女性を応援!ラフィネの新CMは「職業、セラピスト。」
[インタビュー] 遊佐未森、デビュー30周年記念作品第2弾はライヴ音源+映像のメモリアル作品[インタビュー] CAPTAIN TRIP RECORDS&MARBLE SHEEPのKEN MATSUTANI率いる“KEN & THE STRANGE MOON”が1stアルバムをリリース
[インタビュー] ピアノ演奏の基礎の部分をショパンで構築してきた――牛田智大、10代最後に取り組んだショパン・アルバム[インタビュー] ホセ・ジェイムズが新レーベル「レインボー・ブロンド」を始動――第一弾アーティスト・ターリがデビュー・アルバムをリリース
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015