ニュース

ノルウェーのヴァイオリン奏者、マリ・サムエルセンがドイツ・グラモフォンと専属契約

マックス・リヒター   2019/01/17 13:52掲載
はてなブックマークに追加
ノルウェーのヴァイオリン奏者、マリ・サムエルセンがドイツ・グラモフォンと専属契約
 ノルウェーのヴァイオリン奏者、マリ・サムエルセン(Mari Samuelsen)が、世界最古のクラシック音楽レーベルであるドイツ・グラモフォン(DG)と専属契約を結ぶことを発表。DGからのデビュー・シングルとなるマックス・リヒター(Max Richter)作曲「ノヴェンバー」を1月11日(金)に世界同時リリースしたほか、昨年10月に中国・北京の故宮(紫禁城)で開催された〈ドイツ・グラモフォン創立120周年記念コンサート〉での演奏が独 / 仏のテレビ局ARTEで放送されます。

 サムエルセンは、フィリップ・グラス(Philip Glass)やスティーヴ・ライヒ(Steve Reich)、ペトリス・ヴァスクス(Pēteris Vasks)といった現代作曲家のレパートリーや、リヒターとのライヴ共演により新たな聴衆を獲得するなど、オリジナリティあふれるプログラミングと演奏で知られるヴァイオリニスト。ソリストとして、カーネギー・ホールやハリウッドボウル、バービカン・センター、ベルリン・コンツェルトハウス、パリ・フィルハーモニー、シャンゼリゼ劇場など、世界一流の演奏会場に出演を重ねています。 

 今年の初夏にリリース予定のサムエルセンのDGデビュー・アルバムは、ジョナサン・ストックハンマー(Jonathan Stockhammer)指揮ベルリン・コンツェルトハウス管弦楽団との共演で録音されました。収録曲は、J.S.バッハ「シャコンヌ ニ短調」のほか、リヒターやブライアン・イーノ(Brian Eno)、ヨハン・ヨハンソン(Jóhann Jóhannsson)、ピーター・グレッグソン(Peter Gregson)ら、現代をリードする作曲家の管弦楽曲です。

 サムエルセンは、3月に東京・錦糸町 すみだトリフォニーホールで行なわれる“すみだ平和祈念音楽祭2019 マックス・リヒター・プロジェクト”の公演〈クリスチャン・ヤルヴィ サウンド・エクスペリエンス2019《メモリーハウス》〉に出演。公演では、リヒターの「メモリーハウス」が日本で初演されます。



すみだ平和祈念音楽祭2019
マックス・リヒター・プロジェクト

クリスチャン・ヤルヴィ サウンド・エクスペリエンス2019
《メモリーハウス》

www.triphony.com/concert/detail/2017-12-003021.html

2019年3月5日(火)
東京 錦糸町 すみだトリフォニーホール 大ホール
開演 19:00

[曲目]
R.シュトラウス: 交響詩「ツァラトゥストラはかく語りき」op.30
リヒター: メモリーハウス(日本初演)


[出演]
マックス・リヒター(p, エレクトロニクス) / マリ・サムエルセン(vn) / グレイス・デヴィッドソン(S) / クリスチャン・ヤルヴィ指揮新日本フィルハーモニー交響楽団
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “生命のありさま”みたいなもの――ORIGINAL LOVE『bless You!』[インタビュー] もっと正直になりたい――本気は、きっと伝わる 杏沙子『フェルマータ』
[インタビュー] 三遊亭円丈「恋のホワン・ホワン」など“カルトな名作”を手がけた中村俊夫がトリオ・レコードの軌跡を語る[インタビュー] 自分が魅せられた“ヒップホップ”を表現したかった “DEFなYが送る特別授業”YUKSTA-ILL『DEFY』
[インタビュー] 自分にとっては“禊”って感じ――LIBRO『SOUND SPIRIT』[インタビュー] 自分がどう思ったか、どう判断したか “らしさ”を模索するYoumentbay
[インタビュー] 稀代の名プロデューサー、トレヴァー・ホーンが80年代の名曲をフル・オーケストラとともにカヴァーしたニュー・アルバムを発表[インタビュー] “常に自分をアップデートさせたい”前向きな姿勢を反映したE.P第2弾、竹内アンナ『at TWO』
[インタビュー] みんな“トモダティ” エレクトロオルタナティブユニット“tomodati”登場[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表
[インタビュー] マックス・リヒター、重要作をほぼ網羅&自身も演奏に参加する15年ぶりの来日公演開催[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015