ニュース

MISIA、アジアの歌姫から世界の歌姫へ! 世界デビュー決定!

Misia   2010/05/06 14:53掲載
はてなブックマークに追加
MISIA、アジアの歌姫から世界の歌姫へ! 世界デビュー決定!
 5月31日に全世界(36ヵ国)にて発売が決定したFIFAワールドカップ公式アルバム『Listen Up! The Official 2010 FIFA World Cup Album』にMISIAの楽曲「MAWARE MAWARE」(MISIA featuring M2J + Francis Jocky名義)が収録されることが明らかに!

 同アルバムは、2010年南アフリカ大会の開催を記念してリリースされる恒例のFIFAワールドカップ公式アルバムで、インターナショナルに活躍するソニー・ミュージックのスーパースター陣とアフリカを代表するミュージシャンとの共演をコンセプトに、シャキーラジョン・レジェンドR.ケリーワイクリフ・ジョン、ピットブル……といった著名なアーティストとアフリカを代表するアーティストのコラボレーションによる、今大会のために作った最新曲が満載の今年最大の注目作品。

 このそうそうたるメンバーに日本、そしてアジアを代表してMISIAが抜擢! 当初は、日本国内盤のみに収録の予定であったが、あまりに楽曲の評判がよく、全世界盤への収録が決定。全世界盤に日本人アーティストが参加するのは初の快挙!

 MISIAの他にも、次回大会開催地ブラジルのスーパースター、クラウヂア・レイチ、ナイジェリア出身ドイツを代表するネカなどが名を連ねており、国際色豊かなスーパースターが参加する超豪華なラインアップ。まさに、ワールド・ワイドな「スポーツ」と「ミュージック」の一大コラボレーション・アルバムです(このアルバムの売り上げの一部は“20 centres for 2010”を通して、アフリカ支援に寄附されるとのこと)。

 MISIAと言えば、2008年〜2009年にかけて<OCN presents THE TOUR OF MISIA DISCOTHEQUE ASIA>で、台湾、シンガポール、上海、ソウル、香港の海外5都市を含む全13都市 / 24公演の総動員数約25万人というアジアでのロング・ツアーも大成功! そして今回、MISIAは遂に、アジアから全世界へ!

 世界デビューを控えるMISIAは、5月26日に、横浜アリーナにて行なわれた<星空のライヴV Just Ballade MISIA with 星空のオーケストラ2010>ツアー最終公演を収録したライヴDVD+CD『星空のライヴV Just Ballade MISIA with 星空のオーケストラ2010』がリリースに。

 2009年7月より行われ、MISIA史上最大の公演数である45公演からなるツアー<星空のライヴV Just Ballade>横浜アリーナでのファイナル公演の模様を、会場の感動そのままにパッケージした本作。

 全編生演奏のオーケストラとMISIAの卓越したヴォーカルとが渾然一体となり繰り広げられる珠玉のパフォーマンスは、観客の目から思わず涙が溢れ出るとほど! こちらもお見逃しなく。


<MISIAからのコメント>
私の大好きなアフリカでは初の開催となるFIFAワールドカップに音楽で参加することが出来、また、世界公式アルバムには、初のアジアからの参加ということで、とても光栄です。
楽曲は、日本が誇るDJでもあるMUROと、才能あふれるアーティストJPからなる『M2J』のプロデュース、そして初の6カ国語で共に歌いました。
ワールドカップでは、日本の初戦の相手がカメルーン。そして同じく楽曲でもM2Jと一緒にフィーチャリングされているのが、NY 在住のカメルーンのアーティスト、フランシス・ジョッキー。
彼のギターと歌声も、とても素晴らしかったです。
私も歌と音楽で、楽しく競演させていただきました。
サッカーボールが、喜びと平和溢れる中で回り続けますよう、そして、喜びと平和で、この地球が回っていきますよう、想いを込めて歌いました。
新しい歴史、幸せな歴史が刻まれて欲しいです。是非、素晴らしい歴史の1ページを!
喜びに MAWARE MAWARE ! ! !

<Francis Jockyからのコメント>
このプロジェクトで、本当に素晴らしいアーティストのMISIAと一緒に作品が作れたことを心から光栄に、そしてうれしく思います。
カメルーンでは、みんなが本当にサッカーに夢中です。それはゲームであると同時に祝福です。
W杯で同じグループ同士になる日本とカメルーンの歌手が、世界中の人々の友情のためにともに歌う。
とても素晴らしい偶然だと感じています。
オール・ジャンル 最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 形に残すことの大事さ 輪入道×N0uTY[インタビュー] シンガー・ソングライターとしての側面にスポットをあてたTOKU『ORIGINAL SONGBOOK』
[インタビュー] “生命のありさま”みたいなもの――ORIGINAL LOVE『bless You!』[インタビュー] もっと正直になりたい――本気は、きっと伝わる 杏沙子『フェルマータ』
[インタビュー] 三遊亭円丈「恋のホワン・ホワン」など“カルトな名作”を手がけた中村俊夫がトリオ・レコードの軌跡を語る[インタビュー] 自分が魅せられた“ヒップホップ”を表現したかった “DEFなYが送る特別授業”YUKSTA-ILL『DEFY』
[インタビュー] 自分にとっては“禊”って感じ――LIBRO『SOUND SPIRIT』[インタビュー] 自分がどう思ったか、どう判断したか “らしさ”を模索するYoumentbay
[インタビュー] 稀代の名プロデューサー、トレヴァー・ホーンが80年代の名曲をフル・オーケストラとともにカヴァーしたニュー・アルバムを発表[インタビュー] みんな“トモダティ” エレクトロオルタナティブユニット“tomodati”登場
[インタビュー] “常に自分をアップデートさせたい”前向きな姿勢を反映したE.P第2弾、竹内アンナ『at TWO』[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015