ニュース

水樹奈々〈NANA MIZUKI LIVE UNION 2012〉をレポート!

水樹奈々   2012/09/10 15:48掲載
はてなブックマークに追加
水樹奈々〈NANA MIZUKI LIVE UNION 2012〉をレポート!
 さる9月8日(土)、千葉「QVCマリンフィールド」で水樹奈々がライヴ〈NANA MIZUKI LIVE UNION 2012〉を開催! 嬉しい発表も飛び出した、スペシャルなステージをレポートします!

水樹奈々
NANA MIZUKI LIVE UNION 2012
2012. 9. 8 QVCマリンフィールド
〜 オフィシャル・レポート 〜


 声優で歌手の水樹奈々が、9月8日(土)、千葉・QVCマリンフィールドにて〈NANA MIZUKI LIVE UNION 2012〉を開催。3時間半、全25曲を熱唱したほか、客席上空を横断した100mフライングや、300発の打ち上げ花火など、スタジアムに集まった36,000人の観客を沸かせた。

 6月から始まった全国ツアーのファイナル公演ということもあり、1曲目の「POP MASTER」からスタジアムは総立ち。晴天の空めがけて30mのウォーターショットが吹き上がり、「みんな、会いたかったよ!」と水樹が叫べば、満員の客席から大きな歓声が上がった。

 陽の明るい前半は、「SUPER GENERATION」などポップで弾けるような曲が続き、夜の帳が降りた後半は、「ETERNAL BLAZE」などシリアスでハードな曲が並んだ。海風がスタジアムに吹き込むと、「野外、気持ちいいね!」と満面の笑顔を見せた水樹。映画『魔法少女リリカルなのは The MOVIE 2nd A's』主題歌「BRIGHT STREAM」や、劇場版『BLOOD-C The Last Dark』主題歌「METRO BAROQUE」など、ヒット曲を次々と熱唱した。

 ライヴ最大の見所となったのは、メインステージからアリーナ後方まで、全長100m以上にも及んだフライングだ。地上30mの高さで、『Synchrogazer』を歌いながら観客の上を横断。天を舞う水樹に、観客からは驚きの声が。“UNION STAR号”と名付けられた巨大な船に見事着地すると、ファンに大きく手を振りながら、客席内を旋回した。

 MCコーナーでは、2012年12月12日に、CDデビュー12周年を飾るオリジナル・アルバムを発売することを発表。声優として出演中のフジテレビ系アニメ『トリコ』エンディング・テーマ(10月よりオンエア)や、ニンテンドー3DS / PSP版『アンチェインブレイズ エクシヴ』主題歌「LINKAGE」が収録されることが伝えられた。さらに、2013年1月19日(土)、20日(日)には、2年ぶりとなるフルオーケストラ・ライヴが、埼玉・さいたまスーパーアリーナで開催されることが決定。嬉しいサプライズに、喜びの拍手が巻き起こった。

水樹奈々

水樹奈々

水樹奈々

 ツアーを振り返り、「みんなとの絆が、より深まったツアーになりました。たくさんの愛をありがとう」とファンへの感謝を告げた水樹。アンコールには、千葉県PRマスコットキャラクター“チーバくん”が応援に駆けつけ、観客とともに「ONE」を熱唱。クライマックスには300発の花火が打ち上げられ、客席の興奮も最高潮。ステージをあとにするギリギリまで、「最高の時間を、ありがとう!」と、何度も叫び続けた。(文:瀬尾水穂、写真:上飯坂一)
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] だれかの「こころのやらかい場所」に。一瞬しかないの最強のデビュー・アルバム[特集] 東京音楽大学附属オーケストラ・アカデミー、オーケストラ奏者養成機関に見た大海原に漕ぎ出す若き才能の萌芽
[インタビュー] 宮本笑里、デビュー15周年を記念してクラシックの小品を弾いた『classique deux』[インタビュー] 初の全国流通盤をリリース 話題の一寸先闇バンド登場
[インタビュー] 室田瑞希、ひとりの表現者としての在り方を示す ニュー・シングル[特集] 鞘師里保、初のファンミーティング開催! 
[インタビュー] 元キマグレン・ISEKIが惚れ込んだ絶景の白馬岩岳で行なわれる山頂音楽フェスの魅力とは?[インタビュー] みやけん、人気ピアノYouTuber 早くも2ndアルバムを発表
[インタビュー] 蔦谷好位置が語る映画『SING/シング:ネクストステージ』日本語吹替えキャストの歌[インタビュー] 岸 裕真、注目のAIアーティスト初の作品集を発表
[インタビュー] 矢川 葵、「昭和歌謡を歌い継ぐ」ソロとして再始動[インタビュー] 踊るヴァイオリニスト×気鋭の歌い手「RiO楽曲制作プロジェクト」
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015