ニュース

Night Tempo、秋元薫「Dress Down」を昭和グルーヴで公式リエディット

Night Tempo   2021/07/28 12:28掲載
はてなブックマークに追加
Night Tempo、秋元薫「Dress Down」を昭和グルーヴで公式リエディット
 6月に自身のキャリア原点となる「Catch Me」のオフィシャル・リエディットを含む中山美穂の昭和グルーヴをキングレコードよりリリースしたNight Tempoが、早くも昭和グルーヴ第9弾『秋元薫 – Night Tempo presents ザ・昭和グルーヴ』を8月11日(水)にリリース。

 今回取り上げる秋元薫は、元カシオペアの最強リズム隊でジンサクへと発展する神保彰櫻井哲夫、そして国分友里恵と共にシャンバラ(SHAMBARA)を結成した女性シンガー。松任谷由実のツアー参加歴もある秋元が1986年にInvitation / ビクターから発表した、唯一の自己名義の作品である傑作アーバン・ファンク・アルバム『Cologne』から「Dress Down」「今日はひとりきり」の2曲をピックアップ。

 「Dress Down」は、黒くてアーバンなプログラミング・リズムや厚塗りリバーブのサウンド・メイクの80'sジャパニーズ・ブギー・ファンクとして、発売当時以上に2010年代に入ってから国内外で評価が高まり、海外のフューチャー・ファンク系プロデューサー / DJらもピックアップ。Night Tempoも、インタビューで松原みき「真夜中のドア/Stay with Me」以外にも海外で既にバズっているシティ・ポップ楽曲の一つとして挙げていたこの曲を、リエディットして公式リリースする運びとなり、原曲の良さを活かしつつ、ゴリゴリのフューチャー・ファンクへと昇華。本人曰く「このリエディットは海外で人気になります」と自信をのぞかせています。

 もう一曲は、アルバム『Cologne』に収録されている、Night Tempoお気に入りのバラード「今日はひとりきり」。ビートを効かせたミディアム・テンポなナンバーへとリエディット、コンテンポラリー感が増したトラックへと変貌を遂げています。なお、アルバム『Cologne』をモチーフにした今回のジャケットも、一連の「昭和グルーヴ」シリーズを手掛ける韓国のイラストレーター、tree 13が手掛けています。

 また、オリジナルの「Dress Down」の新たなリリック・ビデオを海外向けに公開、早くも20万回を超えるビュー数を記録。寄せられているコメントも英語やスペイン語ばかりと、海外からのリアクションが目立っている状況の中でリリースされるNight Tempoの公式リエディットは、更なる海外でのバズが期待されます。



■2021年8月11日(水)配信開始
Night Tempo
『秋元薫 – Night Tempo presents ザ・昭和グルーヴ』


[収録曲]
01. Dress Down (Night Tempo Showa Groove Mix)
02. 今日もひとりきり(Night Tempo Showa Groove Mix)
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ[インタビュー] 新作アルバムは、ずっと愛奏している作品で構成したオール・ショパン・プログラム、小林愛実
[特集] 「Sony Park展」第3弾「ファイナンスは、詩だ。」 東京スカパラダイスオーケストラインタビュー[インタビュー] 活動10周年にして集大成さくら学院ラスト・インタビュー
[インタビュー] チャレンジ精神に歌とダンスでエールを送る 新曲は『新幹線変形ロボ シンカリオンZ』主題歌、BOYS AND MEN[特集] Sony Park展「音楽は旅だ」「カンタビレIN THE PARK」レポート 奥田民生
[特集] クラウン時代のラスト・アルバム(鈴木茂コスモス’51リミックス発売記念ライブ)白熱のライヴ・レポート、鈴木茂[インタビュー] 千住真理子、音楽は時空を超えて旅をする 新作はヴァイオリンで歌う世界のメロディ
[インタビュー] ユーミン、じゃがたら、『みんなのうた』…、新作は原曲と違う風景が見えるカヴァー集 KERA[インタビュー] 宮本笑里×DAITA 恐竜科学博の壮大なテーマ曲で実現した、異なる弦楽器のコラボレーション
[インタビュー] 架空の映画のサウンドトラックというコンセプト・アルバムを発表したKaede[インタビュー] 大井 健 コロナ被害からの再起 / みずからの新たな挑戦から生まれたクラシック・アルバム
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015