ニュース

<QUATTRO MIRAGE VOL.2>レポート〜小谷美紗子×PERIDOTS!

小谷美紗子   2011/05/30 15:45掲載
はてなブックマークに追加
<QUATTRO MIRAGE VOL.2>レポート〜小谷美紗子×PERIDOTS!
 5日間連続で開催されるタワーレコードとCLUB QUATTROの共同ライヴ・イベント<QUATTRO MIRAGE VOL.2〜MORE ACTION, MORE HOPE.〜powered by TOWER RECORDS>。5月25日(水)に渋谷CLUB QUATTROで行なわれた3日目の模様をタワーレコード渋谷店スタッフがレポート!

【タワーレコード渋谷店スタッフによるレポート】

 会場の落ち着いた雰囲気のなか、小谷美紗子がステージに。今回は100sのメンバーでもある、山口寛雄(b)、玉田豊夢(ds)を従えトリオでの登場だ。 一曲目はアルバム『ことの は』に収録されている「空の待ち人」。透明で澄んだ、でも力強い彼女の歌と、心地よいピアノが会場を包み込み、そのまま名曲「Who」へ。「トリオでやるのは6ヵ月ぶり」と笑いながらのMCをはさんだあと、「青さ」そして、アップ・テンポで3人のグルーヴが真骨頂の「faint oder」「still have us」で盛り上がる! 心に響く彼女の歌に聴き入る会場。

 そして、ステージには小谷一人に。「みなさん、地震は大丈夫でしたか? マスコミなどが忘れても、私たちは長く想い続けていきましょう」と伝えた後、今回の東日本大震災で大きな衝撃を受けたことから生まれたという楽曲「3月のこと」を披露。会場の一人ひとりに訴えてくるような歌詞と歌声に、その場にいる皆が強く胸を打たれるようなステージで幕を閉じた。


小谷美紗子


 続いてタカハシコウキのソロ・ユニット、PERIDOTS。ステージに一人で立ち「長かった一日が終わろうとしている」ではじまると、彼にしか作り出すことのできないロックの世界へ。 2曲目からはバンド・セットでの演奏で、「労働」「オールライ」「Head to Toe」と、類まれなる切なさを持ったメロディ、ギター、聴いたら忘れられない澄みきったハイトーン・ヴォイス……唯一無二の世界観で会場を虜に。「小谷美紗子さんとは同じシンパシーを感じていたので今日は同じステージに立てて嬉しい」というMCから、どこか哀愁ある「Nothing Is Comig」、優しいメロディの「メトロ」、穏やかな「どこへ」と、1stアルバム『MY MIND WANDERS』からの楽曲を中心に披露。アンコールは「Tokyo to Tokyo」で締めくくる。


PERIDOTS

PERIDOTS


 両者とも“歌”に心を揺さぶられる、歌のパワーを感じられた一夜となった。


■5月25日(水)<QUATTRO MIRAGE vol.2>セットリスト

act:小谷美紗子
01. 空の待ち人
02. Who
03. 青さ
04. faint oder
05. still have us
06. 消えろ
07. Recognize
08. 3月のこと

act:PERIDOTS
01. 長かった一日が終わろうとしている
02. 労働
03. オールライト
04. Head to Toe
05. My Mind Wanders
06. Nothing Is Coming
07. Follow The Stars
08. メトロ
09. どこへ
10. Tokyo to Tokyo
enc. リアカー

(photo by Yukari Morishita)
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] さらに成長をとげた2nd EPをリリース、鞘師里保[インタビュー] 和田彩花、全作詞とアートワークを手掛けたアルバム完成
[特集] 『マッカートニー 3,2,1』ポール・マッカートニーがこれまでの音楽活動をリック・ルービンと語るドキュメンタリー[インタビュー] デビュー20周年のジャズ・ヴォーカリスト、待望の新曲をリリース Shiho
[インタビュー] BeatleDNA、ビートルズへの思いがあふれる人気シリーズが完結 制作担当者が語る実現までの笑いと涙[インタビュー] 西から上がるロックンロール新時代の狼煙、THE PERRY
[インタビュー] 山中千尋、レコード・デビュー20周年を記念して、新録を含むバラード・ベスト・アルバムを発表[インタビュー] 佐藤浩市、キャリア初のヴォーカル・アルバムは豪華ゲストを迎えた無観客ライヴ
[インタビュー] 連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」のサントラを音楽担当の金子隆博が語る[インタビュー] こだわりがつまった完全セルフプロデュースEP、山村 響
[特集] ドキュメンタリー作品『ザ・ビートルズ:Get Back』を観た![インタビュー] ILL-BOSSTINO(THA BLUE HERB)、dj hondaとのジョイント・フルアルバムを発表
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015