ニュース

OPETH、ニュー・アルバム『Pale Communion』のリード・トラックを公開

オーペス   2014/06/04 15:13掲載
はてなブックマークに追加
 メタルのフィールドから踏み出し、今やユーロを代表するプログレッシヴ・ロック・アクトへと変貌を遂げたスウェーデンの至宝、OPETH。彼らが、首謀者Mikael AkerfeldtとSteven Wilson(PORCUPINE TREE)のコラボレート・プロジェクトSTORM CORROSIONを挟み、2011年作『Heritage』以来約3年ぶりとなるニュー・アルバム『Pale Communion』(写真)をリリース。世界に先駆け、国内盤(WPCR-15732 2,457円 + 税)が8月20日(水)に日本先行発売となります。

 前作に引き続き、Steven Wilsonがミキシングを担当した本作。1998年の2ndアルバム『My Arms, Your Hearse』から2005年の8thアルバム『Ghost Reveries』まで、名作の誕生を支えた前任ドラマー、Martin Lopezがゲスト参加している点にも注目です。現在iTunes Storeでは、アルバムをご予約注文いただいた方を対象にリード・トラック「Cusp of Eternity」の先行ダウンロードを実施中。これに合わせVimeo(vimeo.com/97095402)では、おなじみTravis Smithによるカヴァー・アートをあしらった同楽曲の動画を公開中。前作ではヴィンテージの薫りすら漂う新境地を開拓したOPETH。新曲では、さらに一味違う姿へと変貌を遂げた魅力の一部を伺うことができます。

クリックすると大きな画像が表示されます


■2014年8月20日(水)日本先行発売
OPETH
『Pale Communion』

WPCR-15732 2,457円 + 税

[収録曲]
01. Eternal Rains Will Come
02. Cusp of Eternity
03. Moon Above, Sun Below
04. Elysian Woes
05. Goblin
06. River
07. Voice of Treason
08. Faith in Others
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす[インタビュー] 荘村清志 30〜40年ぶりに弾き、その魅力に引き込まれたアルベニスの作品集に込められた思い
[インタビュー] スウィート&グルーヴィなSSW、待望の新作 kiki vivi lily[インタビュー] ローリング・ストーンズ、ジャム、レディオヘッド…UKロックの名曲に挑んだ7年ぶりの新作、1966カルテット
[インタビュー] みやけん  人気ピアノYouTuberがいよいよCDデビュー![インタビュー] NHK「世界ふれあい街歩きコンサート」人気テレビ番組が生演奏とその音楽と公演の見どころを作曲家・村井秀清が語る大画面で楽しむコンサートに
[特集] あれもこれも、やつらの仕事。天才クリエイター集団の実態に迫る、DRAWING AND MANUAL[特集] 映像配信サービス「dTV」に新ジャンル「ライブ」が誕生、ひと味違うライブ体験ができるその魅力
[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ[インタビュー] 新作アルバムは、ずっと愛奏している作品で構成したオール・ショパン・プログラム、小林愛実
[特集] 「Sony Park展」第3弾「ファイナンスは、詩だ。」 東京スカパラダイスオーケストラインタビュー[インタビュー] 活動10周年にして集大成さくら学院ラスト・インタビュー
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015