ニュース

Ovall、4thアルバム『Still Water』リリース決定&ジャケット公開

Ovall   2024/05/27 13:55掲載
はてなブックマークに追加
Ovall、4thアルバム『Still Water』リリース決定&ジャケット公開
 メンバーそれぞれがプロデューサーとしてキャリアを積み上げ、音楽家として成長した3人組バンドのOvall(オーバル)が、6月26日(水)に4thアルバム『Still Water』をリリースします。

 Ovallは、さかいゆうCHEMISTRYなどを手掛けるShingo Suzuki(b)、星野源米津玄師imaseなどを手掛けるmabanua(ds)、あいみょん藤原さくらなどに携わる関口シンゴ(g)からなるマルチプレイヤー集団。各メンバーがソロアーティストとして活動し、プロデューサーやアレンジャーとしてさまざまなジャンルのアーティストや楽曲制作に携わってきたからこそ見える視点を持つ彼らが、ジャンルや手法に捉われずに5年の時を経て『Still Water』を完成させています。

 『Still Water』は、TikTokや各種音楽チャートなどで“バズ”を起こしているダンサブルなジャジィ・ファンク・チューン「Cubism」をはじめ、プジョー「PEUGEOT 208」のTV-CFでも話題のSIRUP客演曲「It's all about you feat. SIRUP」、TikTokバイラル9位となった、レーベルメイトのNenashi客演曲「Find you in the dark feat. Nenashi」、若手注目のシンガーの“さらさ”をフィーチャーした「影 feat. さらさ」、SOIL & “PIMP” SESSIONSのタブゾンビがトランペット、MELRAWこと安藤康平がアルトサックスで参加した「Peanuts」といった豪華な客演陣が名を連ねる楽曲のほか、グルーヴを変化させて作ったダークでメロウなインスト小作品「Smoke」、Ovallの原点となるアンダーグラウンドなセッション・シーンを彷彿とさせる「Neon」「Joker」を加えた、“Ovallとは何か”“音楽とは何か”と原点回帰し、再考した末に生み出された珠玉の8曲をパッケージ。常に進化しながらもどこか不変的なインディペンデント精神を感じさせるアルバムに仕上がっています。

 ジャケットのイラストは、〈GREENROOM FESTIVAL'24〉への参加も記憶に新しい、東京、大阪、福岡、ロサンゼルス、サンフランシスコ、ニューヨークなどで個展を開き、国内外のアートシーンで熱い視線を集めているイラストレーターのToyamegが担当。カラフルな楽曲群を見事にアートワークに落とし込んだ、色彩豊かで異国情緒漂うジャケットがパズルの最後のピースとなって、『Still Water』を完成させています。

 アルバムについて、Ovallのメンバーはそれぞれ次のようにコメントしています。

――Shingo Suzuki
 時間をかけて少しずつ溜まってきた今作の楽曲は個々のスタジオで作りレコーディングしたものもあれば、スタジオに集まって作ったものもあり様々。方向性を定めずに制作して出来上がった楽曲群は実に色彩豊かなお弁当のようになりました。しかし全曲通して聴いてみると一聴してOvallのバンドサウンド。強い個性が集まっているんだなぁ、と改めて思っています。激動の時代、動かぬ水のように静かに佇みながら内に秘めた想いを持ちつつ、いつになっても誰しも姿を変え形を変え何にでもなれる。ひっそりと曲をつくりながらそんな想像に耽っていました。またみんなとアルバムを共有できたのは嬉しい。次はライブで会いましょう。

――関口シンゴ
 今作はコロナ禍を挟んで制作された影響もあってか、3人の個の色がより強く反映されたものになった気がします。それぞれがOvallという軸に片足を置いたまま、もう片方の足で思い思いの音楽を引っ張り込んできたような、そんな自由さや試みの詰まった作品です。それでも最終的にはひとまとめにして「Ovall」の刻印を押して世に出せるのが変幻自在な楕円の良いところなのかも、と結成18年くらいを経て最近感じるところです。そんな定まらない今のOvallを楽しんでもらえたら嬉しいです。

――mabanua
 久々のOvall新作です。前作「Ovall」は“よりソリッドに、よりシンプルに”をテーマにした作品でしたが、今回はカラフルに立体的に、まさにToyamegさんが描いてくれたジャケットのように色彩豊かな作品になっていると思います。Ovallは周りが揺れ動く中でも信念を持って地道に音楽を作ってきた自負がありますし、そんなことをコンセプトにしてきたバンドでもあるので、まさに文字通り『Still Water』な1枚に仕上がっていると思います。ぜひ聴いてみてください。

 さまざまな変化を厭わずも、軸がぶれずに進化し続ける“現在進行形のOvall”が注ぎ込まれた、渾身の一枚に注目です。

拡大表示

Illustration by Toyameg

■2024年6月26日(水)リリース
Ovall
『Still Water』

レーベル:origami PRODUCTIONS
CD OPCA-1061 3,300円(税込)
ストリーミング&ダウンロード
https://ovall.lnk.to/StillWater (6月26日に随時更新)

[収録曲]
1. Cubism
2. It's all about you feat. SIRUP
3. Peanuts
4. Neon
5. 影 feat. さらさ
6. Smoke
7. Find you in the dark feat. Nenashi
8. Joker
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] AATA  過去と現在の自分を全肯定してあげたい 10年間の集大成となる自信の一枚が完成[インタビュー] ソウル&ファンク・ユニットMen Spyder 初のEPを発表
[インタビュー] KMC 全曲O.N.Oによるビート THA BLUE HERBプロデュースの新作[インタビュー] 魚返明未 日本の新世代ジャズを牽引するピアニストが、新たなトリオでアルバムを発表
[インタビュー] みやけん 人気ピアノYouTuber 『俺のヒットパレード!』第4弾リリース![インタビュー] Billyrrom 注目の新世代バンドに聞く新章突入と〈HEADZ 〜NEW HOT WAVE〜〉出演への思い
[インタビュー] 町あかりの歌謡曲・春夏秋冬 春のテーマは「ディスコ」![インタビュー] Arvin homa aya  実力派シンガーの話題曲 アナログで連続リリース
[インタビュー] ジェイコブ・コーラー × kiki ピアノ 凄腕師弟コンビ[インタビュー] 文坂なの \
[インタビュー] 人気ジャズ・ピアニストが立ち上げた新レーベル 第1弾は田中裕梨とのコラボ・シングル[特集] いよいよ完結!? 戦慄怪奇ワールド コワすぎ!
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015