ニュース

Qyoto、新曲「歪んだターゲット」がドラマ「死亡フラグが立ちました!」挿入歌に決定

Qyoto   2019/10/18 12:33掲載
はてなブックマークに追加
Qyoto、新曲「歪んだターゲット」がドラマ「死亡フラグが立ちました!」挿入歌に決定
 京都出身の6人組バンド、Qyotoの新曲「歪んだターゲット」が、10月24日(木)からU-NEXT / カンテレにて放送される“『このミス』大賞”ドラマ・シリーズ第3弾「死亡フラグが立ちました!」の挿入歌に起用されることが決定しています。

 “『このミス』大賞”ドラマ・シリーズは、宝島社〈『このミステリーがすごい!』大賞〉の関連作品の中から計5タイトルを選定し制作され、シリーズ第1弾「時空探偵おゆう 大江戸科学捜査」の主題歌「花時雨」、同第2弾「名もなき復讐者 ZEGEN」のエンディング・テーマ「夏の雪」と挿入歌「僕の生きている意味」もQyotoが担当しており、今作で3作品連続での抜擢となります。

 ドラマ「死亡フラグが立ちました!」は、七尾与史の原作「死亡フラグが立ちました!」(宝島社刊)をもとに、小関裕太演じるフリーライターが“死神”と呼ばれる殺し屋の謎を追う姿をよりユーモラスに描いていくミステリー作品。Qyotoのヴォーカル、中園勇樹は挿入歌「歪んだターゲット」について、「このミス第1弾、第2弾に続き、第3弾の挿入歌もQyotoが担当させていただくことになり光栄です!『死亡フラグが立ちました!』はジェットコースター的ユーモアミステリーということで、今回の新曲「歪んだターゲット」は、曲の展開のテンポ感を意識した歌詞のハマりを特にこだわりました。その中でも僕はサビのある部分のハマりのテンポ感が気に入っているのですが、ドラマの中で流れた時に、きっとここやな!とみなさんに気付いていただけたら嬉しいです」とコメントしています。

ドラマ「死亡フラグが立ちました!」
放送: 10月24日(木)よりカンテレにてスタート
毎週木曜日24:25〜24:55
配信: U-NEXT独占配信
毎週金曜日10:00〜
www.ktv.jp/konomys/shibou-flag
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 日本のパンク・シーンに登場してから35年! 今も走り続けるNICKEYがベスト盤とミニ・アルバムを発表[インタビュー] 進化するKIRINJI “シティ・ポップ”で“夜の匂い”のする14thアルバム
[インタビュー] Carpainter ジャパニーズ・テクノへの懐古と再構[インタビュー] chay 「今の時期だからこそ歌えた歌」心の成長や変化が昇華された新作
[インタビュー] みずからを解き放ち、どこへでも自由に羽ばたいて行ける――ミロシュの復帰第1作『サウンド・オブ・サイレンス』[インタビュー] 大阪在住の4人組、POP ART TOWNの1stアルバムに満ちるフレッシュなポップ・センス
[インタビュー] 大切なのは生活リズムのメリハリ。“睡眠研究の権威” 西野精治教授が監修する眠りと目覚めのクラシックCD[インタビュー] のろしレコード 松井文、折坂悠太、夜久一、シンガー・ソングライター3人が出会って生まれた歌
[インタビュー] ピアニスト、ユップ・ベヴィンが映画『楽園』に提供した寂しさと希望の共存する音楽[特集] 1日だけのポイントカラーを楽しむ毛髪着色料「PAF 1-day hair tint」×ファッション・アイコン「lol」が盛り上げる「特別な1日」
[インタビュー] インドで生まれ、アメリカで学び、現在は日本で活躍する異色のシンガー・ソングライター、teaがメジャー・デビュー・アルバム『Unknown Places』を発表[インタビュー] ジョヴァンニ・アレヴィ ポップからクラシックまでジャンルを横断するイタリア出身のピアニストの“愛のアルバム”
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015