ニュース

元宝塚トップスター蘭寿とむ、CDデビュー

蘭寿とむ   2015/08/24 14:19掲載
はてなブックマークに追加
元宝塚トップスター蘭寿とむ、CDデビュー
 宝塚歌劇団の100周年記念公演を花組トップスターとしてつとめ、2014年5月に退団後は女優として順調に活躍を続けている蘭寿とむ(らんじゅ とむ)が初のCDアルバム『Le Ange(ル・アンジュ)』を10月21日(水)にリリースします。YouTubeでは収録曲「つばさ」が流れるメイキング映像を公開中。

 今年1月に発売された元宝塚歌劇団の男役トップスター10名によるJ-POP男性ヴォーカリストのカヴァー・アルバム『麗人-REIJIN-』に参加し、坂本 九「心の瞳」を歌い、そのハートウォーミングな響きが評判となった蘭寿。続く7月リリースの『麗人REIJIN -Showa Era-』では松田聖子「瑠璃色の地球」を歌い、歌手としての評価も高まっています。

 アルバムは“蘭寿”という芸名の由来となった“Le Ange(ル・アンジュ)=天使”というタイトルの通り、セルフプロデュースにより制作。収録曲は、安室奈美恵「I WILL」、平井 堅「POP STAR」、伊藤由奈「Precious」、シェネル「君に贈る歌〜SONG FOR YOU」、コブクロ「ここにしか咲かない花」、本田美奈子.「つばさ」、木村 弓「いのちの名前」(『千と千尋の神隠し』テーマソング)というカヴァー7曲のほか、自身が作詞した2曲を含むオリジナルの新曲も5曲収められる予定。ジャケット写真はレスリー・キーが撮影したもの。

 さらに11月12日(木)には、東京・品川ステラボールでCD発売記念ライヴの開催も決定。限定盤(初回生産分)にはチケット優先購入申込券(シリアルナンバー)が封入されます。


最初にCDデビューのお話をいただいた時は、とても嬉しかったです。
新曲を5曲も作っていただき、素敵な曲ばかりで幸せです。今回は、自分で作詞にもトライしています!
また、素晴らしいミュージシャンの方々の曲もカヴァーさせていただきました。
このアルバムが、たくさんの方の心に届きますように!!

――蘭寿とむ

■2015年10月21日(水)発売予定
蘭寿とむ
『Le Ange(ル・アンジュ)』

限定盤 CD + DVD VIZL-890 4,200円 + 税
通常盤 CD VICL-64431 3,000円 + 税

[CD収録内容 / 全12曲]
「I WILL(オリジナル: 安室奈美恵)
「POP STAR(オリジナル: 平井 堅)
「Precious」(オリジナル: 伊藤由奈)
「いのちの名前」(「千と千尋の神隠し」テーマソング)(オリジナル: 木村 弓)
「君に贈る歌〜SONG FOR YOU」(オリジナル: シェネル)
「ここにしか咲かない花」(オリジナル: コブクロ)
「つばさ」(オリジナル:本田美奈子)
※このほかオリジナル新曲(5曲)を収録

[限定盤DVD収録内容]
オリジナル新曲のMV(ミュージックビデオ)と
レコーディング&ジャケット撮影のメイキング映像を収録

[限定盤]
初回生産分に、CD発売記念ライヴのチケット優先購入申込券(シリアルナンバー)を封入。
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表[インタビュー] マックス・リヒター、重要作をほぼ網羅&自身も演奏に参加する15年ぶりの来日公演開催
[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ[インタビュー] ベイ・エリア・ヒップホップへの偏愛――ILL-TEE「STAY TRUE / BOTTLE AFTER BOTTLE」
[特集] セットリストはおなじみの名曲ばかり! 新作完成を記念したトレヴァー・ホーン最新ライヴ・レポート[インタビュー] 20年に愛と感謝を込めて――守屋純子オーケストラの定期公演「20 Years of Gratitude」
[インタビュー] 周りとは違うやり方で、どれだけ存在感を示していけるか 18scottとSUNNOVAの見つめる先とは[インタビュー] ストイックさとグルーヴ感を併せ持つテクノDJ、Sakiko Osawaが初のフル・アルバムをリリース
[インタビュー] アーティストとしての成長が呼んだ“物言わぬ感性の一致” 早見沙織『JUNCTION』[インタビュー] 現代ヒップホップにおける“プロデュース”について考える――Ryohu『Ten Twenty』
[インタビュー] 丸みのある、自然体の音楽 Opus Inn『Time Rolls On』[インタビュー] 消費者だったら消費者らしく盛り上がれ “侵食する”ARKHAM
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015