ニュース

ラットの再録ベスト!? その実態は…

ラット(Ratt)   2005/03/11掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
ラットの再録ベスト!? その実態は…
 L.A.メタルを代表するバンド、ラットの元シンガー、スティーヴン・パーシーが、ラットの曲をリレコーディングしたアルバムをアメリカで発売しました。タイトルは『Ratt Era:The Best Of』

 前身バンドであるMickey Ratt名義でのリリースとなったこのアルバム、ゲスト・ギタリストにジョージ・リンチ(元ドッケンリンチ・モブ)とトレイシー・ガンズ(元L.A.ガンズブライズ・オブ・ディストラクション)を迎えるというL.A.同窓会的雰囲気も。確かに“ベスト”と言ってもいい選曲ではありますが、コレをシャレとして楽しむか、過去の遺産を食い潰しおって!と切り捨てるかはあなた次第。80年代に活躍したヘヴィ・メタル・バンドに、“昔の名前で出ています”的なリリースを続けさせて賛否両論となっているCleopatra/Deadline Recordsがリリース元というのも確信犯的な匂いを感じますが……。

 アートワーク(写真)も郷愁を誘うこの作品、すでにアメリカでは3月8日にリリース済です。

●Mickey Ratt『Ratt Era:The Best Of』収録曲
01. Round And Round
02. You Think You're Tough
03. U Got It
04. Sweet Cheater
05. Lack Of Communication
06. Lay It Down
07. You're In Love
08. Back For More
09. Wanted Man
10. Lovin' You's A Dirty Job
11. Slip Of The Lip
12. Body Talk
13. I'm Insane
14. Dr. Rock
15. Ratt Madness
16. Drivin' On E
17. Top Secret
※ミュージック・ビデオ、スタジオ・インタビューを収録したDVD付き。
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “常に自分をアップデートさせたい”前向きな姿勢を反映したE.P第2弾、竹内アンナ『at TWO』[インタビュー] みんな“トモダティ” エレクトロオルタナティブユニット“tomodati”登場
[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表[インタビュー] マックス・リヒター、重要作をほぼ網羅&自身も演奏に参加する15年ぶりの来日公演開催
[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ[インタビュー] ベイ・エリア・ヒップホップへの偏愛――ILL-TEE「STAY TRUE / BOTTLE AFTER BOTTLE」
[特集] セットリストはおなじみの名曲ばかり! 新作完成を記念したトレヴァー・ホーン最新ライヴ・レポート[インタビュー] 20年に愛と感謝を込めて――守屋純子オーケストラの定期公演「20 Years of Gratitude」
[インタビュー] 周りとは違うやり方で、どれだけ存在感を示していけるか 18scottとSUNNOVAの見つめる先とは[インタビュー] ストイックさとグルーヴ感を併せ持つテクノDJ、Sakiko Osawaが初のフル・アルバムをリリース
[インタビュー] アーティストとしての成長が呼んだ“物言わぬ感性の一致” 早見沙織『JUNCTION』[インタビュー] 現代ヒップホップにおける“プロデュース”について考える――Ryohu『Ten Twenty』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015