ニュース

フジロック’12、出演者第4弾25組を発表! レイ・デイヴィス、エド・シーラン、THA BLUE HERBほか

レイ・デイヴィス(Ray Davies)   2012/04/19 15:39掲載
はてなブックマークに追加
フジロック’12、出演者第4弾25組を発表! レイ・デイヴィス、エド・シーラン、THA BLUE HERBほか
 2012年7月27日(金)、28日(土)、29日(日)の3日間開催される<FUJI ROCK FESTIVAL'12>の第4弾出演アーティスト25組が発表されました。

 まずは、昨年のフジロック、最終日のグリーン・ステージのクロージングバンドとして、日本での最後のライヴを披露してくれたザ・ミュージック。そのヴォーカル、ロバート・ハーヴェイと、ザ・ストリーツ名義での活動休止を宣言したUKヒップホップ界の大物、マイク・スキナーによる奇跡のコラボ・ユニット、THE D.O.T.(ザ・ディー・オー・ティー)が、早くもフジロックに登場。どんなライヴを見せてくれるのか!? 今から期待が膨らみます。

 そして今年のブリット・アウォード2012で見事2冠を獲得し、先日の単独来日ライヴでも圧巻のギター・プレイ&ヴォーカルで魅了した大型新人シンガー・ソングライター、エド・シーラン(Ed Sheeran)。たった1本のアコギとループ・ペダルを使った独創的な演奏に度肝を抜かれること間違いなし!

 “サイケ・エレクトロ・ポップ”なキラリと光るセンスが魅力のジャンゴ・ジャンゴ(Django Django)は、元ベータ・バンドのメンバーの実弟のバンドと聞いて納得のUK期待のニューカマーです。

 ダンス・ミュージック・シーンからは、イギリスの国営ラジオ局BBC Radio1から登場した人気女性DJ、アニー・マック(Annie Mac)に、今年1月の来日も好評だったスウェーデン発のテクノ・ユニット、ザ・フィールド(The Field)が登場!

 日本でも公開され話題になった映画『(500)日のサマー』のズーイー・デシャネルとの音楽ユニットシー&ヒムや、ブライト・アイズことコナー・オバーストらとのユニット、モンスターズ・オブ・フォークでの活動が話題となったUSインディ界の重要人物M.ウォード(M.Ward)。来週25日にリリースされる待望のソロ新作『ア・ウェイストランド・コンパニオン』を引っ提げて登場します。

 ほかにも、ネヴィル・ブラザーズの第2世代を中心とした、ニューオーリンズのファンク・バンド、アイヴァン・ネヴィル率いるダンプスタファンク(DUMPSTAPHUNK)、耳なじみのよい彼女の曲がアップルのCMで流れたことで一躍ブレイクしたフランス出身の女性シンガー・ソングライター、ヤエル・ナイム(Yael Naim)など、今年のフジ・デビュー・チームも魅力満載。

 そして今回のロック・レジェントの目玉として、フジ出演13年ぶりのレイ・デイヴィス(Ray Davies)! あのザ・キンクスのフロントマンがバック・バンドを従えてフジに戻ってきます。

 また、“レゲエ”という音楽ジャンルを作ったとも言われ、ボブ・マーリーと並びレゲエ・ミュージックを世界に広めたリヴィング・レジェンド、トゥーツ・アンド・ザ・メイタルズ(Toots And The Maytals)も苗場に降臨!

 そして国内組も多数決定!

 フジロックでのライヴは全てが伝説入りとも言われるTHA BLUE HERB、新世代のジャパニーズ・ヒップホップ・シーンからはgroup_inou、毎回奇想天外なパフォーマンスに驚かされる、渋さ知らズオーケストラ、元RCサクセションのCHABO+ストリート・スライダーズの蘭丸による麗蘭、祝結成30周年、日本を代表するOi!パンク・バンドCOBRAに、ともに3ピースの激情ロック・バンドLOSTAGEとa flood of circle、昨年前夜祭に出演し大好評だったMOP OF HEADがいよいよ本陣参戦、ほかにもゴジラ・放射能・ヒカシュー小坂忠鈴木茂中野督夫による完熟トリオ、ORQUESTA LIBRE、quasimodeと、日本の音楽シーンの幅の広さを表すような12組が決定しています。
 詳細はフジロック’12オフィシャル・サイト(www.fujirockfestival.com)でご確認ください!


<FUJI ROCK FESTIVAL'12>
期間:2012年7月27日(金)、28日(土)、29日(日)
会場:新潟県 湯沢町 苗場スキー場
 
[出演]
THE STONE ROSES(7月27日・金)RADIOHEAD(7月29日・日) 
(以下アルファベット順)
a flood of circle / AGORIA / ANNIE MAC / ANTHONY JOSEPH & THE SPASM BAND / ARAAB MUZIK / AT THE DRIVE - IN / THE BACK HORN /BEADY EYE / BUDDY GUY / BUSY P / CARIBOU / チャットモンチー / CHE SUDAKA / COBRA / THE D.O.T. / 電気グルーヴ / THE DIRTY DOZEN BRASS BAND / DJANGO DJANGO / DUMPSTAPHUNK / ED SHEERAN / eli walks / ELVIN BISHOP / ELVIS COSTELLO AND THE IMPOSTERS / ERNEST RANGLIN / EXPLOSIONS IN THE SKY / FACTORY FLOOR / THE FIELD / FUCKED UP / GALACTIC with Special Guests Corey Glover (of Living Colour), and Corey Henry(Rebirth Brass Band) / ゴジラ・放射能・ヒカシュー / GOSSIP / group_inou / THE HEARTBREAKS / HIROMI THE TRIO PROJECT featuring Anthony Jackson & Simon Phillips / HOWLER / JACK WHITE / JAMES BLAKE / JAMES IHA / JUSTICE / 完熟トリオ(小坂忠/鈴木茂/中野督夫) / 加藤登紀子 / KID MASSIVE / THE KOOKS / 麗蘭 / LINDIGO / LOS LONELY BOYS/ LOSTAGE / M.WARD / MICHAEL KIWANUKA / MIMI MAURA feat. 石川道久セッション / MOP OF HEAD / MORITZ VON OSWALD TRIO / MOUNTAIN MOCHA KILIMANJARO / MY BEST FIEND/ NEW COOL COLLECTIVE / OCEAN COLOUR SCENE / OL Killer / ONDA VAGA / ORQUESTA LIBRE with おおはた雄一 / OWL CITY / quasimode / RAY DAVIES & BAND /REFUSED / SAKANACTION / 渋さ知らズオーケストラ / THE SHINS / SPECIAL OTHERS / THE SPECIALS / SPIRITUALIZED / STEVE KIMOCK / SWISS LIPS / THA BLUE HERB / TOOTS AND THE MAYTALS / THE TROJANS / YAEL NAIM
…and more artists to be announced
 
[チケット]
先行発売:3月3日(土)〜(全券種取り扱い)
3日間通し:税込み39,800円
1日券(各日10,000枚限定):16,800円
 
一般発売:5月19日(土)
3日間通し:税込み42,800円
1日券(各日10,000枚限定):税込み17,800円
 
詳細:FUJI ROCK FESTIVAL'12
[URL]http://www.fujirockfestival.com/
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “生命のありさま”みたいなもの――ORIGINAL LOVE『bless You!』[インタビュー] もっと正直になりたい――本気は、きっと伝わる 杏沙子『フェルマータ』
[インタビュー] 三遊亭円丈「恋のホワン・ホワン」など“カルトな名作”を手がけた中村俊夫がトリオ・レコードの軌跡を語る[インタビュー] 自分が魅せられた“ヒップホップ”を表現したかった “DEFなYが送る特別授業”YUKSTA-ILL『DEFY』
[インタビュー] 自分にとっては“禊”って感じ――LIBRO『SOUND SPIRIT』[インタビュー] 自分がどう思ったか、どう判断したか “らしさ”を模索するYoumentbay
[インタビュー] 稀代の名プロデューサー、トレヴァー・ホーンが80年代の名曲をフル・オーケストラとともにカヴァーしたニュー・アルバムを発表[インタビュー] “常に自分をアップデートさせたい”前向きな姿勢を反映したE.P第2弾、竹内アンナ『at TWO』
[インタビュー] みんな“トモダティ” エレクトロオルタナティブユニット“tomodati”登場[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表
[インタビュー] マックス・リヒター、重要作をほぼ網羅&自身も演奏に参加する15年ぶりの来日公演開催[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015